« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の7件の記事

2013年9月30日 (月)

理由なく、不安になる。

女性が、30代後半から40代、50代・・・と年齢を重ねていくと、これといった理由がなくても、漠然とした不安感が出てきて、苦しくなることがあります。

自分の将来はこれからどうなるのか、健康について、仕事について、家族について・・・、これといった特定の理由がなくても、どんどん不安感がでてきて、気持ちを切り換えることができにくくなります。

そのような状態になったとき、多くの人は、「そうなってしまう具体的な理由」が何かあるのではないかと、理由を見つけてそれを取り除こうと考えてしまうのですが、それは単純に、「年齢によるもの」であることが多いですね。

そのくらいの年齢の、少なくない人が経験する漠然とした不安感というものがあります。

10代、20代の若いうちは、未来が末広がりに思えます。まるで永遠に上昇していけるかのような認識で、年齢を重ねて大人になるということは、「できないことが、できるようになっていくこと」だと、思っていけるのが若さというものではないでしょうか。

年齢を重ねていけば、窮屈さもなくなって、恋愛も好きなようにできて、仕事をしてお金を得て自分の好きなものを買えるようになって・・・と、自分の力で思うとおりに行動できることが実際に増えていきますからね。

しかし、さらに年齢を重ねていくと、「できたはずのことが、できなくなっていく」時期が、いつかはやってきます。体力が下がる、無理がきかなくなる、疲れやすくなる、という体調の変化もありますし、気力の面でも、頑張りがきかなくなる、判断力が弱くなる、悲観的になってしまう、不安感が大きくなる、という、変化が出てくるようになるのです。

「できないことが、できるようになる」とか、「できるかもしれない」というプロセスには、期待感と夢を持つことができますが、「できたはずのことができなくなる」、または「できなくなるだろう」というプロセスを過ごすことは、不安です。それを受け入れていくことが必要なのだけれども、その「境目」にある時期が落差があって苦しいのです。

理屈ではないんですよね・・・。こんなふうに、ポジティブに考えていきましょう的な正論は、頭ではわかっていても、はいそうですね、と、受け入れる気持ちにはとうていなれず、相談をした友人などからそうした反応をされると、ますます孤独になって気持ちの持っていきどころがなくなってしまいます。

おそらく、50代くらいになれば、誰もが少なからずそのような経験があって共感を得られていくのでしょうけれども、それ以前の年齢では、考え方に個人差が大きく、同年代の友達でも分かってもらえないこともあるかもしれないです。

ご主人にそれを伝えても分かってもらえない、と不満な方もいると思いますが、それは、男性と女性と社会で中心となって活躍する年齢が違うのと、体力の差です。

女性がそれらの変化を感じて不安になる時期には、同年代のご主人は、仕事で責任が大きくなり仕事を通して自己実現をして活躍している時期だったりします。また、男性が体力の低下を実感するようになる時期は、女性よりもずっと後ですから。

その渦中にある女性にアドバイスとして言えることは、多かれ少なかれ、時期がいつであれ、「誰もが、人生のどこかで、そういう時期を経験することになる」ということです。そういう経験を味わうことも、有限の人生を生きるという、人としての学びなのだと思います。

そしてもうひとつ、そのような不満を口に出して言えるというのは、それだけで幸せだということです。男性は、そういう時期を迎えてもプライドがあるから言えないのです。言わないし、言えないのが男性です。

だから、口には出さなくても、時期はそれぞれでも、多かれ少なかれ皆がそういう経験をしていきます。

「この思いを、自分だけが味わっているわけではない。皆がそうなんだ」と分かることは、共感を大事にする女性にとって、いくらか助けになると思うので、具体的な解決の方法ではないけれども、「多くの人が、味わう気持ちです」ということをお伝えしたくなったので、書いてみました。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (4)

2013年9月27日 (金)

