« 守護霊が望んでいるのは、自力と自主性に基づく生き方。 | トップページ | 下の子に、上の子が意地悪をするときには。 »

2013年10月29日 (火)

半分霊感で、半分知識。

さっぽ先日ですが、北海道新聞に「札幌市内でも、車を持たない高齢者が、いわゆる「買い物難民」と呼ばれる状態におかれている住宅街がある」という記事が載りました。

この内容だけ見ると、「えぇっ?190万都市の札幌で何故?」と思われるでしょうが、札幌市は、全国でも有数の「面積の広い市」なんですよね。なので市内の端のほうは、街の中心とは違う様子があってもおかしくはないですが・・・、それでも、ちょっとびっくりしてしまう内容です。

これは私が直接読んだのではなく、新聞をみた家族から話し掛けられたのです。「札幌でも、買い物難民になっている人がいるって記事がでている。場所は拓北らしい」」と。

私は、そこまで聞いたところで、頭の中に、「その場所は、過去に生協の店舗があったが、閉店してしまったことが影響している」と伝わってきました。聞こえたのとは違います。伝わった、というか、分かった、というか。

「そこ、前に生協があったんじゃないかな?」と言うと、「そうらしい。新聞にも2010年にコープさっぽろが閉店になったと書いてある」と。

これは、「私の霊感によってキャッチしたこと」ですが、同時に、「私がその件について幾らか知識をもっているから、キャッチしたものを解釈できた」とも言えます。

コープさっぽろは、関西の方の感覚にするとコープ神戸と同じくらいの、全国的にもかなり大きい規模です。なので、道内でも、コープさっぽろに何かの動きがあればかなり大きくニュース等でも取り上げられます。

道外の広域のスーパーがどんどん進出してくるので、対抗するために地元のスーパーも店舗を新しくしたり、提携したりしている中、コープの店舗は昔ながらの古いものも多いし、小さいところも多いなぁ、でも会員がいるからそういうことは問題ではないのだろうか?などと、ときどき考えたりもしていました。

それらの知識や思考の習慣という「下地」があるから、今回のような伝わりを得られていると思います。

いくら霊感が強いとしても、たとえば、霊感によって、知らない漢字が読めるようになるわけではないように、「その人が持っている知識の中でしか、受けとめたことの解釈は広がらない」ものです。

世の中のことに広く関心をもって、本や新聞を読んだり、ニュースを見て考えたりすることが、私は10代の頃から習慣になっているので、わりと持っている知識の量が多いと思います。深いことは知らないのですけれどね。広く浅く、ですが(^^;)。

日々を創造的にしてくために、霊的な感性をより高めたい、と思っている方はたくさんいると思います。

そのためには、霊的なことだけに関心を向けるより、現実の知識を増やし、世の中を知ることで「底上げ」をはかっていくほうが、実は近道であり確実といえます。底上げがされると、高いところに手が届きやすくなりますからね。両方の要素があってこそ、現実にいかしていける知恵として、霊的な感性が役立つとも思います。

その実例として、説明しやすい出来事が起こったので、「このことをお伝えするための、出来事だったかも?」という気がしたので、書いてみました(^^)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 守護霊が望んでいるのは、自力と自主性に基づく生き方。 | トップページ | 下の子に、上の子が意地悪をするときには。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

生活の中での出来事や環境に関心を持つ事に
関して、思うことがあったので、気付かされる
ことがありました。
興味がないと関心も薄くなりがちな私ですが、
色んな事に関心を持ってみようと思ったコラムでした。

投稿: ちょぼきち | 2013年10月30日 (水) 08時21分

★ちょぼきち 様

関心をもつ対象は、好き嫌いという基準でなくてもいいはずなので、いろいろ広がるといいですね!

投稿: リカコ | 2013年10月30日 (水) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 守護霊が望んでいるのは、自力と自主性に基づく生き方。 | トップページ | 下の子に、上の子が意地悪をするときには。 »