« 子供を不安にさせてしまう言動。 | トップページ | 胃の付近のチャクラと連動している、やる気のエネルギー。 »

2013年11月25日 (月)

憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(3)。

(その2)より続きます。

人の体の見えない領域には、「チャクラ」と呼ばれる、エネルギーの取り入れ口となる器官があります。

そのエネルギーの取り入れ口であるチャクラのコンディションが下がってしまうと、活力不足になって不要な影響を押し返す力がなくなったり、低いものを引き寄せたりして、何らかの不調和が出てくることになります。

その2の「尾てい骨付近にあるチャクラ」に続き、今回は、「おへその少し下」にあるチャクラが不調和となっている場合です。

その1、その2をあわせてご覧いただくと分かると思いますが、すでに影響が出ていることの解消のためにも、予防的にその部位を鍛えるためにも、効果的なのは「動きを付けること」です。

何のためにそうするかといえば、「振動を与えること」です。振動が、停滞している状態を活性化する刺激になります。

以前の記事で、「スピリチュアルな意味において使う場合の、波長とか波動」とは、シンプルにひと言でいうなら「霊的な振動(数)」である、という内容をお伝えしました。

その振動を意識的に与えることで、本来のあるべき状態に整えていくことが、既に何らかの不調和が作られている場合の解消になったり(下がっている振動数を戻す)、普段の状態を向上させる(普段の振動数を底上げする)ことに繋がっていくという観点から、このシリーズの記事は構成しています。

本来の霊的な振動(数)に刺激を与えることは、実際の肉体の活動のみには限定されず、さまざまな方法がありますが、「セルフでの取り組みのしやすさ」を優先して、このシリーズでは、「肉体の動きによる作用」を取り上げている、というふうにご理解ください。

お腹の下のあたりに、動きをつけて振動をあたえるには、腰、骨盤が動く動作が効果的です。ストレッチなどで腰付近を伸ばすこともよいですね。縮んでいるとエネルギーが停滞しやすいので。

腰を動かす動作として、ダンスなどの趣味をもっている方は、この部位のエネルギーは比較的活性化している場合が多いかもしれないです。

フラなど、ダンスは腰で動きをとっていくことが多いですよね。

その部位に振動があって、本来の状態を取り戻すことができるなら、特定の行動や動作でなくてもよいのですが、見本となるものがないとわかりにくい場合は、一例として、こちらを参考するのもよいと思います。

説明するまでもなく、有名なDVDですよね。

この内容は、「ゆる」と「メラメラ」があるのですが、メラメラの動きが参考になると思います。かなり骨盤を動かしていく動作があります。

あとは、こちらのyoutube、フラの基本動作を説明してるものですが、こちらの前半にある「カオ」「カホロ」などの動きを参考にしていくのもいいかもしれないです(^^)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 子供を不安にさせてしまう言動。 | トップページ | 胃の付近のチャクラと連動している、やる気のエネルギー。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供を不安にさせてしまう言動。 | トップページ | 胃の付近のチャクラと連動している、やる気のエネルギー。 »