« オイルトリートメント、カイロプラクティック、整体などの効果。 | トップページ | 【透視の練習】:何色の紙が、入っている?(6) »

2014年5月17日 (土)

「自己主張」を、「できないと悩む」のではなく、「どのようにしたらいいか」を考える。

自分を出すことができない、自己主張をするとトラブルになるので我慢していて、それがとてもストレスになるので、どうしたらいいか悩んでいる方は、解釈の仕方が偏っている可能性があります。

そういう悩み方をしている人は、「自分を出す」、「自己主張をする」という言葉の意味を、「自分をありのまま、そのまま、他人に向けて発揮すること」だと、思っているケースがほとんどです。

現実的に考えて、大人が自己主張をする、とは、「周囲を何も気にせずに、好きなように、自分自身を100%全開にした言動をとる・・・ことではない」、と思うのです。そんなことをしたら、トラブルになるのは目に見えていますよね(^^;)。

大人にとっての、コミュニケーションの一環として、自己主張をするとは、その場にふさわしい形で、相手のことや状況を考慮しながら、そうする必要がある主張をしていくこと、だと思います。

「自分の立場や権利など、または意見などを、ふさわしい形で主張する」ことと、「好きなことや思ったことを、周囲のことなんか気にせずに思いつくまま要求する」ことは同じではありません。

まずは、その点を理解することが大事です。

そして、思考を次の段階に進めていきます。

自分を出すことができないとか、自己主張をするとトラブルになるので我慢していて、それがとてもストレスになるというふうに悩んでいる方は、「どちらも苦しさがある、二択」の中で、悩んでいます。

ひとつは「自己主張ができない苦しさ、我慢する苦しさ」で、

もうひとつは、「自己主張をすれば、トラブルになる」というものです。

これでは、どちらを選んでも苦しいという二択(^^;)なので、どちらも選べず、どうしたらいいかわからなくなってしまいますね。

これは、「大人の社会における、大人の自己主張」について、偏った思い込みの解釈をしていることから起こります。

「自己主張をするとは、周囲のことも相手のことも何も考えずに、思ったままに振る舞うこと」と思い込んでその考えを正当化していたら、そのままを実行すればトラブルになるでしょうし、できない・させてもらえない、と思えば、不満にもなりますよね。

けれども、自己主張が大事といわれる意味は、何でもありで、100%全開の自分らしさが認められますという意味ではない、ということを踏まえていけば、そうした苦しみからは抜けだしていけると思います。

「自己主張をするとトラブルになる、または、嫌われてしまう」という経験が過去にいくつもあるならば、「自分を出すことで、嫌われている・・・のではなく、自分の出し方に、周囲や相手に合わせた加減や考慮がないから、誤解を招いている」可能性を、考えてみてください。

難しいことだけれども、これは大事なことです。

相手にあわせて、または場面にあわせて振る舞う習慣やコツがわかっていけば、こうした悩みからは抜けだしていけます。悩みがすっかり解消とはいかなくても、少なくとも出口は見えてくると思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

 

|

« オイルトリートメント、カイロプラクティック、整体などの効果。 | トップページ | 【透視の練習】:何色の紙が、入っている?(6) »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オイルトリートメント、カイロプラクティック、整体などの効果。 | トップページ | 【透視の練習】:何色の紙が、入っている?(6) »