« 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(5)。 | トップページ | 私の「チャクラの不調和」の透視方法。 »

2013年12月11日 (水)

憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(6)。

その5)より続きます。

人の体の見えない領域には、「チャクラ」と呼ばれる、エネルギーの取り入れ口となる器官があります。

そのエネルギーの取り入れ口であるチャクラのコンディションが下がってしまうと、活力不足になって不要な影響を押し返す力がなくなったり、低いものを引き寄せたりして、何らかの不調和が出てくることになります。

今回は、眉間にある6番目のチャクラと、頭頂にある7番目のチャクラです。

これらの上位のチャクラは、それ単独で不調和が起こることは少ないと言えます。ここが不要なエネルギーに干渉されてしまうケースのほとんどは、「下位のチャクラがしっかり活性化していない」ことが関連しています。

いつも悪夢を見てしまう、妄想や雑念に支配されて混乱してしまう状態の多くは、こうした上位のチャクラの動きが停滞してしまうことから起こりやすいです。

下に重心があるべきエネルギーの状態がしっかり整っておらず、その分、上に浮き上がりやすくなり、浮き上がった影響は上部のエネルギーの流れを停滞させたり混乱させたりします。

不調和があらわれた場合の解消方法としては、「下位のチャクラを整えて、エネルギーを下に引き戻す」ことが有効です。

これまでお伝えしてきた過去記事の、下位のチャクラを活性化して鍛える方法を普段から心掛けていくとバランスがとられていくでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(5)。 | トップページ | 私の「チャクラの不調和」の透視方法。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

毎日雑念にとらわれているのをわかっていても、どう対処したらいいのかわからずにいました。
家事等やらなければならないことが山ほどあるのに、頭の中はほかのことで頭がいっぱいになり、それにしばられていました。
記事を見て、まず肩甲骨を意識して動かしてみました。
寝る前にストレッチもしてみたり。
寝ていても頭の中がマイナスな考えでいっぱいで眠りの質が悪かったのが眠れるようになりました。
このまま続けてみようと思います!!
いつもためになる記事をありがとうございます!

投稿: ぽとす | 2013年12月12日 (木) 17時52分

★ ぽとす 様

一般的に、雑念でいっぱいになってしまう人は、下位のチャクラの不調和が起因となっていることが多いので、思い当たることを試してみるとよいと思います(^^)。

投稿: リカコ | 2013年12月12日 (木) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(5)。 | トップページ | 私の「チャクラの不調和」の透視方法。 »