« ★学びのメニュー「スピリチュアルweb講座」2期のご案内。 | トップページ | 着物の女性の、思い残し? »

2013年8月27日 (火)

過去の、思い残しのある出来事を考える。

過去の出来事に対する感情が、未だに心の中を占めていて、悔やんでも仕方が無いと理屈ではわかっていても、感情が納得できずに思い出しては苦しくなってしまうことがあると思います。

そういうときには、このように考えてみましょう。

もしも、今の自分の感覚のまま過去に戻れるとするならば、あのときどんな言動をとるのがベストだったか、と。

そうすると、意外なほどに冷静になれます。

もしも、「今の自分があのときに戻れるならば、きっと違った言動をとっていただろう。そうすれば、今の苦しみはないはずなのに」という答えになるなら、それは、過去から今に至るまでに、考え方が成長(=変化)した証拠です。

そして同時に、それは成長した今だからこそ分かる感覚であり、あの頃の自分ではそう思うことはできなかった(から、過去の言動はその時点での精一杯だった)と気付くこともできるでしょう。

または、「今の自分があのときに戻れるならば、・・・でも、やはり同じ言動しか出来なかったかもしれない」という答えになるなら、そのような自分自身(の過去)を、受け入れていくしかないという気持ちにもなれるのではないでしょうか。

納得できない感情そのものが、そうした思考や分析で消滅するわけではないけれど、当時の自分を今の自分が客観視して考えていくことで、自分の感情との距離がうまれて、そこからいくらか意識を離していくことができます。

そうして「いくらか、意識が離れた」分を、未来に向けたエネルギーとしてつかっていくことができるようになると、過去の出来事が心を占める比率が下がっていくので、だんだんとそのことに対する思いも違ったものになっていくでしょう。   

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« ★学びのメニュー「スピリチュアルweb講座」2期のご案内。 | トップページ | 着物の女性の、思い残し? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

どうしてあの時・・・と考える事がありました。今思うのは、当時の自分は当時の自分なりに精一杯だったという事です。その答えや行動をするのが最善と思う事もあったり、未熟なばかりに、そのように振るまざるを得なかったりでした。
何度考えても、当時の自分にもうひとつの答えや行動は存在せず、今の自分にはもうひとつの答えや行動が存在します。
あの時に違った行動がとれなかったかと何度考えても、きっととれなかっただろうと思います。
違った行動がとれるのは今の自分だけです。
涙が出る事もありましたが、その時、じゃぁ当時は精一杯ではなかったのか、わざと悪意でそうしたのか?と自分に問うと、あの時はあの時でそれが精一杯と答えがでました。
それで少し落ち着いたのを覚えてます。
それらについて、専門家では無いので、どの様な作用があるかは解りませんが、過程ではあるんですね。
まだ未来に向けたエネルギー・・・辺りは感覚的に解りませんが、そうできていくといいです。

投稿: はすち | 2013年8月27日 (火) 13時45分

★はすち様

>違った行動がとれるのは今の自分だけです。

そこに気付いていけたら、受け止め方を変えていくことができますね(^^)。

投稿: リカコ | 2013年8月27日 (火) 14時21分

私も過去の経験の中でトラウマというのはあります。私は、過去の体験の中でうれしかったことより苦い経験のほうが記憶に強く残っています。なぜ失敗したんだろう?原因がわからなければますます落ち込んでいくタイプです。 でも逆に良いことしか覚えていないという人もいてそこが性格の不思議でおもしろいところです。私も逆転の発想でそういう人間を見習って未来志向で近づいていきたいです!!!!今から!!

投稿: スズキ次郎 | 2013年8月27日 (火) 17時09分

★ スズキ次郎 様

性格の不思議、確かにありますね。

好きなおかずを最初に食べる人もいれば、最後まで取って置く人もいるようなもので、その人にとって価値を見出すところの差、なのかもしれません(^^)。

投稿: リカコ | 2013年8月27日 (火) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★学びのメニュー「スピリチュアルweb講座」2期のご案内。 | トップページ | 着物の女性の、思い残し? »