« 今の「当たり前」は、「幸せ」。 | トップページ | 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(1)。 »

2013年11月13日 (水)

個性的という解釈。

個性的でありたい、という思いが強すぎて、「他の人達と明らかに違う、斬新なことをすることこそが個性だ」、と思い込み、自分の備えている要素(本来はそれが「個性」だと思うのですが)とは、まったく別の方向へ突っ走っている人がたくさんいます。

「他人と違う、一般と違う」ことが、必ずしも「個性的」ではないような・・・、何かちょっと、個性というものの解釈が、違っているような気がします。

それぞれ皆が、その人独自の性質を備えていて、仮に同じことを同じ手順で行ったとしても、まったく同じ結果にはならず、その人の性質が何らかの形で含まれていくことが個性の表れだと思うのです。

もちろん、他人とまったく違う感性をもっていて、着想点も、解釈の仕方も、表現も、明らかに独特である人もいるでしょう。しかし、そのような意味での個性は、そんなにたくさんあるわけではない(だからこそ、その違いが目立っている)と思うのです。

「まだ誰も座っていない、空いている椅子」を探すような、違ったことをする行為が、「自分の個性を活かすこと」なのでしょうか。その椅子が、自分の性質と一致していなくても、空いた椅子に座ることが貴重なのか、その行為が個性の発揮なのか、という点を考えてみることが大切です。

よく若い方達の人間関係で、「キャラが被らないように」と意識することを見聞きします。それは、なるほどと納得できます。たとえば、船頭が多すぎてもうまくいかないように、リーダー的な仕切りをする人が複数になると、何かと揉めたり主導権争いになったりするから、その場に既に仕切りタイプがいたら、自分は被らないように控えめにする、というような、その場をうまくやるための工夫なのでしょう。

キャラが被らない心掛けは、うまくやるための工夫であって、ときに自分の本来の性質と違うことを演じていくこともあるわけで、それを個性の発揮という解釈はしないと思うのです(その行為が、良いか悪いかを論じているのではないです)。

話を戻しますが、「皆と違うことをしたい」という意思は、尊重されます。だから、他人と同じでないことを、空いた椅子を探す行為が悪いということではありません。ここでお伝えしたいのは「皆と違うことをしたい、変わったことをしたい」という思いと、「自分が備えている性質に、合っていることをする」をするのは、同じではない、ということです。

そして、個性の発揮とか、自分らしさというのは、本来は後者のほうを言うと思うのだけれども、前者の取り組みを個性だと思っていて、迷いの迷路に突き進んでいる人がたくさんいるというのが、この記事の主旨です。

重ねていいますが、違うことをしたいのが悪いとかダメとかではないです。その取り組みは、「他人と違うことをして、際立っていく」ことであると、認識をしっかり持って行動すればそれでいいと思います。そこで殊更に「個性」を持ち出すから混乱が生じるのではないでしょうか。

個性を発揮したいと頑張っているのに、うまくいかないとき、何かピントがあってないような違和感があるときは、上記のように、「違い」と「個性」を混ぜていることが原因かもしれません。違いも個性であることは確かですが、しかし個性とは違い(だけ)、とは限らないのです。

それで自分が納得している人はいいんですよ。ただ、その認識が曖昧なために、迷いから抜けられなくて、でも、個性的であることに大きなこだわりがあるから身動きがとれなくなってしまっている人がたくさんいるので、糸がからまった状態をいくらか解きほぐすための、分析のヒントを書いてみました(^^)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 今の「当たり前」は、「幸せ」。 | トップページ | 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(1)。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今の「当たり前」は、「幸せ」。 | トップページ | 憑依等を受けやすい人の、部位別の対処法について(1)。 »