« 胃の付近のチャクラと連動している、やる気のエネルギー。 | トップページ | 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(5)。 »

2013年12月 8日 (日)

憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(4)。

(その3)より続きます。

人の体の見えない領域には、「チャクラ」と呼ばれる、エネルギーの取り入れ口となる器官があります。

そのエネルギーの取り入れ口であるチャクラのコンディションが下がってしまうと、活力不足になって不要な影響を押し返す力がなくなったり、低いものを引き寄せたりして、何らかの不調和が出てくることになります。

今回は、「みぞおち」、胃のあたりにある、下から三番目のチャクラが不調和となっている場合です。

ここに不調和が起こりやすい人は、常に緊張しているか集中しているタイプの人です。神経質で細かいことを気にしすぎたり、高いレベルを求めすぎて、自分にプレッシャーを掛けているようなところがあると思います。

ここに不調和が表面化しているときは、緊張や集中しすぎを解消するために、「一時的なものでいいので、リラックスに繋がることや緩むこと」を、試してみてください。

根本的な改善のためには、その緊張状態をつくる「原因」を除くことができるならそれが望ましいのですが、その原因は、昔からの価値観や感情と結びついている場合が多く簡単にはいかないと思うので、「その時点での状態をリセットする」ための「リラックス」をまずは取り入れるのがよいと思います。

この部位に憑依があると、吐き気が起こるとか、過食になるなどの、胃に関連する不調和が出ることがありますね。そうなりやすい方は根本原因に働き掛けるほうがいいかもしれません(個人差があるので、記載は省きます)。それ以外であれば、まずはリラックスを心掛けて、その時点での緊張状態を緩めていくことが効果的となるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 胃の付近のチャクラと連動している、やる気のエネルギー。 | トップページ | 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(5)。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 胃の付近のチャクラと連動している、やる気のエネルギー。 | トップページ | 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(5)。 »