« ひとつの命を、見送るということ。 | トップページ | 頑張りと、物事の進度は比例しないこともある。 »

2014年1月30日 (木)

具体的、分析的であること。

目的があってそれに取り組んでいくための思考は、「具体的」である必要があります。「抽象的」になっているとスタートがきれないからです。

多くの人が悩む、「頭では分かっているのに、なかなか行動できない」とか「取り組み方が分からない」ケースは、思考が抽象的であり具体的でないというのが一番の理由です。

たとえば、多くの人が目標として掲げる「成長して輝きたい!」とか、「自分らしく生きられるように!」というのは、とっても抽象的です。

「成長」とか「自分らしさ」というのは、明確な基準がなく認識しにくい要素です。

広い意味で成長に繋がる物事と考えると、ほとんど全部の行為が当てはまってしまいます。何がどうなることが「自分らしさ」といえるのか、という基準がないままでは、取り組みはしにくいですよね。

成長を目標に掲げるのが悪いということではなくて、「何を、どのように」成長させるか、というところまで考えてこそ「具体的な思考」になるのです。

期限を決めるなどの、数値を含んだ目標の持ち方をするのも有効な方法です。

または、「その文章を読んだ他人が、様子をイメージできるか」を、具体的になっている、という目安にしてもいいと思います。

「山田さんが、自分らしく輝いて生きている様子」と聞いても、・・・それをイメージすることって難しいですよね、抽象的なので。「物理的に発光している」のと、「輝いて生きている」のは違いますから(^^;)、前者はイメージできても、後者はイメージしにくいと思います。

しかし「山田さんが、出世して部下を従えて仕事をしている様子」ならば、イメージをすることが難しくないと思います。

つまり「自分らしく輝く」というよりも「仕事で認められて部下を持てるようになる」というほうが、具体性が大きいということです。

具体性が大きいことは、他人が想像しやすいだけでなく、自分自身も取り組みの行動をイメージしやすいですから、「取り組み方が分からない」という状況にはなりません。そこが大事なのです。

もうひとつ、「分析的な思考」は、文字のとおり、「分けて」思考をするということです。

あれもこれも、たくさんの出来事を複雑に結びつけては、解釈を困難にしてしまっている人も少なくないのです。

複雑に結びつけて思考をすると、高度なことをしている気分になりますが、解決や改善に向かうための思考は、シンプルに分類をしていくスタイルのほうが適しています。

問題点の認識と取り組みの方法を明らかにするためには、分析的な思考が効果的です。そうして、なるべく具体的な目標を定めていくと、行動を伴わせることができるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« ひとつの命を、見送るということ。 | トップページ | 頑張りと、物事の進度は比例しないこともある。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

人に説明出来るほど具体的に…しようとすると、意外と漠然とした目標だったことが分かるものですね。具体性を帯びた夢は、目指すあいだも安心感があると思います。参考になりました!

投稿: あんじゅ | 2014年1月30日 (木) 22時01分

★あんじゅ様

誰かに説明するつもりで文章を組み立てていくと、(比較して)それまでの自分の思考がいかに漠然としていたかに気付くものですよね(^^;)。

投稿: リカコ | 2014年1月30日 (木) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとつの命を、見送るということ。 | トップページ | 頑張りと、物事の進度は比例しないこともある。 »