« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の3件の記事

2014年11月29日 (土)

すべての苦労も「学び」ではありますが・・・。

この世でのすべての経験は、私たちがより成長していくための「学びをさせてくれる出来事」なので、困難に直面したときに、「これも学び」として受けとめていくことは大切です。

けれど、そうして何でも「学び」という定義を簡単につけて、困難や忍耐をそのまま肯定するのも・・・ときに「逃避」になっていることがありますので注意が必要です。

学びは、苦しさの中にしか存在しないならば、上記のような解釈でよいかもしれないけれど、実際には、楽しみや喜びを伴う事柄の中にも学びは含まれています。

困難も学びと受けとめていくことは大切であり、そういう姿勢で過ごすことは素晴らしいのです。それは確かです。

けれども、そこに「見直さなければならない、何か」が含まれている場合もあり、「そのままを受けとめることが、ベストではない」パターンも、中にはあります。

本当は見直さなければならないことがあるのに、その行為から引き起こされる変化や新たな負荷に恐怖を感じて、自ら犠牲者の役割を引き受けることで、「そのままでいよう」という守りに入っている場合もあるということです。

この世は学びの場所なので、何をどうやっても、ひとつの無駄もない行動をとったとしても(そんなことは実際には不可能であり、あくまでも説明のための仮定ですが(^^;))、困難が行く道に立ちふさがることは避けられません。

そこで、「いろいろなパターンの反応をして」喜怒哀楽や経験値に深みと幅をつくっていくことで、私たちはより成長していくことができると思います。

今までの得意パターンが通用しない場面があって、足元がぐらぐらするような思いも味わいながらも、それによって新しい価値観を取り入れたり、今までの自分の認識が浅いとか知識が十分ではなかったということに気づいて、新たな学びのテーマを見つけるなどして、変化という成長をしていくんですね。

ところが「困難は学びだから、受けとめて耐えよう」という「ひとつのパターン」にとらわれていると、そうした解釈をすることができませんし、その「耐えることの正しさ」を肯定して自分の中で強化し過ぎると、

「耐えずに回避するというパターン」や、「耐えないための変化」が、間違いであり弱いことのように認識されていき、自分がひたすら頑張るしか方法がとれなくなります。

今まで真面目に頑張ってきた人ほど、自分のそうした姿勢を見直すことは苦しみを伴います。

頑張らないという方法もあっていい、と受け入れてしまうと、「これからの自分を少し楽にするかもしれないけれど、それ以上に過去の頑張ってきた自分が否定されてしまうじゃないか!」と思ってしまうからです。

さらには、「そうした過去の頑張り」によって作ってきた人間関係はどうするんだ、それが当たり前として自分を信頼してくれている人達の期待はどうするんだ、と、それはもう複雑な要素が絡んできてしまいます。

それらの絡まりを解きほぐしてまで、自分を楽にするよりも、今のままの大変さを受け入れていくほうが総合的に負担が軽くて、自分以外の皆もハッピーなのだからそれでいいじゃない、という、「その人の、正しさのパターン」に、引き戻されてしまうんですね。

どんなにその事柄が、「正しい」ことであっても、全体のバランスとして偏りがあると不調和が生じます。それはすべてに言えることです。

なので、その価値観を手放す必要は(解釈の仕方というのも、その人の個性なので、良いも悪いもないので)ありませんが、強すぎる「ひとつのパターンの肯定」は、緩めていくこともバランス的には大切ではないかな、と思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (2)

2014年11月28日 (金)

セッションに関連する事を、先に夢でみることがあります。

翌日以降のセッションに関連するメッセージ的なものを、「夢の中」で前もって伝えられる?ことが、ときどき起こります。

・・・なので、私は、落ちついて寝られない日がかなりあります(笑)。

寝付きは悪くないほうなのですが、上記のようなことがときどきあるので、すごく眠りが浅くなることがあります。

夢の中で伝えられた際には、都度起きて、メモをとることにしています。

翌日の朝までは、とても覚えていられないので(^^;)。

そのため枕元には必ずメモ用紙かケータイを置いておき、記入ができる状態にしておきます。

そんなに頻繁に毎日起こるとかではないのですが、しかし寝ている間の意識状態として、「もしキャッチしたら起きて書き留めないと」という思いが常に頭のどこかにあるので、

眠りながらも気が抜けないというか、軽く緊張状態だったりするので、そこが辛いところです(^^;)。

ほとんどは、日程は先でも「既にご予約は頂いている方のセッション」であることが多いので、だいたい、「あの方のことだろうな」というのは予測がつくのですが、

ごくまれに、夢をみるのが先で、その後しばらく経ってからご予約が入ったりすることもあります。これは分かりにくいので、ちょっと困ります・・・。

できれば、わかりやすさのために順序よくお願いしたいのですが、あちらの世界には、時間の配列という概念はないので、こういうこともしょうがないのでしょうね(^^;)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年11月12日 (水)

ひらめきに優れた人は、「素晴らしいアイデア」に、とらわれてしまうことがある。

ひらめきに優れたタイプの人は、そうしてたくさんのアイデアをゲットできる代わりに、「ひらめきにとらわれて、動けなくなる」こともあるので、バランスをとることが大事です。

素晴らしいアイデアがひらめくことと、その事柄を現実に推し進めていく能力(スキル)は、それぞれ別の要素ですが、自分に遂行能力がないことでも、ものすごく斬新で面白いアイデアがひらめいてしまうことがあるのが、このタイプの特徴です。

そうなると、現実に(自分では)行動ができないことでも、素晴らしいアイデアを手放すのが惜しい気持ちがあるので、いつまでも気になってしまう、しかし現実の行動をとる手段がない、というループになってしまいます。

ひらめきに優れた人は、それで有利になる部分が発生する反面、アイデアから意識を離すことができなくなってとらわれてしまうことがあります。

直ぐにはできなくても、時間を掛ければなんとかなるとか、工夫でしだいで可能にできることならよいけれど、どうやっても推進できないことにとらわれ続けてしまうと、時間が消費され、別のことを達成できたかもしれない機会の損失になることもあるでしょう。

それなら、一番のすごいアイデアを採用せずに、二番目や三番目のアイデアのほうが、「いかしやすい」場合もありますよね。そうした柔軟な判断も、大事だと思うのです。

すごいアイデアは、「すごすぎて、自力で達成できない」場合もある、ということです。それなら、二番目や三番目のアイデアから取り掛かり、自力や実績を作り上げたところで、満を持して一番目のアイデアに進むという順番でいくほうが現実的ですよね。

時間が経つと状況は変わります。今はできなくても、未来では出来るかもしれません。そのように少し、ふさわしい時期をさぐりながら、今できることから実績を積んでいくという考え方も取り入れていくとよいでしょう。

「現時点では達成できないアイデア」だけにとらわれるよりも、達成できそうなことにひらめきの高さを活かす、という考え方も大事だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »