« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の12件の記事

2014年6月30日 (月)

「してあげること」と、「してもらう」こと。

「他人に対して、自分が手を貸したり、面倒をみたりしたい」という、「してあげることが好き」な人と、「自分が他人から、手を掛けられたり助けられたりしたい」という、「してもらうことが好き」な人がいますね。

どちらにしても、その動機となるのは、「してあげたりしてもらったりすることで、自分が納得したり満足したりすること」、だと思います。

「してあげることが好き」なタイプは、比較的「自分で自分を満たす」ことが上手です。

「してもらうことが好き」なタイプは、どちらかといえば、「他人に自分を満たしてもらいたい」という依存心があるので、自分で自分を満たすことは苦手になります。

一般的には、このうちの「どちらかの比率が高い」という分類になり、ひとつの要素敷かない人はほとんどいません。

大部分の人は(比率の差はるにしろ)両方の要素を持っているので、関わる相手によって自分の立ち位置を変えて、してあげたり、してもらったり・・・、両方を使い分けてバランスがとられているものです。

しかし、中には、「してもらいたい」欲求がとても大きくて、他人が自分を気に掛けないことや、思い通りにいかないことがあると、ものすごく大きな不満をもつ人がいます。

「買い物依存症」や「アルコール依存症」、「ギャンブル依存症」のような、特定の事柄に執着して入れ込んでしまう人も、「自分が、してもらいたい」タイプの人が多いですね。自分で自分を満たすことが苦手なので、特定の物事や行為に過剰に依存したり、または、思い通りにいかないことへの諦めからか、破壊的になって極端な行為に走るとこともあるようです。

何事もバランスが大事です。一方だけに偏ると、歪みがでやすくなります。

人は、ひとりでは生きていけず、間接的な作用も含めれば、必ず誰かのお世話になって、生きていくことができます。この世とはそういう学びの場所です。私たちに人間とは、そうして助け合うことを学ぶ(ために、自力だけですべてができないようになっている)不完全な存在です。

この世にいろんな人がいて、いろんな人と関わる中で、「してあげる」立場、「してもらう」立場の、両方を経験するからこそ分かる部分があります。

「してもらうことが好き」な人も、ときどき意識して、自分の大事な相手や、いつもお世話になっている相手に対して、「してあげる」機会をつくってみてはどうでしょう。その思考や行動から、学べるものがあるはずです。

「してあげることが好き」な人は、ときどき意識して、誰かが「してあげる経験」を学ぶために、「してもらう側の役割」になってみてはどうでしょう。いつもと違う視点からの気づきを得ることができると思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年6月29日 (日)

優れた想像力が、苦しさに結びつくことがあります。

想像力の高い人は、特に理由はないのに、不安でいっぱいの状態にとらわれてしまうことが、しばしばあります。

ちょっとした出来事を拡大解釈したり、そこから想像を変に膨らませてしまって、まだ何も起こっていないうちから、「もしも、そうなったとしたら・・・」と、ネガティブな仮定を細部まで考えてしまいます。

細部までリアルに、具体的に思い浮かべることが「できてしまう」ので、実際には起こっていない想像の内容が、まるで事実かのように感情が反応してしまい、不安と緊張で消耗してしまうことになります。

豊かな想像力があるゆえに、そうして苦しくなることは、年代を問わず起こりますが、40代後半から50代くらいに掛けて、顕著にそうした傾向が出てくるようです。

若いうちは、その想像力をいかして、夢いっぱいになれます。ときに現実離れをしている想像でも、頭の中をめぐらせて楽しむこともできます。

けれども、だんだんと現実がわかっていくようになると、簡単には夢を思い描けなくなり、現実的な思考が大きくなります。

そうすると、ちょっとしたきっかけで、悲観的なほうへ意識が向いてしまうと、「ネガティブな可能性」と「優れた想像力」が容易に結びついて、起こってもいない想像からの不安に、とらわれてしまうのです。

想像力が高くて助けられることも、日常にいろいろあると思いますが、逆にそれゆえに、苦しくなってしまうこともあり、物事というのは本当に「裏表」なのだなぁ・・・と感じます。

