« リーディングのご感想(5)。 | トップページ | 家族関係も、人間関係の一種。 »

2014年5月23日 (金)

スピリチュアル・ヒーリング(私の見解)。

スピリチュアル・ヒーリングの目的というのは、たましいを癒し、「その人自身がもつ活力や回復力などを、本来のあるべき状態にしていく」ことをさす、と私は思っています。

本来のあるべき状態を阻害する要因が、エネルギーレベルで見られるならば、それを除いたり整えたりすることを、スピリチュアルな手段で(主にエネルギーワークで)行っていくことが、霊界とともに行うスピリチュアル・ヒーリングである、という認識です。

基本は、その人自身の力です。 現実的に医学とか肉体の機能面から考えても、人には恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっていますよね。

とっても簡単に説明すると、人の体には外部の要因で変化にさらされたとしても、体の機能を一定に保とうとしたり、変化を打ち消して修復しようとする働きがあって、つまり何があろうとも、体は「生命活動を維持」しようとします。

人に恒常性が備わっていることは、科学的に証明できたり説明できたりするとしても、なぜそうした作用が備わっているかという理由は、人智が及ばない神秘の領域のことではないでしょうか。

上記は主に肉体面を例としていますが、内的なことや霊的なことも同様です。

私たち人間は、肉体をもった霊的存在ですから、この両方の要素は重なり合っていて、完全に分けてとらえることはできませんし、その必要もありません。

肉体に恒常性があるように、たましいの領域にも神秘の作用があって、この両方は重なり合って作用しています。

そのうちの、たましいの領域=霊的な領域のほうからアプローチしていく神秘の領域への、神秘の力を使った癒しが、スピリチュアル・ヒーリングである、というふうに私はとらえています。

ヒーリングの作用とは、ヒーラーが起こすものではなく、「そこに関わるスピリチュアルなエネルギーが起こすもの」であり、同時に「その人自身の力が起こすもの」です。

この二つの領域の繋がりが薄れているときや、十分に働いていないときに、それを手助けするのがヒーラーの役割であり、ヒーリングの意義であると、私は思っています。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

 

|

« リーディングのご感想(5)。 | トップページ | 家族関係も、人間関係の一種。 »

02.ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーディングのご感想(5)。 | トップページ | 家族関係も、人間関係の一種。 »