« 謝らない人は、頑固で自己中・・・とは、限らない。 | トップページ | 自分の才能や長所を分析するのが苦手な人へ、とり組み方の一例。 »

2013年6月 4日 (火)

望ましい人間関係が、どんどん広がっていく時期。

新たに出会う人が、とても良い人だったり、楽しくて刺激を与えてくれる人だったり、または、「このようなタイプの人と出会いたい」「このような分野に関わっている人と知り合いたい」と以前から思っていたような出会いが実際に作られていくなど、自分にとって望ましい人間関係が、勢いよく広がっていく時期があります。

そのような状況になるときは、「自分が成長したとき」であり、そして「霊界からの強いバックアップがあるとき」です。両方の要素が重なったときに、人間関係が(今までと比較して)大きく広がりを見せていきます。

なぜなら、この世におけるほとんど学び、「必要な経験」、「挑む課題」というものは、人を通して与えられ、学んでいくものなので、自分の器が大きくなったとき、そして、そしてそれに見合った学びを与えていこう、という状況が作られたときには、まずは、「人」に関することにその反映があることが多いのです。

霊界が、私たちを見守っているのは、特定の理由がある時だけでなく、常にそうであって、繋がりが切れることはないのですが、そのような中でも、とりわけ、バックアップが大きくなることがあります。

広い意味で、何らかの、たましいの成長が見られたときに、上記のような現象はつくられていきますが、特に、「今までよりも、深く、そして前向きに、自分の人生について考え出したとき」や、「自分という存在について、探求をし出したとき」や、「(自分以外の)外に向かいすぎていた意識を、自分の中心も向けていくようになり、あるべき状態を取り戻したとき」などに、そのような現象が起こることは多いです。

成長に伴って、必要な学びの要素は、与えられていきます。学びといっても、苦難にみちた忍耐を伴うことばかりではないので、楽しみも、喜びも含めた、たくさんの感動に繋がるものも含まれます。

それらのほとんどは、「人」を介して与えられるものなので、それを受けとめるための必要な器として、人間関係の広がりが作られる、とも言えますし、受けとめる器となる人間関係が容易されているから、それに比例して、たくさんのものが与えられる、とも言えますし、それは、両方が当てはまるのでしょう。

自分の成長というのは、なかなか自覚しにくいものです。自分が自分を見る、というのは、距離がないので、他人を見るようには意識がしにくいもの、ですよね。

しかし、それらは、自分の周囲の様子に反映していくので、周囲をみれば自分がわかります。広がりを見せ、豊かになっていく人間関係から、自分の成長がわかるのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 謝らない人は、頑固で自己中・・・とは、限らない。 | トップページ | 自分の才能や長所を分析するのが苦手な人へ、とり組み方の一例。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しいブログをありがとうございます。斬新かつユニークで、具体的で分かりやすいです。
今回のテーマも素敵ですね。
周囲の人は自分の鏡とよく言いますが、それについて理解を深めたり、また、その人達とのベストな関係の構築や対応に正面から向き合うと、良い『卒業』や『出会い』が訪れやすくなる気がします。
ちょうど、今日仕事のチーム編成で素晴らしいメンバーに恵まれて喜んでいた所でしたので、嬉しくなってコメントさせて頂きました。

投稿: 目黒のすずめ | 2013年6月 4日 (火) 23時12分

★目黒のすずめ さま

自分以外のすべてのことに、自分が何らかの形で反映していくものですが、中でも、人間関係には「動き」があるので、その差や変化が、分かりやすく現れるのでしょうね(^^)。

投稿: リカコ | 2013年6月 5日 (水) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謝らない人は、頑固で自己中・・・とは、限らない。 | トップページ | 自分の才能や長所を分析するのが苦手な人へ、とり組み方の一例。 »