« 実際、真面目な人は、損をするのか。 | トップページ | 恋愛に、自分から向かっていけない女性へ。 »

2014年3月20日 (木)

相手が不満や怒りを抱いているのは、「どんなこと」か。

会社でも、友人付き合いでも、家族内でも、違う個性をもった人同士が数人集まれば、揉め事や行き違いがゼロとはならず、何かとスムーズにいかないことが出てくるものですよね。

生活していく中で、人付き合いをまったく避けることはできませんので、人との関わりが多ければ多いほど、悩みとまではいかなくても、うまくいかないことは出てきてしまいます。

以前に、「悩みごとは、ひとつしかない」という記事を書きました。悩みごとの種類はたくさんあるように思えても、実際には「自分の思い通りならない、という不安や不満」という、一つに集約されるという内容です。(詳しくは、リンク先でお読みください)

付き合い方が難しい相手と、現状スムーズな付き合いが出来ていなくて、どのように接してよいのか分からないときは、上記のことを相手に当てはめて考えてみるのがいいでしょう。

相手が何らかの不満や怒りを持っている様子があるなら、「何が思い通りにならなくて怒っているのか」を考えてみることです。

言い換えると、「相手が、思い通りにしたいこと=相手が求めていることは、何か」を把握するということですね。

例えば、その人は周囲から評価されたいのに十分に評価されない不満があるのかもしれませんし、就きたいポジションと別の役割を与えられていることに納得していないかもしれません。

「その人が思い通りにしたいこと」は、その人が置かれている状況や、日頃の(不満の)発言から、逆算して想像することができると思います。

対処法として、必ずしも、その人の思い通りにしてあげることや、不満を改善するための取り組みを、自分がしなければならないとは言えないでしょうし、そうすることが望ましいとも限りません。

しかし、どちらにしても、つまりその人の求めていることに合わせるにしてもそうしないにしても、「相手が求めていることは、何か」を把握しておくと、その状況で付き合いをしていく上で、優位性が得られると思うのです。

そうして冷静に分析していけば、相手の感情にまきこまれることなく、かわしたり流したりすることも多少は出来るでしょうし、表面だけ話を合わせる必要がある場合も、ポイントを押さえた会話ができるでしょう。

または、その人の求めていることに合わせる場合も、そうした分析は、一歩先に進むことができるというか、取り組みの方向性を明確にしますよね。

まずは、相手の思い通りにしたいことを分析して、その上でどうするか(または、しないか)を決める、という順番での思考が効果的だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 実際、真面目な人は、損をするのか。 | トップページ | 恋愛に、自分から向かっていけない女性へ。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実際、真面目な人は、損をするのか。 | トップページ | 恋愛に、自分から向かっていけない女性へ。 »