こうした状態に陥った場合の解消は、理屈でひとつひとつ納得していくか、または、そのことを考えてしまう時間を作らないように、何か集中できることを見つけて取り組むことなどもよいでしょう。

一番よいのは、信頼できて安心できる人間関係の中に身を置くことですね。そうして「愛」を感じることがもっとも大きな効果を得られるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

体罰や厳しい躾が、オーラが浮き上がる原因になっていることがあります。

子どもの頃は、心も体も発達の途中ですから、定まっていなくて不安定です。

大人になるにつれて、たくさんの経験をとおして知識や知恵を培っていき、心も体も耐性がつき、受容力も大きくなり、丈夫になっていきます。

人は、人生を通して常に成長していきますが、成長の「度合い」を考えると、子どもの頃が最も大きく、一定の年齢を過ぎると緩やかになりますよね。

成長が著しい子どもの頃は、変化が激しいために、ただでさえ、心と体の釣り合いがとられにくくなることがあります。不安定でもあり、柔軟でもあるので、影響されやすいためです。

不安定であり柔軟でもある時期に、体罰や、過剰な親の躾など、大きな恐怖や身の危険を感じる経験を繰り返していると、「オーラが肉体にしっかりはまっていなくて、肉体からずれて浮き上がりやすいような状態」になって、それが習慣化してしまうことがあります。

おそらく、苦しい状況から逃れたい、離れたいという思いの強さのため、オーラと肉体の結びつける力が揺らいで、肉体から意識が離れようとしてしまうのでしょう。

そしてその状態が習慣になると、大人になってもなお、不安定で揺らぎやすい、浮き上がりやすいオーラとなって、さまざまな不調和に結びつくことがあります。

本来、オーラと肉体はしっかり結びついていますが、その結びつける力が弱くなると、影響されやすいとか、雑念がいっぱいになりやすい、現実的な思考ができにくい、地に足がついた生き方ができない、体にエネルギーがうまく供給されずに活力がないなど、いろんな形で、「弱さ」が出てしまうことがあります。

オーラはしっかりと肉体と結びついて、地に足がつき、現実的な思考をしっかりして、元気に過ごしていくことが望ましいです。

子どもの世界は狭いので、大人の感覚でとらえるならたいしたことはなくても、子どもにしては恐怖が大きいことって、たくさんあります。厳しい躾や体罰という極端なもの以外でも、ほんの少しのことが、思いのほか大きく影響してしまう場合があります。

子どものためによかれと思ってしていることでも、大人と子どもの受け止め方は違います。子どもに必要以上の恐怖を感じさせたりしていないか、今、子育て中の方は、ときどき意識してみてください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (6)

2014年6月25日 (水)

敏感な人の「弱さ」は、味覚の敏感さが影響している場合もある。

平均より敏感で繊細な性質をしている方の中に、体調が整いにくい、体力そのものが低い、などの虚弱さが目立つように思います。

物事は、いくつもの原因が絡み合ってひとつの結果をつくっていますので、理由はひとつだけではないことを前提に、「たくさんの理由のうちのひとつ」として理解していただければと思うのですが、

敏感さゆえの「偏食」が、その原因の一端となっているケースがかなりあるようです。

大人になると、好き/嫌いという感覚だけでなく、それを食することの必要性を重視してバランスを考慮できますが、子どもの頃はそういうことがわかりませんから、食べるものが偏ることがありますよね。

そうした傾向は皆に言えると思いますが、「敏感な性質の方は、味覚も敏感」なので、味や食感が苦手と感じるものが多いために、子どもの頃にかなり極端な偏食になってしまうことがあります。その習慣が大人になってもなお、続いている人もいます。

子どもの頃からの、食生活の偏りが、体調面に影響していることもあると考えられます。私が拝見する限りでは、そうしたケースは少なくないようです。

基本的な生活習慣のバランスの一環として、食生活を見直してみるといいですね。

そうして体力を少しでも付けて耐性を大きくしていけると、(敏感さそのものは持って生まれた性質なので、変わりませんが)、過敏な反応は最小限にできるようになり、コンディションを整えやすくなっていくでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

