« 楽しむ経験も、大事。 | トップページ | 自分の得意なことを知るには。 »

2013年9月30日 (月)

理由なく、不安になる。

女性が、30代後半から40代、50代・・・と年齢を重ねていくと、これといった理由がなくても、漠然とした不安感が出てきて、苦しくなることがあります。

自分の将来はこれからどうなるのか、健康について、仕事について、家族について・・・、これといった特定の理由がなくても、どんどん不安感がでてきて、気持ちを切り換えることができにくくなります。

そのような状態になったとき、多くの人は、「そうなってしまう具体的な理由」が何かあるのではないかと、理由を見つけてそれを取り除こうと考えてしまうのですが、それは単純に、「年齢によるもの」であることが多いですね。

そのくらいの年齢の、少なくない人が経験する漠然とした不安感というものがあります。

10代、20代の若いうちは、未来が末広がりに思えます。まるで永遠に上昇していけるかのような認識で、年齢を重ねて大人になるということは、「できないことが、できるようになっていくこと」だと、思っていけるのが若さというものではないでしょうか。

年齢を重ねていけば、窮屈さもなくなって、恋愛も好きなようにできて、仕事をしてお金を得て自分の好きなものを買えるようになって・・・と、自分の力で思うとおりに行動できることが実際に増えていきますからね。

しかし、さらに年齢を重ねていくと、「できたはずのことが、できなくなっていく」時期が、いつかはやってきます。体力が下がる、無理がきかなくなる、疲れやすくなる、という体調の変化もありますし、気力の面でも、頑張りがきかなくなる、判断力が弱くなる、悲観的になってしまう、不安感が大きくなる、という、変化が出てくるようになるのです。

「できないことが、できるようになる」とか、「できるかもしれない」というプロセスには、期待感と夢を持つことができますが、「できたはずのことができなくなる」、または「できなくなるだろう」というプロセスを過ごすことは、不安です。それを受け入れていくことが必要なのだけれども、その「境目」にある時期が落差があって苦しいのです。

理屈ではないんですよね・・・。こんなふうに、ポジティブに考えていきましょう的な正論は、頭ではわかっていても、はいそうですね、と、受け入れる気持ちにはとうていなれず、相談をした友人などからそうした反応をされると、ますます孤独になって気持ちの持っていきどころがなくなってしまいます。

おそらく、50代くらいになれば、誰もが少なからずそのような経験があって共感を得られていくのでしょうけれども、それ以前の年齢では、考え方に個人差が大きく、同年代の友達でも分かってもらえないこともあるかもしれないです。

ご主人にそれを伝えても分かってもらえない、と不満な方もいると思いますが、それは、男性と女性と社会で中心となって活躍する年齢が違うのと、体力の差です。

女性がそれらの変化を感じて不安になる時期には、同年代のご主人は、仕事で責任が大きくなり仕事を通して自己実現をして活躍している時期だったりします。また、男性が体力の低下を実感するようになる時期は、女性よりもずっと後ですから。

その渦中にある女性にアドバイスとして言えることは、多かれ少なかれ、時期がいつであれ、「誰もが、人生のどこかで、そういう時期を経験することになる」ということです。そういう経験を味わうことも、有限の人生を生きるという、人としての学びなのだと思います。

そしてもうひとつ、そのような不満を口に出して言えるというのは、それだけで幸せだということです。男性は、そういう時期を迎えてもプライドがあるから言えないのです。言わないし、言えないのが男性です。

だから、口には出さなくても、時期はそれぞれでも、多かれ少なかれ皆がそういう経験をしていきます。

「この思いを、自分だけが味わっているわけではない。皆がそうなんだ」と分かることは、共感を大事にする女性にとって、いくらか助けになると思うので、具体的な解決の方法ではないけれども、「多くの人が、味わう気持ちです」ということをお伝えしたくなったので、書いてみました。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 楽しむ経験も、大事。 | トップページ | 自分の得意なことを知るには。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

育ててくれた祖父母が80代も半ばになり、孝行したい半面「残りどれだけ生きられるだろう」など泣きごとがふえるのでもっと楽しく毎日を過ごせないかと少しうっとうしくも感じていました。若造の身で「恵まれてるんだから、そんな事ばかりいっても何にも得にならないよ」と言ってはみたものの、本当はもっと別の言葉をかけてほしいのかなと感じたり。もっと不安な気持ちをただ受け止めてみようと思いました。自分にとってタイムリーな記事でした。参考にします。ありがとうございます。

投稿: りんた | 2013年9月30日 (月) 22時08分

★りんた様

実際に、自分がその年になってみないと、本当の意味ではその思いを体感したり実感したりするのは難しいものですが、しかし人には「想像力」がありますから、掛ける言葉は選んでいくほうがいいと思いますね(^^)。

投稿: リカコ | 2013年9月30日 (月) 23時28分

30代後半ですが、ひと通り人生経験をしてきて、今後の人生もある程度見えてきました。そんなに目新しいことがある訳でもなく、日々そんなに楽しいことがある訳でもなく、あとはただ少しづつ年老いていく。
段々と今までみたいに周囲にもチヤホヤされなくなっていく。
そんな感じで、うつっぽい気分をちょうど感じていたところでした。

投稿: ロン | 2013年10月 3日 (木) 22時16分

★ロン様

楽しみとか幸せを感じる要素や対象が、
移り変わっていく過渡期になるのが
そのくらいの年齢だと思います。
10代、20代と同じようなものから

楽しみや達成感などを感じるものが
変わっていくというだけで、
楽しみを得ていくことはできると思いますけれどね(^^)。

投稿: リカコ | 2013年10月 5日 (土) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しむ経験も、大事。 | トップページ | 自分の得意なことを知るには。 »