« 長子である自分と、妹弟との扱いの差が苦しいと感じてしまうとき。 | トップページ | 読んでしまいました・・・。 »

2014年6月21日 (土)

「普通の人」を演じることが習慣になり、自分らしさが出せない場合がある。

小さいころから優等生で、先生や大人に可愛がられた場合、その人の肯定感が増して自信いっぱいに振る舞えるか、というと、そうはならず・・・、逆にとても窮屈な生き方になってしまうことがあります。

なぜなら、本人の中では、自分だけ褒められることが大きな負担になる場合があるからです。

褒められたり評価されたりして抜きん出ると、それを面白く思わない人からの嫉妬や攻撃の対象になってしまうことがありますよね。そういうことをする人は、どこにでもいます。

繊細なタイプの人は、そうしたわずらわしいことを避けたいために、わざと天然を装ったり、実際より自分を低く見せて「私は、こんなにも普通です」と振る舞うことで自分を守ろうとします。

褒められるたびにそれを打ち消すように、自分は「普通」であることを強調し、実際より抑えよう、低く見せようと振る舞い、それが習慣となります。

そうなると、いざ、自分の本当の力を発揮しようとしても・・・、どうすればいいのか分からなくなってしまうことがあるんですね。

当てはまる方は、以下のように考えてみましょう。

子どもの世界は狭いので、その中で嫉妬の対象となることは、他に行き場がないので、繊細なタイプの子にはとても辛い経験となったでしょう。自分を守るために、普通であろうとすることは、「その時点では」きっと必要だったのでしょう。

けれども、大人になれば、子どもの頃のような「学校だけ」「友達だけ」という狭い中にいるわけではないのです。一部の人間関係で嫉妬があっても、他の人間関係で安心や肯定を感じることはできますよね。

それに、世の中の全員から好かれることは不可能ですから、いろいろ言う人がいたとしても、必要以上に恐れることなく、「窮屈にならない生き方」をしましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

|

« 長子である自分と、妹弟との扱いの差が苦しいと感じてしまうとき。 | トップページ | 読んでしまいました・・・。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

リカコさん、いつも貴重な記事をありがとうございます。

他人の嫉妬、すごく怖いです。
「自分はたいしたことのない人で、あなたの方が優れてますよ」と相手に、優越感を持ってもらった方が、なにかと意地悪されずに、助けてもらえるんじゃないかと思ってしまいます。きっとこれまで、そうした方が自分を守れるという成功体験を積んで来ているからなんでしょうね。

ベストな方法ではないと知っていても、恐れの気持ちを乗り越えるには勇気が必要です。

コメントの内容が記事と違っていたらすみません。

投稿: るみるみ | 2014年6月21日 (土) 11時25分

・るみるみ様

ご自身がそれで(ベストではなくても)困っていないなら、どうするかは(勇気を出してそれを変えるのか、現状維持でいくか)ご自身が決めることであり、こうすべきというルールはありませんし、正解もないと思います。

けれど、自分の力を発揮しようと自主的に思った時に、「しない」積みかさねにより、「できなく」なってしまうことがありますので、その点は気を付けたほうがいいように思います。

投稿: リカコ | 2014年6月21日 (土) 12時26分

リカコさま

アドバイス、ありがとうございます。

確かに、どんなことでも言えますが、「出来ること」も「やらない」を積み重ねると、いつの間にか出来なくなってしまうことってあります。当たり前ですが、なかなか気づけないものですね。

自分ではベストではないとわかっているので、少しずつでも、恐れの気持ちを乗り越えて、改善できればと思いました。

投稿: るみるみ | 2014年6月25日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長子である自分と、妹弟との扱いの差が苦しいと感じてしまうとき。 | トップページ | 読んでしまいました・・・。 »