リーディングのご感想(9)。

以下は、リーディングのご感想メールから、一部分を抜き出したものとなります。

25987729_s

オーラを見てもらったのは初めてですが、項目を読んでみると、そうだなあ…と思う事が書いてありました。

本当に、まさにその通りだなあ…と反省しつつ拝見しました…。(長所でもあるんでしょうが) よく人から言われる事がそのまま書いてあったり、自分でも思い当たるフシがありまして、現在どうバランスをとるか色々と模索しています。

それが指導霊の言う事そのまんまで…!

健康を意識して、食べものは自然食や自然療法を8年くらい取り入れて、もうずっと薬も病院にもお世話になってない状態なんですが…、何せ、ずっと座りっぱなし、家にこもりっぱなしの仕事なもので、身体を動かす事が一切ない状態です。

何が自分に向いているのか色々と模索していました。ダンスのステージに出ないかという話が急に先週持ち上がったり(と言っても、歌やダンスが得意で習っていたりして自分でやりたいと思ったので思考が現実化した感じ) いきなり本格的な動きすぎてちょっと戸惑っていますが…!

とにかく今は身体を使うこと、身体を「うまく」「自分らしく」使うことにフォーカスしている最中だったので、すごく後押しされるメッセージでした。

自分で思っていた事がそのまま書いてあったので、ああ、自分でキャッチできていたんだという自信にもなりました!大人になってからは納得して行動までに時間がかかるようになっていたのでこうやってメッセージをいただくのもいいものだなあ…と思いました! 

Kさん、ご感想ありがとうございました(^^)。体を動かしてエネルギーの巡りをよくしていくと、さらに整っていくと思いますので、心掛けていくといいですね。分かりやすいご感想をいただきまして、ありがとうございました!

・リーディングのご感想(8)

・リーディングのご感想(7)

・リーディングのご感想(6)

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

 

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

「カルマの法則」とは、自分のしたことは自分に返るという真理の法則です。

「カルマの法則」とは、自分が原因をつくったことが、良くも悪くもすべて、いつか自分に返ってくるという、真理の法則です。

自分にとって望まない困難がおこると、「罰が当たった」かのように、「これはカルマが返ってきたからだ!」ととらえてしまうのは、少々偏った解釈です。

カルマとは、「悪いことをした罰がくることではない」です。自分がしたことが望ましくない行為なら、それが返ってくることによって、気付き、改め、さらに成長していくことができる、学びの法則です。

たとえば、「過去に他人に意地悪をしたら、別の場面で自分も同じように意地悪をされた」という経験があるとしたら、自分がしたことの愚かさを、同じ立場になることで学ばされたといえるでしょう。

または、「毎日の仕事で努力を続けていたら、高い評価を受けた」場合も、自分が努力をしたという原因があり、その結果として評価をうけたわけで、それも、「自分がしたことが自分に返る」というカルマの法則です。

上記はわかりやすい一例ですが、この世のすべては、カルマの法則で成り立っていて、自分の中にある、さまざまな優れたところや未熟なところに、そうして気付かされるようになっています。

この真理の法則があるからこそ、私たちは成長できます。たくさんの出来事をとおして、その法則(を、カルマと意識しない場合でも)に触れることで、気づきが起こります。

自分を省みる謙虚さが生まれ、日々、瞬間ごとに自分が重ねる行為(カルマ)を意識するようになり、自分という存在と、自分の行為や生き方に責任を持つという自覚が出てきます。

そのすべてが学びです。カルマの法則によって気付かされることは大きいです。この真理の法則があるからこそ、私たちは学び続け、成長し続けていくことができるのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年6月21日 (土)

「普通の人」を演じることが習慣になり、自分らしさが出せない場合がある。

小さいころから優等生で、先生や大人に可愛がられた場合、その人の肯定感が増して自信いっぱいに振る舞えるか、というと、そうはならず・・・、逆にとても窮屈な生き方になってしまうことがあります。

