« 年を重ねた方には、思いやりをもって接する。 | トップページ | 過剰な恐れの気持ちが、直感の発揮を妨げることがあります。 »

2014年6月11日 (水)

直感力をより高める取り組みの、スタートは「不要なものを除くこと」

9122195_s
直感力を高めたいなら、まずは「不要なものを除く」ことからスタートです。現状からマイナスをしていきます。

高めるため、磨くために、何か特定の技法をとったり練習をしたりすることを考えてしまうかもしれませんが、そうした「プラス」は、マイナスをした次の段階になります。

たとえば、物で埋め尽くされているお部屋に、新しいステキな家具を入れても見栄えがしませんよね。ステキさを際立たせるためには片付いてスッキリしているほうがいいですよね。 直感もそれと同じで、不要なものを除いてスッキリさせていくことが大事なのです。

直感の場合、不要なものを除く理由は、新しく入ってくるものを迎えるという意味合いではないです。「本来、備えている直感を、つまり、元から「ある」ものを発揮しやすくするため」の余地を作ることが目的です。

そうして眠っていたものや隠れていたものが、表面化してきたところで、やっと、それを「高める」「磨く」ための取り組みが効果的になってくるんですね。

除くべき「不要なもの」の種類はいろいろありますが、代表的なもののひとつは「雑念」・「頭の中のおしゃべり」です。

しかしこれは本当に難しいのです。

なぜなら、素の状態で高い直感力をもっている人ほど、雑念で頭の中を占めることや、常に休み無く頭を働かせてあれこれ思考をしていることが、とっても多いからです。

いろんなことに敏感に反応してしまう「感度の高さ」があるからこそ、そうして雑念が発生してしまうため、ある意味、矛盾した取り組みをすることになってしまうというか、

「裏/表」でセットになっているものの、表を伸ばし、同時に裏を静めるようなことになりますから、簡単にはいかないです。

しかし、この段階を越えていくことで、直感の精度は格段に高まります。

雑念が多い、頭の中のおしゃべりが止まらない状態とは、感度はよいのだけれども、なんでも反応していて選別がなされていない「散らかった状態」なので、それを片付けていき、誰もが本来備えている力が表面化しやすい状態を作っていくことが大事です。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

|

« 年を重ねた方には、思いやりをもって接する。 | トップページ | 過剰な恐れの気持ちが、直感の発揮を妨げることがあります。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

お世話になります、毎日拝読しています。雑念をなくすということは、瞑想以外にも、例えば歩いているときや家事をしている時とかにも、無になるようにすることが大切なのでしょうか?
いつも、頭の中雑念だらけです。

投稿: | 2014年6月11日 (水) 14時20分

・名前なしコメント様

その出来事が「なぜ、起こっているのか」という「原因」によってふさわしい方法はかわります。

雑念が一杯になってしまう原因をまずは把握することが大事だと思います。そうすると、それに見合った対処法は見つけやすくなると思います。


※コメントをいただく場合には、お名前の記載をお願いします。

投稿: リカコ | 2014年6月11日 (水) 17時17分

私も上記の質問と同じです。毎朝散歩を1時間以上するのですが、私にとっては瞑想みたいなものなのかなぁ。散歩中も色々考えますね。。。。でも同時に体も動かしているから、多少のストレスは軽減されてると思います。思いたい。まずは、原因を把握することなんですね、書き出してみます。

投稿: tanaka | 2014年6月13日 (金) 15時38分

リカコさん、コメントにお返事をいただきましてありがとうございます。
原因をさぐるのが大切なんですね。

名前を書いていなくて大変失礼しました。パソコンでコメントを投稿しようとしたら、携帯からしかできない設定だったので、本文だけコピペして投稿したら名前を入れるのを失念しておりました。

投稿: るー | 2014年6月13日 (金) 18時13分

・ tanaka さま

「自己分析により、ご自身で把握可能な原因」と、「自分では気づきにくい原因」があると思いますが、前者の把握可能なものについては、書き出してみることはよいと思います(^^)。

投稿: リカコ | 2014年6月13日 (金) 21時39分

・るーさま

適切な例えではないかもしれませんが、たとえば台所で「火」が出たとして、それが「なぜ、発生したのか」を把握することが改善(防止)に繋がると思うのです。たとえば、使用する人の不注意なのか、器具の配置の問題なのか等です。それにより、改善の取り組み方は変わりますよね。

原因を把握しないまま、火が出た後の「火の消し方」を論じても、それでは根本的な解決にならないのと同じで、

その人がなぜ雑念だらけなのかがわからなければ、方法は示しようがないのです・・・。

投稿: リカコ | 2014年6月13日 (金) 21時42分

リカコ様、コメントにご返信ありがとうございますm(_ _)m
物心ついたころから雑念だらけだったので、他の人もそうだと思っておりましたが、10年前くらいに霊能者の方にいつもずーっと考えてると言われ、自分は普通ではないのかと気がつきました。
今回のリカコさんのブログでやはり自分は雑念が多いほうなのかと思いました。幼い頃からずっと雑念だらけなので、原因といっても自分ではわかりません.,
こういう出来事があったから、今雑念が湧いているとかいう原因をさぐる必要があるのでしょうか?
教えていただけたらありがたいです。

投稿: るー | 2014年6月13日 (金) 22時21分

・るーさま

個人的なことには、コメント欄では回答はできません。

個人的なご質問、ご相談は、どうぞ有料鑑定をご利用ください。

投稿: リカコ | 2014年6月13日 (金) 22時36分

個人的な質問でしたね。失礼いたしました。

投稿: るー | 2014年6月14日 (土) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年を重ねた方には、思いやりをもって接する。 | トップページ | 過剰な恐れの気持ちが、直感の発揮を妨げることがあります。 »