« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の11件の記事

2013年8月31日 (土)

着物の女性の、思い残し?

かなり前の出来事ですが、ふと思い出したので書いてみます。

夜中に、頭の近くに気配がして目が覚めました。

「誰か」が、話をしていました(^^;)。私が気付くよりもずっと前からそこにいて、あることについて話をしていたようです。私に訴えたいとかではなく、その人が話そうとしている場所に、たまたま?私がいた、とでもいうような(でも、私の部屋ですが(^^;))状況でした。

なぜなら、その人は、私が気付いているかそうでないか、私が話の内容に注目しているかどうか等は無関係に、一方的に自分の言いたいことを言っている;かのような雰囲気でもあったからです。

着物姿の女性でした。そんなに古い時代の方ではなかったようです。

話しの途中から聞いたので、前後の関係性がよくわかりませんでしたが、その人は、「膝枕をしてもらいたかった」と。誰に、なのかはわかりませんでした。自分がしてほしかったのか、自分の膝を枕にしてほしい相手がいたのか・・・、年齢が若い雰囲気の女性のようでした。

えっ?膝枕?と、その言葉に、私が反応してしまった瞬間、その姿は消えて、私は猛烈な頭痛に襲われ、翌日になっても頭痛のままでした。

私が反応した瞬間に、波長が引き合って、憑依されたと思います。

霊を見たいとか、霊とやりとりをしてみたいと思う方は少なくないけれど、未浄化な霊と引き合ってしまうと憑依されてしまうこともあるので、霊感というのもそんなにいいものでもないですよ;。メリットもあればデメリットもある、それはどんなことでも共通です。

霊の存在を認識して、声が聞こえているという時点で、もしかしたら少しは憑依されかかていたかもしれませんが、向こうは、私に対して何かを訴えているというふうではなかったので、そこでやりすごしていれば問題なかったのではないかと思うのですが、膝枕と聞こえたときに、「えっ?」と、つい意識がそちらに向いてしまいましたsweat02

どんな事情があったのか分かりませんが、その方にとっては気の毒な事情が何かあったのかもしれないけれど、浄化せずにとらわれてしまうときって、その理由のほとんどが「感情」ですね。

それは、私たち人間も、未浄化の霊も、同じだな・・・と思います。

感情のとらわれ、思い残しは、その人をそこに留めて前進させなくしてしまう力となって作用してしまいます。

今、この出来事をふと思い出して、単に、「こんな経験がありましたよ」という事実として書くつもりでした。

が、書いているうちに、感情にとらわれ動けなくなってしまうことは、私たち人間にとっても同じように、前進できない状態をつくりだすわけで、そのことをある意味、教えてくれているというか、気付かせてくれているような気もしてきて、

私は「そのこと」をお伝えするために、この記事を「書かされた」のかな、と、そんなふうにも思いました。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (4)

2013年8月28日 (水)

必要な時間を捻出するには。

この世において時間は有限です。優先順位をしっかり考え、必要なことに時間と労力を掛けていく意識をもつことは大事です。それを意識するのとしないのとでは、大きな違いがあります。

必要な時間を作り出すためには、出来事や物事を必要以上に複雑に受けとめず、シンプルに受けとめ、ときに受け流していくことも大事です。特に、感情を絡めた解釈をすると、どこまでも複雑になりがちであることを、覚えておきましょう。

いつも忙しくてスケジュールに追われて余裕がない、という人も、実は、自分自身が、物事を複雑にとらえすぎて、時間が使われているだけ、という場合もあります。

本来、出来事そのものも、出来事が起こる仕組みも、いたってシンプルです。そこに、意味を見出すことは、どこまでも広く深く行うことが可能であり、ときにはそうした解釈が有意義になることももちろんあるけれど、日々起こる出来事のすべてに深い意味付けが必要かといえば、そうではないはず。

時間を掛けるべきことに時間をかけ、そうではないことには掛けない、という使い分けによって、時間の余裕はつくられるのです。  

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (0)

皆さんが、透視したものは、こちらかも?

先日、こちらの記事で、「ハンカチの中に入っているものを、当ててください」として、簡単な透視の練習課題を出してみました。

正解は、写真にあるとおり、赤い郵便ポスト型の貯金箱だったのですが、皆さんからいただいたコメントには、やけに、「ぬいぐるみ」「くまのぬいぐるみ」という回答が目立ちました。

なぜ、このように回答が同じ傾向をしめすのだろう?他の人が先に書いたコメントを読んで、それが頭の中に浮かんでしまったのだろうか?と、いろいろ思いましたが、・・・よく考えてみると、「理由」が分かった気がしました(^^)!

講座2期は、9/1からの開始ですが、1期からの参加者の一部が、そのまま継続しているため、既に記事の更新をしていますし、課題も行っています。

そちらで、同じ日に、透視の課題を、内容を変えて出しています。

その正解の写真が、以下です。

Image206


もしかして皆さん、ハンカチの中ではなく、こちらの講座内の課題のほうに意識が向いて、こちらを言い当てていたのではないでしょうか(笑)。

回答の一部を抜き出しますと、

ぬいぐるみ、茶色のなにかぬいぐるみのようなもの、オカリナ(←黄色い鳥のこと?)、黄色のぬいぐるみ、茶色いクマのぬいぐるみ、ねこかくまのぬいぐるみ、クマのぬいぐるみだといいな、小鳥かハムスターのような生きた小動物。または、動物の形をしたフワフワ柔らかいぬいぐるみ(クマとトリ、両方当たっている?)、動物のフィギュア的なぬいぐるみ、茶色の熊のぬいぐるみ!、くまさんぬいぐるみ 茶色、くまのぬいぐるみ、くまのあみぐるみ 、白いくまのぬいぐるみ。、

・・・こちらを言い当てているとしたら、すごい正解率じゃないですか(◎_◎)。

そうそう、こんな回答もありましたね、

「黄色か金色っぽくて四角いもの」 

これは、本の色と形を、言い当てているような・・・?

ハンカチの中として考えると、ほとんどハズレだったのですが、こちらの講座内の課題を当てているとしたら、ものすごい正解率になっていますよね。

・・・それにしてもなぜ、講座内の課題のほうに意識が向いたのでしょう、それも同時に多数の方が(笑)。不思議です。

※スピリチュアルweb講座2期の受付は、本日 8/28迄となります。ご参加いただける方は、早めのお申込みをお願いします。  

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (5)

2013年8月27日 (火)

過去の、思い残しのある出来事を考える。

過去の出来事に対する感情が、未だに心の中を占めていて、悔やんでも仕方が無いと理屈ではわかっていても、感情が納得できずに思い出しては苦しくなってしまうことがあると思います。

そういうときには、このように考えてみましょう。

もしも、今の自分の感覚のまま過去に戻れるとするならば、あのときどんな言動をとるのがベストだったか、と。

そうすると、意外なほどに冷静になれます。

もしも、「今の自分があのときに戻れるならば、きっと違った言動をとっていただろう。そうすれば、今の苦しみはないはずなのに」という答えになるなら、それは、過去から今に至るまでに、考え方が成長(=変化)した証拠です。

そして同時に、それは成長した今だからこそ分かる感覚であり、あの頃の自分ではそう思うことはできなかった(から、過去の言動はその時点での精一杯だった)と気付くこともできるでしょう。

または、「今の自分があのときに戻れるならば、・・・でも、やはり同じ言動しか出来なかったかもしれない」という答えになるなら、そのような自分自身(の過去)を、受け入れていくしかないという気持ちにもなれるのではないでしょうか。

納得できない感情そのものが、そうした思考や分析で消滅するわけではないけれど、当時の自分を今の自分が客観視して考えていくことで、自分の感情との距離がうまれて、そこからいくらか意識を離していくことができます。

そうして「いくらか、意識が離れた」分を、未来に向けたエネルギーとしてつかっていくことができるようになると、過去の出来事が心を占める比率が下がっていくので、だんだんとそのことに対する思いも違ったものになっていくでしょう。   

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (4)

2013年8月26日 (月)

●ハンカチの中には、何が入っている?

★現在、「スピリチュアルweb講座:2期」の受付を行っています。(受付記事は、こちらです

講座では、40件のコラムとは別に、以下のような、参加任意の簡単な課題等も、いくつかまじえて行っていく予定です(^^)。

写真で「この箱には、何が入っているか?」「この写真は、何をあらわしているか?」などの課題を、2週間の期間内で、何度か実施します。

どんな感じなのかを味わうために、こちらでも一問だけ、実施してみます。講座に参加する方も、迷っている方も、ぜひ取り組んでみてください(^_^)。

当たったからすごいというわけでもなく、当てることが目的ではないですが、このようなワークをすると、取り組み方によっては、意識が広がっていき、オーラが明るくなっていく、というメリットが見込めるので、その点を目的として、取り入れていきます。

楽しみながら、軽い気持ちで、以下の写真の、「ハンカチでくるんだ中には、何が入っているか」を、当ててみてください。

ぱっと瞬間的な印象のほうが当たりやすい方もいますし、じっくり時間をかけたて思考するほうが当たりやすい方もいます。自分の得意パターンを見つけていくにも、いくらか役立つかもしれません。

ズバリ当たることが目的ではないので・・・、当たるというのは、そのときの結果にすぎないのでそちらは重視しません。この講座は、スピリチュアルな理解を深めていくことを目的としています。

しかし、こうしてワークを重ねて取り組んでいくことが、備えているセンスの活性化に繋がっていくこともあり、それは感性全体の底上げにもなっていくと思いますので、楽しみながら参加していただければと思います。

では、以下の 「ハンカチでくるんだ中には、どんなものが入っているか」、思い浮かんだものを、コメント欄に、書いてください。

品物名をズバリ答えてもよいですし、形とか、色とか、どんな雰囲気のものかを当てるのでもかまいません。やわらかいものとか、光っているものだとか、そのような答え方でもいいです。

Image201


「回答例」:銀色の時計か、輪の状態になっている金属。牛のぬいぐるみ。明るい感じの透明感のある置物。 等。

どんな答え方でもかまいません。軽い気持ちで、挑戦してみてください。正解は、後ほどUPします。では、お待ちしております。

>>>>

では、回答です。

Image202


写真のとおり、郵便ポスト型の、貯金箱でした。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (39)

2013年8月25日 (日)

★学びのメニュー「スピリチュアルweb講座」2期のご案内。

今月の始めからスタートしていた、「スピリチュアルweb講座」も、残すところ数日となりました。とてもよい学びを共有させていただきまして、私も勉強になったと思っています。参加くださった皆様、ありがとうございました。

それで、良い流れにのって、2期も行うはこびになりまして(^^)、

9/1より、2週間の予定で、「スピリチュアルweb講座:2期」を実施させていただきます。受付は、終了しました。

2期は、1期の中で行っていた、「スピリチュアルに関するQ&A」コラムを継続し、そこに新たな内容として、先週よりこちらでも掲載している、「指導霊からのメッセージ」コラムを加えて、合計で40の記事を掲載していきます。

コメントでの「やりとり」で、理解が深まっていくような形になっていますが、コメントの参加はなさらなくても、閲覧だけでもOKです(1期も、そのような形で参加なさった方もいらっしゃいました(^^))。

専用のwebサイトを用意し、そちらに記事をUPしていく形になりますので、特定の時間にしばられることなく、それぞれのペースで学びを深めていただけます。

 

●期間は、9/1より2週間、その間に40のコラムを掲載していく予定です。

●それ以外に、「簡単な透視の練習」等、参加自由の課題なども加えます。  

●料金は、9,000円となります

お申込みをいただけるのは、今までに有料のリーディングを受けたことのある方が対象となります。

__________________________

見本サイトの記載内容をご確認いただいた上で、正式にこの企画へのお申込みをご希望の方は、

メールのタイトルを「web講座:2期への申込」として、

●お名前、

●簡単なご住所(○○県程度)、

●リーディングを受けたことがある時期(○年前等)、

を、記載の上お送りいだけましたら、正式なサイトのURLとパスワードをお知らせします。(本編のサイトは、上記と同様の形式に、パスワードを入力してご覧いただく形となります。)

料金は、開始日より3日をめどにご入金ください。

皆様と、楽しく学んでいく機会にできればと思っています(^^) どうぞ宜しくお願いいたします。

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

 

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

後頭部の、たましいの眼。

あるとき、江原さんの本を読んでいましたら、「額は、第三の目といわれるところ。後頭部は、霊眼といって、たましいの眼がある場所です。内観の眼といってもいいでしょう。感性の眼ですから・・・(以下省略)」という記載がありました。

この記載を読んで、私はとっても納得がいきました。

霊視や透視というのは、いわゆる第三の目でみるわけですが、物理的に目で見ているように見えるときもあれば、脳内で見る?ような感覚で見ているときもあります。

後者のときの焦点というのは、確かに「後頭部」が関連しているように思います。

(注: 江原さんの本の記載は、この文章で霊視や透視を語っているものではないです。私が、自分の感覚と絡めて、その位置の眼、という表現に納得がいった、ということです。本では、スピリチュアルヒーリングを説明していて、感性の眼が疲れているときには、ここに手を当てていくとよい、ということを説明しています)

たとえば、普段の視点が、以下のように

Image085


目から、普通に見ているとするならば、

霊視や透視の時の、内的なスクリーンに映して見える?ような場合(霊視や透視のすべてが、こうなるわけではないです。そういうふうに見えることもある、ということ)の焦点というのは、もっと「奥行き」があって

Image086_2


このように、後頭部に焦点が存在していて、そこから物理的な目を通して、向こう側をみているために「奥行き」がつくられて、違う次元の何か?が見えてくることが、私の場合は結構あります。(他の方が、どう見えているかは、わかりません)。

たましいの眼、内観の眼というのが使われているんだな、というのがとても納得できました。(そのことを説明した文章では、なかったのですけれど(^^;))

勘のいい人とか、直感的な感覚が冴えている人などは、この部分の眼をおそらく無意識につかっていると思うので、後頭部が疲れたような感覚になることがあるのではないでしょうか。