人との関わりの価値を思う。

過去の人間関係を振り返ってみると、人と人とが出会い、関わることにより生まれるすべてが、神秘だと、私はそう感じます。

その人と関わらなければ、決して生まれることがなかった結果や成果、得られることがなかったと思われる知識を考えると、本当に不思議でそしてありがたい、なくてはならないものが、人との関わりだなと、心から実感します。

個性や価値観が違う人同士が、お互いにとって必要なふさわしいタイミングで出会い、掛け合わせの相乗効果がつくられていきます。

効果は、お互いが得ることができます。そのときは分からなくても、時間がたって振り返ってみると、すべての関係性が意味をもつ必然だとわかります。

今、そのように思えない状態にある人も、きっと時間が経つとわかるようになると思います。

私も、すべての出来事に対してそう思えるわけではないですからね(笑)。過ぎ去って、客観視できるくらいの関係においてのみ、そう思うことができるだけです(^^;)。

人との関わりは、楽しいものばかりではないので、苦しさや悔しさの感情が伴う関係の渦中にあるときは、そういうことが分かりません。気付くだけの気持ちの余裕がないからです。

しかし、後になって振り返った時に、あのときの出来事を経験したからこそ今の自分があると、すべて意味があって作られる関わりだったと、納得ができるし、感謝もできるようになります。

時間が、そう思わせてくれます。大事なことに気付くための冷静さと成長を、与えてくれますね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (2)

2013年9月22日 (日)

感情をコントロールするには、自分のパターンを知ること。

人の感情というのは、とても複雑であり、そして強い作用をもったエネルギーなので、否定的な感情を抱き続けることで、心や体のバランスを乱すことがあります。

感情がさまざまなことに影響を与えるという以前に、否定的な感情は「苦しい」ですよね。そうした思いを抱いていること自体が、苦しみになります。

そうなる状態を作り出さないためには、自分の感情の仕組みを知って、コントロールをすることが必要です。

しかし、多くの人がこの点を誤解して、感情のコントロールとは、感情を強い力で抑え込むことだと思っています。そのため、コントロールに失敗します;。

コントロールとは、調整、統制、制御をすることです。

仕組みをしって、その動きや流れを、不調和を生み出さないように、上手く逃したり解放したりしながら、調整していくことがコントロールです。

そのような工夫をしていくうちに、感情を作り出す装置(である、自分の心)を、整えるためのコツもつかみ取っていけるかもしれません。そうなれば、否定的な感情の総量も減っていくでしょう。

それらの知識に基づいた調整や統制、段階を踏んだ改善をすることがコントロールという意味であって、感情を押さえこむことや、感情をゼロにしようとしても無理があります。まずは、この点の理解が大事です。

否定的な感情をコントロールする第一歩として、「自分の中で、それらの感情が動作する仕組み」を知ることが必要です。

どんな場面でその感情が発生するのか。いつも同じ、特定の相手だけに出てくる感情なのか、それとも、同じ場面や状況になれば相手が誰であっても出てくる感情なのか、そういうことを分析してみるのです。

たとえば、「自分が軽く扱われていると感じると、怒りと悔しさで夜も眠れなくなってしまう」人がいるとします。

その感情は、「相手が誰であろうと出てくる」のか、それとも、「親や上司であればそれほどの感情にはならず、目下の人にされることが我慢ならない」のか、つまり「すべてに反応」しているのか、「ある条件下で反応している」のか、などのパターンを、分析により見つけていくのです。

「何に対して」感情が反応してしまうのか、まずはそれを知ることです。

そして、そのことについて「なぜ」反応してしまうのかを考え、次に、「どうすれば」いいのかを段階を分で見つけていく、という順番が大事です。

多くの人は、第一段階の「何に対して、どのように自分の感情が反応するか」を分析しないまま、なぜ、と、どうすれば、を考えてしまい、感情をなんとかしようという気持ちはっても、うまくいかないのです。または取り組みの方法が見つからなくてそのままになってしまいます。

まずは、何に対して、どのように自分の感情が反応して苦しくなるのか、そのパターンをつかんでいきましょう。そのために必要なことは、過去の経験の分析です。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (5)

2013年9月13日 (金)

★web講座3期についての、Q&A

3期のweb講座について、Q&A形式で説明させていただきます。お寄せいただいたご質問等にお答えしていきます。

_________________________

Q:どんな人が、参加していますか?