なぜなら、本人の中では、自分だけ褒められることが大きな負担になる場合があるからです。

褒められたり評価されたりして抜きん出ると、それを面白く思わない人からの嫉妬や攻撃の対象になってしまうことがありますよね。そういうことをする人は、どこにでもいます。

繊細なタイプの人は、そうしたわずらわしいことを避けたいために、わざと天然を装ったり、実際より自分を低く見せて「私は、こんなにも普通です」と振る舞うことで自分を守ろうとします。

褒められるたびにそれを打ち消すように、自分は「普通」であることを強調し、実際より抑えよう、低く見せようと振る舞い、それが習慣となります。

そうなると、いざ、自分の本当の力を発揮しようとしても・・・、どうすればいいのか分からなくなってしまうことがあるんですね。

当てはまる方は、以下のように考えてみましょう。

子どもの世界は狭いので、その中で嫉妬の対象となることは、他に行き場がないので、繊細なタイプの子にはとても辛い経験となったでしょう。自分を守るために、普通であろうとすることは、「その時点では」きっと必要だったのでしょう。

けれども、大人になれば、子どもの頃のような「学校だけ」「友達だけ」という狭い中にいるわけではないのです。一部の人間関係で嫉妬があっても、他の人間関係で安心や肯定を感じることはできますよね。

それに、世の中の全員から好かれることは不可能ですから、いろいろ言う人がいたとしても、必要以上に恐れることなく、「窮屈にならない生き方」をしましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (3)

2014年6月19日 (木)

申込の際に添付する写真は、あまり古くないものをお願いします。

リーディングお申込みの際の写真は、ご本人の写真については、なるべく最近のものをお送りください。目安としては半年以内、それが難しければ1年以内くらいですね。

5年も10年も前の写真では、ちょっと古すぎて適さないです。

ご家族の写真をお送りいただくときなど、手元に古いものしかない場合は、何もないよりは、古くても写真があるほうがわかりやすいので、ご用意できるならお送りいただくほうがいいですね。その際は、どのくらい前に撮影したものか、だいたいでよいのでお書き添えいただければと思います。

紙の写真を、ケータイで再撮影したものでもいいです。

ただし、プリクラは(大きく加工されてしまいますので、分かりにくくなりますから)避けてください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

どのリーディングメニューがよいか。

リーディングメニューには、「ご相談者をいただいた内容に回答する形式」と、「ある事柄について、こちらから一方的にお伝えする形式」とがあります。

前者は、スカイプやメールで回答をする、「通常のリーディング」です。 後者は、「不定期で実施する、企画物のリーディング」です。たとえば、リソースリーディング、年間のリーディングなどが該当します。

悩みごとがあるとか、特定の事柄についてのアドバイスが必要な場合は、ご相談をいただき、その事柄について回答する、「通常のリーディング」をご利用ください。不定期で実施する企画物は、悩みごとへのピンポイントな回答ではないので主旨にあうものをご利用なさるほうがいいと思います。

悩みごとは特になく、日々の指針となる何かがあればよい、という場合は、対象を狭めていない企画物のリーディングのほうが幅広い解釈ができるので適している場合もあるでしょう。

リーディングセッションについて、ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年6月12日 (木)

過剰な恐れの気持ちが、直感の発揮を妨げることがあります。

元から備わっている直感力が高いのに、または磨けば高まるのに、うまく使うことができない理由のひとつに、「恐れ」があります。

そういうセンスを使うことによって、自分や周囲に不利益が出るのではないかという思いに「なってしまう」ことがあります。

恐れには、いろんなパターンがあります。

たとえば、その人の価値観として「いかなる場合でも、何らかのメリットを得るためには、代償となる苦労をしなければならない」と強く思っている場合があります。

そうなると、直感のようなひらめきで「メリット」を得るのは、「王道ではない、手抜きの方法」に思えてしまい、そのような行為をすると自分に災難が降りかかるのではないかという「恐れ」が強くでてきます。

または、「知りたいことを知るならいいが、知りたくないことでも意に反して、何かの拍子に分かってしまうようなことがあったら・・・と思うと、感性が高まることが恐い」という場合もあります。 直感や霊感が一定レベル以上に強い人の中には、この恐れを持っている方がかなりいると思います。

「恐れ」は、多すぎると消極的になってしまいますが、かといって少なすぎても不安定で無防備になってしまいますから、悪いものではないのです。何事もバランスが大事です。

力を発揮することを妨げるブロックになることもあるけど、反面、暴走しないためのブレーキにもなってくれるのが、「恐れという、重たい感情」です。

しかし「適度には必要とはいえ、あまりに恐れが多すぎると、直感が発揮されにくい」ことは確かです。

直感をいかして創造的な人生を過ごしたいと思うけれども、同時に過剰な恐れがある場合は、その感情は、何に根ざしていてどのように発生しているのか、一度じっくり見つめてみるのがよいと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

直感力をより高める取り組みの、スタートは「不要なものを除くこと」

9122195_s
直感力を高めたいなら、まずは「不要なものを除く」ことからスタートです。現状からマイナスをしていきます。

高めるため、磨くために、何か特定の技法をとったり練習をしたりすることを考えてしまうかもしれませんが、そうした「プラス」は、マイナスをした次の段階になります。

たとえば、物で埋め尽くされているお部屋に、新しいステキな家具を入れても見栄えがしませんよね。ステキさを際立たせるためには片付いてスッキリしているほうがいいですよね。 直感もそれと同じで、不要なものを除いてスッキリさせていくことが大事なのです。

直感の場合、不要なものを除く理由は、新しく入ってくるものを迎えるという意味合いではないです。「本来、備えている直感を、つまり、元から「ある」ものを発揮しやすくするため」の余地を作ることが目的です。

そうして眠っていたものや隠れていたものが、表面化してきたところで、やっと、それを「高める」「磨く」ための取り組みが効果的になってくるんですね。

除くべき「不要なもの」の種類はいろいろありますが、代表的なもののひとつは「雑念」・「頭の中のおしゃべり」です。

しかしこれは本当に難しいのです。

なぜなら、素の状態で高い直感力をもっている人ほど、雑念で頭の中を占めることや、常に休み無く頭を働かせてあれこれ思考をしていることが、とっても多いからです。

いろんなことに敏感に反応してしまう「感度の高さ」があるからこそ、そうして雑念が発生してしまうため、ある意味、矛盾した取り組みをすることになってしまうというか、

「裏/表」でセットになっているものの、表を伸ばし、同時に裏を静めるようなことになりますから、簡単にはいかないです。

しかし、この段階を越えていくことで、直感の精度は格段に高まります。

雑念が多い、頭の中のおしゃべりが止まらない状態とは、感度はよいのだけれども、なんでも反応していて選別がなされていない「散らかった状態」なので、それを片付けていき、誰もが本来備えている力が表面化しやすい状態を作っていくことが大事です。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (9)

2014年6月 8日 (日)

年を重ねた方には、思いやりをもって接する。

人との関わりの中で、不愉快になったり、怒りが出てきたりするのは、「自分の思い通りにいかない場合」ですが、中でも、自分が相手から軽く扱われたとか、尊重されないと感じてしまうと、そうした感情が大きく出てくるものではないでしょうか。

それは年齢を問わず、誰にでも出てくる思いですが、特に、年齢が上がっていくほど、自分が軽く見られているとか、粗末に扱われてしまうことにとても敏感になります。

家族やお仕事などで、高齢の方に接する場合、このことに配慮をしたほうがいいでしょう。

客観的に些細だと思えるような言動でも、相手は敏感になっていますから、小さなことでも大きくとらえて、一方的に不愉快になったり怒ったりすることもあるかもしれません。

年齢を重ねるということは、若いときのような柔軟さや余裕がなくなっていく、ということ。若い側の方が、思いやりをもって、うまく合わせていくことも必要だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »