« 「思い込みが強すぎる人」との、付き合い方。 | トップページ | 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 »

2013年6月20日 (木)

人間関係とは、完全ではない、個性の違う人同士の関係。

自分と他人は、違う個性をもった違うたましいをもつ存在なので、人と人が関われば、そこには、少なからず相違や対立等が発生するものであり、つまりは、人と関わることには、ストレスが生じることになります。

そのため、人間関係を、煩わしいこと、遠ざけたいこと、できるなら避けたいこと、というように、否定的にとらえてしまうことがあると思います。

一口に人間関係といっても、実際には幅広いわけで、中には、居心地のよい関係、楽しい関係もあり、人間関係のすべてが嫌だと思っているわけでもないのでしょうが、しかし、嫌なことのほうが、嬉しいことよりも、印象に残りやすいために、人間関係を全否定したくなるような、そんな心境になってしまうのかもしれません。

私たちがこの世に生まれてくるのは、広い意味でいえば「学びのため」です。

その学びには、他人との関わりは避けて通れません。人は、ひとりでいきていくことはできないからです。

たとえば、喜怒哀楽の経験も、ひとりだけでは浅いものにしかなりません。それらの感情を発生させるのは自分自身だから、他人と関わらなくてもできるじゃないか、と思うかもしれませんが、感情をわき起こすためには、何らかの刺激が必要です。

誰かが、自分を喜ばせるようなことをしてくれた、とか、何かの出来事が自分を怒らせた、とか、外の刺激があってこそ、感情が動いていくわけです。

他人という、自分とは違う個性との関わりがあるからこそ、私たちは、この世という場所で、たくさんの広くて深い、経験を積むことができるのです。

この世という場所は、本質が霊(的存在)である私たちが、人として経験を重ねる場所です。人は、ひとりでは、生きられないようになっていて、それぞれが助け合ったり、補い合ったりしながら学ぶために、それぞれが「完全ではない形で」個性を備えて、この世に生まれてきて、与え、受け取るという学びをしています。

嫌だと思う相手を、好きになる必要はありません。そこまでしなくても、感情的には嫌いなままでも、相手の存在意義や個性を認めることはできますよね。認めるとまではいかなくても、少なくとも否定はしない、くらいには、時間を掛けていけば思うこともできるでしょう。

それで十分なのです。そうして、自分以外の人間関係を、少なくとも否定はせず、ときに、必要な場面では助け合い、お互いに与え、受け取るという関わりをもち、人の多様性を経験から学んでいくことが、この世に生きる意味のひとつです。

少なくとも否定はしない、表面だけでも、そのようにとらえていくように、少しずつでも心掛けると、だんだんと、時間とともに、他人という存在を、肯定的にとらえられるようになっていきます。

この世には、時間という、偉大な仕組みがあります。時間が、その学びを後押ししてくれます。

そもそも、完全ではない人同士の関係なのだから、そして個性が違うのだから、多少は、「いろいろあるのが、当然」なのです。

そのくらいの気持ちでゆとりをもって、そして、成長のために、自分とは違う個性をもった人から学びを得ていく、という意欲をもって、臨んでいきましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 「思い込みが強すぎる人」との、付き合い方。 | トップページ | 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

「全ての人と、よい関係を作ろうとしなくてもいい」の記事のときもそうでしたが、この記事にも 心が救われました。

嫌だと思う相手を好きになる必要はない、でも、相手を少なくとも否定しない。。。自分に合わない人たちを今まで 徹底的に避けて否定してきた私ですが、それでは学びにならないのですね。

否定的な気持より認めようという気持ちでいるほうが、なんだか自分がゆるやかになれるような気がしました。

子育て中の私には、ママ友とかいろんな付き合いがありますが、無理しないでつきあえていけそうな気がします。
同時に、大事にしたいと思う人は誰なのかがみえたような気がします。

いつも勉強になる記事をありがとうございます(*^_^*)

投稿: ぽとす | 2013年6月22日 (土) 21時51分

★ぽとす 様

なぜ否定し続けてしまうかというと、(相手を)否定すればするほど、(相手を否定している)自分が肯定されるような気持ちになるから、という理由も含まれテいることが多いと思います。

しかし、実際には、相手を否定したら、「相手を否定したという事実が、残る」だけであり、そのことで、自分が肯定されるわけではない、それとこれとは別問題ですので、そこを理解していけば、割り切っていけるように思います。

自分の肯定は別の方法でとるべきであり、相手を否定する行為では、自分の肯定にならないと、まずは頭で理解することが大事かな、と(^^)。

投稿: リカコ | 2013年6月23日 (日) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「思い込みが強すぎる人」との、付き合い方。 | トップページ | 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 »