« 相談をうける際に、同調しすぎないための心掛け。 | トップページ | 実際、真面目な人は、損をするのか。 »

2014年3月18日 (火)

真面目な自分が損をしている、と思ってしまうときの考え方。

世の中を見渡したときに、勝手きままな行動をしている人が、得をしていて、真面目に生きている自分が損をしていて、不公平だ、と思ってしまうことは、しばしばあるものです。

あの人は、いつもワガママな行動が許されていて、多くの人に助けてもらえて、たくさんの品物をもっていて・・・。それなのに自分は、いろんなことが上手くいかず、思い通りにならず、真面目に生きているのに不公平ではないか、という気持ちになることは誰にでもあるでしょう。

けれど、そのように思えてしまうのは、「今、このときだけ」を、部分的に切り取って、「そこだけ」という狭い範囲を見ているためですよね。

その場限りの、たったひとつか二つの出来事のみで、損だとか得だとか、ずるいとか、不公平だとか、○×を付けるような考え方をしてしまえば、この世というのは不公平だらけのように思えてしまいます(^^;)。

しかし、少し考え方を変えてみれば、今回の人生においては、平均して数十年という期間が与えられていて、自分次第でいろんな経験をすることができる、という意味においてはそんなに差はないものです。

また、誰にも、良い時期もあれば苦しい時期もあり、楽で簡単なだけの時期をずっと過ごすことはできません。

長い人生のうちの、ほんの一部分にすぎない出来事を、それも、短い期間のみを限定して、あの人はずるい、それに引き替え自分は・・・と考えてしまうと、人生にはいろんなことがあるはずなのに、ネガティブな部分にしか意識が向かなくなってしまいます。

それでは、せっかくの「この人生を生きる」という機会を、活かしているとはいえず、ある意味、そうした不満の状況を自分が作り上げてしまっているようにも思うのです。

自分だけが損をしている、という、強い不公平感にとらわれたときには、狭い範囲に限定された見方と損得勘定で、物事を考えていないか、冷静に振り返ってみることが大切です。

長い目で、全体を考えていけば、いろいろあるのが人生です。損をすることもあれば、得をすることもある、誰もがそうして生きていて、そのすべてが学びである、という受け止め方をしていけば、不公平感は薄れていき、すべての学びの機会に、価値を見出していくこともできるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 相談をうける際に、同調しすぎないための心掛け。 | トップページ | 実際、真面目な人は、損をするのか。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相談をうける際に、同調しすぎないための心掛け。 | トップページ | 実際、真面目な人は、損をするのか。 »