女性が9割、男性が1割です。目的としては、個別にはお聞きしていないので把握していませんが、ご意見のメールやコメントなどから推察するに、スピリチュアルな感性を伸ばしていきたい、そのための基礎となる知識をしっかりつけていきたいとお考えの方が多いようですね。

Q:スピリチュアル初心者で不安ですが、ついていけるでしょうか?

記事はどんどん更新されていきますが、学びのペースは、それにあわせる必要はありません。ご自身のペースでゆっくり、のんびりでよいと思います。学びの終盤になってきて、やっといろんなことが繋がって理解が深まっていく、というお声も多いです。また、内容も、「深さ」はあると思うのですが、難解ではないと思いますので問題ありません(^^)。

Q:講座は、どのように進んでいきますか?参加の仕方は?

予約投稿で、オーラに関する記事が更新されていきます。こちらのスピリチュアルティーチングでお伝えしていることよりは、もう少し深い内容だったり、具体的な方法を提示したりしています。そちらをご覧いただき、ご不明な点やご感想などがあればお寄せいただき、ご返事&回答をさし上げます。

1~2期は、参加任意の簡単な課題なども実施しました。3期はまだ決めていませんが、皆様からのご要望があれば、同様に行うかもしれません。

参加している他の方達との個人的情報の共有はありません。コメント欄で使うお名前くらいですので、気楽なお気持ちでご参加いただけます。

Q:期間中は、毎日サイトを見るべきですか?予定がつかないときには、どうすれば?

いえ、それはご自由です。こちらの記事更新の頻度もまちまちですので(^^;)、毎日でなくても、ご自身のお好きなペースで知識を得ていただければと思います。

Q:過去に参加した方は、どんな感想をお持ちですか?

1期、2期と、今回と、それぞれ実施している内容がまったく違いますので、感想もそれぞれですが、1期の場合は、「スピリチュアルを、どこか他人事のようにとらえている自分に気づいた」とか「理解の「深さ」という意味が、分かった」というご意見が多かったですね。

2期は、「自分がどのくらいスピリチュアリズムを理解しているか、試しながら学びをすることができた」、「自分の思考の偏りに気づくことができた」、というご感想をいただきました。こちらは、2期のQ&Aという形式ゆえ、だと思います。

毎回、それぞれの内容にあった受講者さんが集まってくださって、その場全体の空気をつくってくださいます。皆で大きな何かを作り上げて、「相乗効果」となったものを、また皆で分けて持ち帰るようなエネルギーの働きがつくられていきます。

3期は、どんな方が集まり、どんな化学反応が起こるのか、楽しみにしています(^^)。

※上記以外に、ご質問があれば、メールかコメント欄でお寄せいただければ、こちらの記事に加えていきます。

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

五感と第六感は繋がっている。

霊感とか直感と言われるものは、「第六感」などと表現されることがあります。視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の五感と呼ばれるもの以外、またはそれを超えるもの、という意味で使われますね。

全てに言えますが、スピリチュアルなことと現実的なことは繋がっていて、たとえば、オーラは肉体の状態を反映していたり連動していたりという関係性がありますし、今世という現実は、生まれた段階でゼロからスタートしたわけではなく、それ以前の前世を引き継いでいる面もあります。

肉体的な感覚である五感と、霊的な感覚である第六感も、同様に繋がっています。

言葉の説明としては、第六感とは五感以外である、とか、それを超えたものであるとされていても、これらはまったくの別物ではありません。

五感が鋭い人や、五感を活用している人ほど、第六感も自然に磨かれて発達していて、日々のさまざまなことに「冴え」や「勘の良さ」を見せることが多いです。

霊としての感性の発達に、肉体という物質の器官と関連性の深い五感の活用は矛盾しません。第六感と五感も、霊と肉体も、私たち人間にとっては繋がりをもっているもの、重なりのあるもの、なのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

「されたこと」か、「してくれないこと」か。

誰もが、怒りや不満の感情を少なからず抱えています。それらの否定的な感情は、抱えているのが苦しいものです。

しかし簡単には手放せません。手放すほうが楽なると分かっていても、そうすると自分が損をして相手が得をするかのように思えてしまって、手放そうとする思いが、不満を感じている以上のストレスになることもありますよね。

その感情のとらわれから抜け出すためには、理性で受けとめていくことが大切ですが、感情でいっぱいになっているときには、なかなか冷静にはなれないので、「普段の平常時に、自分が抱きやすい不満の傾向を、分析」してみてください。

自分が不満に思いやすいのは、「されたこと」に対してなのか、それとも、「してくれなかったこと」に対してなのか、まずはこの点を考えてみましょう。

されたこと、というのは、「自分が、誰かにされた行為」に対しての不満です。友達に陰口を言われていたことが分かったとか、上司に売上げ不振を責められたとか、ご主人が家族より仕事を優先したとかの、事実に対しての不満や怒りです。

してくれなかったこと、というのは、「自分に、誰かがしてくれなかった行為」に対しての不満です。友達が自分を尊重してくれなかったとか、上司が仕事を褒めてくれなかったとか、ご主人が手伝ってくれなかったとかの、自分の期待どおりにならないことへの不満や怒りです。

こうして文章になっているものを読むと分かるように、前者は「出来事」に対しての怒りですが、後者は「思い」に対しての怒り、なんですよね。自分が作った期待が満たされなかったという怒りです。

前者については、その怒りや不満を抱くこと自体がどうなのかという点はともかく、何かをされた結果、怒りの感情が出たというシンプルな繋がりであり、無関係な他人にも、出来事の相手にも、その繋がりは分かりやすいものとなります。

しかし、後者は、自分の期待どおりにされなかった、という主観的なもので、客観視しにくい繋がりなので、複雑でわかりにくいものになりがちです。無関係な他人にわかりにくいのは当然のこと、「してくれない」相手にも分かりにくく、そして自分自身も分からなくなることもあります。

自分の怒りや不満の気持ちは、上記のどちらのパターンで作られることが多いか、まずは分析して傾向を把握してみましょう。そこを考えてみるだけでもかなり違ってくると思います。

それぞれの改善のための、具体的な取り組み方は、また別の機会にお伝えできればと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

現実(物質)を、おろそかにしない。

自分は、肉体をもった霊(的存在)である、このことが、スピリチュアリズムを受けとめていくための基本的な考え方になります。

霊としての自分が、今回の人生という機会を与えられ、肉体という物質を伴って、物質社会において、霊を向上させていくことが、スピリチュアルな観点からみた、生きる意味となります。

そのために、物資社会のさまざまな出来事を「使っている」のです。

あくまで基本にあるのは、霊としての自分です。

けれど、だからといって、現実の物質次元を低くみたり、おろそかにすることは間違っています。

物質社会の経験の中で、霊として(もちろん、肉体をもった人間としても)生きていく経験から学ぶことに意味があるのです。

だからこそ、わざわざ肉体をもった経験をするために、この世に表れているのですから。

この世界だからこそ出来る経験を積むためにこうして学んでいるのであり、この世界での経験は、決して低いものではありません。

何のために、この世という物質次元があり、この人生を経験している自分がいるのか、霊的存在である自分を受け入れつつも物質社会の現実もしっかりと見ていき、自分なりの答えを見つけていくことが大事だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (4)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »