« 私の「チャクラの不調和」の透視方法。 | トップページ | 相手につたわる話し方をするには、「要点をしぼる」こと。 »

2013年12月14日 (土)

手のひらで感じ取ること、体感で把握するセンスが関連するチャクラ。

たとえば、ぞくっとするとか、暖かいなどの体感でエネルギーを感じ取るとか、手のひらでビリッと電気に触れたような感覚があるとか、軽いor重たいという重量感を感じ取るとかの、スピリチュアルな「感覚」の大きさは、主にハートのチャクラ(の活性度)呼吸(の深さ)が関連しています。

この場合の「感覚」というのは、なんとなくそういう気がするとかの「思い」ではなく、何らかの体感を伴う(上記のような)「感じ取り」方を意味します。

人の体に7つあるといわれる、メインのチャクラのひとつである「ハートのチャクラ」と、それ意外の小さいチャクラのひとつある「手のひらのチャクラ」は、関連性が高いのです。

手をかざしてエネルギーを感じたり、媒介したりするような、たとえばハンドヒーリングをする場合などには、「ハートが開いていること」が、より多くのエネルギーを媒介できると言えますし(もちろん、条件はそれだけではありませんが)、呼吸がしっかり深くできている人ほど、「手のひらで体感する感覚が鋭い」とも言えます。

過去の記事にも、実は何度も書いてありますが、体感には呼吸が関連していて、深い呼吸が出来る人のほうが、感じ取る感覚は鋭いです。

そのため、手のひらで感じ取ることのみ抜き出すと、その感覚が優れている人は、女性よりも男性に多いと言えます。女性は平均して呼吸が浅く、男性は女性ほどには浅い呼吸にはなりにくいためです。

ハートチャクラの活性度は普通でも、呼吸が深くできることで、手のひら等から感じ取る感覚が優れているタイプの人は、男性に多いですね。整体などで手をつかって施術をしていくうちに、手のひらの感覚が冴えていろいろ把握できるようになるケースも、男性に多いような気がします。

ハートが開いていて、しかし呼吸が深くできないタイプの人も、全般的に感じ取るセンスは(ハートが開いている分)優れていると言えます。

しかし、ハートだけが開きすぎていて、呼吸が極端に浅い場合は、ネガティブなものばかり感じやすかったり、そうした低い波長に影響されやすくなります。呼吸という「生命の活力」で不要なものを跳ね返すことができてないからです。こちらは女性に多いです。

ハートが開いていて、呼吸が深くできることで、たくさんのことを(個人的な好みや判断ではない形で)ありのままに感じることができ、そうすると広い意味での感性にも深みが出るようになります。

が、なかなか、難しいことですけどね・・・。いろんな感情や恐れなどが、そのスムーズな連携をしにくくしてしまうものなので。

「エネルギーを体感で感じる」ことに興味をお持ちの方は多いと思ったので、今回はこのテーマを取り上げてみました。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 私の「チャクラの不調和」の透視方法。 | トップページ | 相手につたわる話し方をするには、「要点をしぼる」こと。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の「チャクラの不調和」の透視方法。 | トップページ | 相手につたわる話し方をするには、「要点をしぼる」こと。 »