« 趣味は、読書。 | トップページ | 相談をうける際に、同調しすぎないための心掛け。 »

2014年3月 8日 (土)

可能性を広げる場所は、どこにあるか。

「可能性が広がる」という表現がありますね。具体的に「どの部分が」広がっていくか、考えたことがあるでしょうか。

一般的にイメージされるのは、自分が限界だと思っている上限が、さらに上にのびていくことかな、と思います。

それも間違ってはいないでしょうが、『上限を、さらに高いところへ広げる』のって、結構大変なことですよねsweat01

もっと楽な、広げられる場所があります。

それは、○と×の間、ゼロと100の間、イエスとノーの間、です。

その両極の「中間」に、いくらでも広がる余地が存在するんですね。

そこの区切り方とか、定義の付け方、範囲の付け方は無数にあります。磨いていけるもの、工夫していけるもの、育てていけるものをいくらでも見いだしていくことが可能です。

具体的に言うと、こういうことです。 たとえば、ある技術を目一杯つかって仕事をしているとします。

もっと良い仕事をするため、もっと評価を得るために、さらに技術を磨いて高いレベルにしていこうとする、このような考え方が、「上限をさらに広げようとする行動」です。

しかし、現時点での上限の、さらに上となる場所に可能性を見いだしていくのは、考え方としては順当なのでしょうが、実際には簡単にはいきません。

目線を変えて、その技術を、今までと違う相手に対して使ってみるとか、使い方を一工夫するとか、技術は50%にして別の付加価値をつけてみるとか、発想の転換や工夫によって、上限よりさらに上に伸ばすのではなく、既に備えている限度内での活用という可能性の見いだし方があります。

柔軟に考えていくと、「ここ」に広がりを作っていくことができるんですね。こことは、今まで使っていなくて、目を向けてもいない、中間です。

この中間に着目していける人が、現実的に可能性を広げていきやすい人、となるでしょう。

物事を○か×か、ゼロか100か、という白黒はっきりさせないと気が済まないタイプの人は、意見が明確である分の、メリットを得られる場合ももちろんあるでしょうが、こういう部分で損をしてしまうこともあります。

私は、大部分の可能性は、「ここ」にあることが多いと思うし、いろんなアイデアも同様に「ここ」に存在しているように思うんですよね。

考え方を柔軟にして、「ここ」を、探してみてください。何かが見つかるかもしれません(^^)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 趣味は、読書。 | トップページ | 相談をうける際に、同調しすぎないための心掛け。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

なるほどー!
柔軟に考えるって、そういうことかぁ。
なんて凄く参考になりました。
「中間」の存在を知って、
いま可能性の広がりを無限に感じています笑

投稿: マックのポテト | 2014年3月 8日 (土) 12時12分

★マックのポテト 様

「そこ」に気付くと、すごく広い場所に可能性を見いだしていけますね(^^)。

投稿: リカコ | 2014年3月 8日 (土) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 趣味は、読書。 | トップページ | 相談をうける際に、同調しすぎないための心掛け。 »