« 思いやりのエネルギーが、相手を助けることがある。 | トップページ | 「されたこと」か、「してくれないこと」か。 »

2013年9月 5日 (木)

現実(物質)を、おろそかにしない。

自分は、肉体をもった霊(的存在)である、このことが、スピリチュアリズムを受けとめていくための基本的な考え方になります。

霊としての自分が、今回の人生という機会を与えられ、肉体という物質を伴って、物質社会において、霊を向上させていくことが、スピリチュアルな観点からみた、生きる意味となります。

そのために、物資社会のさまざまな出来事を「使っている」のです。

あくまで基本にあるのは、霊としての自分です。

けれど、だからといって、現実の物質次元を低くみたり、おろそかにすることは間違っています。

物質社会の経験の中で、霊として(もちろん、肉体をもった人間としても)生きていく経験から学ぶことに意味があるのです。

だからこそ、わざわざ肉体をもった経験をするために、この世に表れているのですから。

この世界だからこそ出来る経験を積むためにこうして学んでいるのであり、この世界での経験は、決して低いものではありません。

何のために、この世という物質次元があり、この人生を経験している自分がいるのか、霊的存在である自分を受け入れつつも物質社会の現実もしっかりと見ていき、自分なりの答えを見つけていくことが大事だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 思いやりのエネルギーが、相手を助けることがある。 | トップページ | 「されたこと」か、「してくれないこと」か。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

霊にも、気持ちの浮き沈みはあるのでしょうか。そういった現象は肉体を持つ存在特有のものなのでしょうか。

投稿: ひえ | 2013年9月 5日 (木) 16時49分

 物質社会に生きている私たちにとってやはりお金というのは、欠かすことができないものだと思います。人間だから欲があって当然なので自分の好きなものに使いたいです。 
 また、お金を稼ぐために努力して働く、社会で人とかかわり切磋琢磨する。そのことが物質社会で霊的存在を高めることにつながると私は、思います。 
 
 最後に個別の質問は、受け付けていないと思いますがコメントを投稿するにあたって同じ人がよく投稿しても迷惑にならないのでしょうか?

投稿: ささべ | 2013年9月 5日 (木) 19時47分

★ひえ様

「霊」と一口にいっても、守護霊もいれば、浄化していない、いわゆる幽霊も含まれますので、一概には言えないですね。守護霊のような進化した存在の方達は、人間のように感情に左右されて私情で動いたりはなさいませんが、浄化してない霊だと、感情にとらわれていることはあると思います。ただし、そのとらわれている状態は、「沈み」であることが多いと思うので、「浮き」があるかどうかは微妙ですね(^^;)。

投稿: リカコ | 2013年9月 6日 (金) 08時29分

★ささべ様

この世で生きる上では、物質は必要になりますね。済むための家も、食べるものもも必要ですからね。


お金を得るために仕事を頑張ることや、社会で人と関わり切磋琢磨することもこの世ならではの大事な経験のひとつですね。

そして、その環境の中で、自身の精神性を向上させていくことも同じくらいに大事な学びだと思います(^^)。

投稿: リカコ | 2013年9月 6日 (金) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思いやりのエネルギーが、相手を助けることがある。 | トップページ | 「されたこと」か、「してくれないこと」か。 »