« 「カルマの法則」とは、自分のしたことは自分に返るという真理の法則です。 | トップページ | 優れた想像力が、苦しさに結びつくことがあります。 »

2014年6月25日 (水)

敏感な人の「弱さ」は、味覚の敏感さが影響している場合もある。

平均より敏感で繊細な性質をしている方の中に、体調が整いにくい、体力そのものが低い、などの虚弱さが目立つように思います。

物事は、いくつもの原因が絡み合ってひとつの結果をつくっていますので、理由はひとつだけではないことを前提に、「たくさんの理由のうちのひとつ」として理解していただければと思うのですが、

敏感さゆえの「偏食」が、その原因の一端となっているケースがかなりあるようです。

大人になると、好き/嫌いという感覚だけでなく、それを食することの必要性を重視してバランスを考慮できますが、子どもの頃はそういうことがわかりませんから、食べるものが偏ることがありますよね。

そうした傾向は皆に言えると思いますが、「敏感な性質の方は、味覚も敏感」なので、味や食感が苦手と感じるものが多いために、子どもの頃にかなり極端な偏食になってしまうことがあります。その習慣が大人になってもなお、続いている人もいます。

子どもの頃からの、食生活の偏りが、体調面に影響していることもあると考えられます。私が拝見する限りでは、そうしたケースは少なくないようです。

基本的な生活習慣のバランスの一環として、食生活を見直してみるといいですね。

そうして体力を少しでも付けて耐性を大きくしていけると、(敏感さそのものは持って生まれた性質なので、変わりませんが)、過敏な反応は最小限にできるようになり、コンディションを整えやすくなっていくでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

|

« 「カルマの法則」とは、自分のしたことは自分に返るという真理の法則です。 | トップページ | 優れた想像力が、苦しさに結びつくことがあります。 »

13.食事、健康、リラクゼーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「カルマの法則」とは、自分のしたことは自分に返るという真理の法則です。 | トップページ | 優れた想像力が、苦しさに結びつくことがあります。 »