冒頭の本での説明には、ここが疲れているときには、眼に蓋をするような感じで、そっと手を当てるとよい、と書かれていました。勘のよい人で、感性の眼が使われがちな人は心掛けるとよいかもしれないですね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (5)

2013年8月19日 (月)

基準を使い分ける。

複数の選択肢の中から、自分にふさわしいものを選んでいくとき、いつも決まった基準の選び方で、ワンパターンになってしまうと、その結果もワンパターンになって、可能性の広がりが出なくなってしまうことがあります。

たとえば、「自分の好きなものを選ぶ」という基準も、良いけれども、それがすべての出来事にふさわしいかといえば、そうではないケースもあるでしょう。

または、「未経験のことはなるべく避けて、経験したことがある要素を優先する」という基準が、失敗を最小限にするためには良いけれども、新たな広がりがつくられにくくなるので、その基準がすべてに望ましいとは言えないでしょう。

何を基準にするのがよいかは、目的によって柔軟に使い分けていくのがよいと思います。

「自分の得意パターンを優先する」のはいいけれど、「自分の得意パターンだけに、固定する」のは、世界を狭くしてしまいます。

行動の目的は何かを、しっかりととらえていき、目的にあった選択の仕方を、その都度変えていくことも大事です。ときには現実を優先、また別のときには夢を優先というような、使い分けがあっていいですよね。

いつも同じでなければならない、というルールはないので、自分が充実して豊かになっていけるように、使い分けを取り入れてみましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

すべてが、スピリチュアルではあるけれど・・・。

スピリチュアルという言葉は、「霊的な」という意味を持ちます。

この世の出来事は、実は霊的な存在でもある私たち人間が関わっている以上、広い意味でいえば、すべてがスピリチュアルである、と解釈できます。

つまり、すべての出来事の裏に、何らかの(ほんの少しであっても)霊的な意味なり、働き掛けなりがあるという前提でとらえていくなら、目に映るすべてがスピリチュアル、ととらえることも間違ってはいません。

しかし、すべてにそうした霊的な要素が含まれていて、偶然に起こることはないとはいえ、この世という学びの場所で、限られた時間を過ごす私たちにとって、あれもこれも同じような受け止め方をしていってもキリがなく、学びも進んでいきません。

すべてに霊的要素と意味があって、偶然はないとしても、とりわけ重要な意味を持つこと、霊的な意味合いが大きいことと、そうではないことの差というものはあります。

何にでも意味を見出そうとし過ぎても、こじつけのような大げさな解釈になったり、考え過ぎて決断や行動ができなくなったり、自分で考えて決めるという自主性が発揮されなくなったりすることもありますので、こだわりすぎないことも大事です。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

ご相談者さんを好きになる?

私は、リーディングセッションをしている間、そのご相談者さんのことが、「とっても、好きなような、気持ち」になることがあります。

「好きになる」という表現だと、ちょっと何かが違います。「好きなような、気持ちになる」という、ワンクッション置いた表現がしっくりくる感覚です。

セッションの間は、守護霊の方に焦点をあてていますので、私も、その方を見守る守護霊の感覚にかなり同調しているのだと思われます。それで、好きなような気持ち、が、でてくるのでしょう。

よく、霊能者が書いた本で、「守護霊が抱いている愛はとても大きい」などと、書かれていることがあると思いますが、それは、このような感覚を体感することからそう解釈されているのではないかと思うのです。

セッションが終わって、少し時間が経つと、我に返って「あら?何であんなに、好きなような気持ちになっていたんかいな~」と思うのですが、何度それを繰り返しても、仕組みを理屈で分かっていても、それでもやっぱり、「そうなる」のです(^^;)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

合うものを選ぶか、合わないものを省くか。

「自分に合うものを選ぶことが得意」な人もいれば、「自分に合わないものを見つけて省くことが得意」な人もいます。

選択の際には、得意な方法を糸口にしましょう。

苦手な方法で取り組み、自分と状況を混乱させることは遠回りになります。

前者が得意な人は、ストレートにひとつを選ぶのがよいでしょう。

後者が得意な人は、消去法を使います。合わないものを省いていくことで、選択の範囲を少しでも狭めていき、無難な線までもっていくという選び方をしていきましょう。

自分はどちらが得意なのかを見分ける目安として、他人への観察力を使ってみましょう。

他人の優れているところや素晴らしいところを見つけるのが簡単に出来る人は、前者のほうが得意であることが多いでしょう。肯定的なほうに、意識が合いやすいタイプです。

他人の嘘がなんとなく分かったり、短所が目についてしまうことが多い人は、後者のほうが得意だと思います。違和感やアンバランスを把握するセンスを持っている人は、嘘の雰囲気を感じ分けることができます。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (8)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »