« 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 | トップページ | 「自分という実感が薄い人」の、自分探し。 »

2013年6月24日 (月)

ひらめきを重視し過ぎて、ワンパターンに偏ることがある。

私達は、誰もが霊的な感性を持っていて、霊的な叡智を受け止めることができます。 その、受け止め方のひとつに、瞬間的にひらめく、という形でのインスピレーションがあります。

唐突なひらめきというのは、自分の外側の、より大きな意識から、そうなるべくしてもたらされた叡智、というふうに受けとめがちになるためか、(それが、違うとはいいませんが)、スピリチュアリズムに関心がある人の中には、この、唐突なひらめき系のインスピレーションを、必要以上に重要視して、それ以外を軽視する傾向が見受けられます。

しかし、ひらめく、というのは、インスピレーションの、一形態でしかありません。それだけが、叡智の受けとめ方ではありません。私たちに備わっている霊的な感性とは、一つの形態でしか受信ができないような、限定された狭いものではないからです。

平均よりも、感性が鋭いタイプの方は、「ひらめきを重視することで、実は、ワンパターンになっている」ことがあるので、注意が必要です。

矛盾しているようですが・・・、ひらめきが冴えている故に、逆に、感性が限定された使われ方になってしまうことがあるのです。

インスピレーションが冴えている人でも、どんな分野にもオールマイティーに冴えが発揮できるわけではなく、ひらめきが冴える対象とそうでない対象があります。つまり、得意分野と、そうでない分野があるのです。

得意分野には、「こうすれば、うまくできる」という、自分なりの成功法則のようなものがあると思います。コツや応用を、無意識に、自然に、スムーズにできる分野って、ありますよね。自分がうまくスムーズに出来ている、という意識すらしないくらいの、自然さで行えてしまいます。

ひらめきも、冴えが発揮できる得意分野ほどよく働きますので、「無意識、自然、スムーズ」に、どんどんひらめきがやってきまて、つまり、「自分にとって、無意識、自然、スムーズなひらめきという、パターン」が重ねられ、強固なものとなっていきます。

私達は、肉体という限定された物質をまとっていますので、感性の働き方も、その人の個性というフィルターを通して受けとめたものとなり、受け止め方には、その人の個性や解釈というバイアスがどうしてもかかってしまうことは否めません。

その状態で、自分にとって、無意識、自然、スムーズである、ひらめきとは、「決まったパターン」になりがちです。いろんな、豊富なアイデアを、ひらめきでキャッチしているように思えても、それは、「自分の得意パターンという、同じ形式」になっていることも多いのです。

それが、悪いということでは、ありません。ある意味、だからこその、その人の独自性がある、とも言えます。

私達が受けとめられる、霊的な叡智というのは、本来は幅広いものなのですが、まんべんなく受けとめられるものではなく、人により、受けとめやすい範囲、分野、形式があるわけで、ひらめき「だけ」に頼ると、自分の外側から広大なものを受けとめているつもりが、実は、とっても限定された範囲に自分を固定させてしまうこともある、という点を理解しておくことは大事だと思います。

では、そうならないように、せっかくのインスピレーションをより広く働かせるためにどうすればいいか、というと、ひらめきだけに頼らずに、広くさまざまな現実の経験や知識を、自分の引き出しの中に、貯めておくことなのです。

そうすると、経験や知識と、インスピレーションが、掛け算となり、広がりが出てくるからです。同じ要素は、足し算になり、少しずつしか数字は増えませんが、違う要素同士は、掛け合わされて、大きな数字になることができます。

本当の意味で、深い霊的な感性を持っている人は、誰にも教えられなくても、このことを理解しているので、知識や経験の積み重ねをおろそかにすることがありません。一見、手間が掛かって遠回りにみえても、これこそが一番の近道で、自分を成長させ、そして叡智を受けとめやすくする方法であることを、分かっているからです。

唐突なひらめき、というのは、ほんの小さな一部でしかないのです。「掛け合わせ」があってこそ、広がって活用されていく、叡智と成り得ます。

ひらめきを活用していくためには、それをうまく活用できる土台、素地が必要です。ひらめきという、インスピレーションは、とても素晴らしいものです。けれど、それ「だけ」では、自分では、さまざまな方面で受け止めが出来ているように思えても、実は決まったパターンになっているかもしれません。

私自身も、自分がとっても直感的であるという認識があるので、唐突にひらめいたアイデアは、少し寝かせておきます。そうせずに、ひらめきですぐに行動をすると、結果としてかなりの遠回りになってしまう;ことを、何度も何度も経験して、そして学んだからです。

基礎となるもの、掛け合わせの材料となるものが、自分の中に備わっていてこそ、ひらめきが効果的に活用されていくものです。知識や経験、思考や分析を軽視せずに、広く受けとめていくことが大切だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 | トップページ | 「自分という実感が薄い人」の、自分探し。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

私は無意識に、直感と自分のバイアス(経験、知識等)を掛け合わせていました。

そして、その答えに対し、相対する2つの要素(霊的、私の考え)を含むが故に、霊的なものと断定する自信が持てず、妄想(思い過ごし)と処理していました。

しかし、それらを妄想と仮定しても、それには出発点(直感?霊感?)がある為に、完全に妄想と見なす事も出来ませんでした。

よって、受けた霊感を、そのまま自然な形で受け入れる事が出来ず、それらを自身のバイアスを通して理解してしまう癖?を、“猜疑心の強い性格”と判断していました。
でも、その結果である答えも“霊感”と見なして良い事を知り、長年の疑問が解決し、スッキリしました。

スピリチュアル系の話題は、友人間の会話に出ることは皆無なので、疑問があっても、いつも一人で堂々巡りだったので、本当に今回の記事は有益でした。

投稿: 理数系 | 2013年6月25日 (火) 05時46分

★理数系 様

>私は無意識に、直感と自分のバイアス(経験、知識等)を掛け合わせていました。

この世で霊感100%になれる人は誰もいないので(肉体をもっている以上、100%というのは不可能です)、誰もがバイアスは掛かっていきますね。


>相対する2つの要素(霊的、私の考え)を含むが故に、霊的なものと断定する自信が持てず、妄想(思い過ごし)と処理していました。

両方が含まれているのだから、それは「そういうもの」「どちらとも言えないもの」と受けとめていけばよいわけで、霊的なものと「断定」はしなくてもいいのではないでしょうか。それを「断定」してしまうと、むしろ別の意味でバイアスが掛かると思います。


>よって、受けた霊感を、そのまま自然な形で受け入れる事が出来ず、

受けた霊感を、そのまま自然な形で受け入れるのが「よい」とは、私はどこにも書いていないと思います(^^;)。

>その結果である答えも“霊感”と見なして良い事を知り、

「その結果である答えも、霊感と見なしてよい」と、私はこの記事のどこかに書いてあるでしょうか。


そういうこともありうる、という話や、一見、いかにも霊的とは分からない形で霊感を使っていたり、何かを受けとめたりすることがある、という話と、「霊感と見なしてよい、という断定」とは、イコールにはならないと思います。

コメントを拝見する限りでは、ご自分の思っていることを肯定するために、ご自分の解釈に引き寄せすぎて、そこに「バイアス」が掛かっているように思われます。

「このような仕組みになっている」「だから、このようなこともあり得る」という話と、「それは霊的なものと断定できて、妄想と見なすことは間違いで、霊感と見なしてよい」という話は、イコールにはならないと思いますし、

また、霊的なものや、霊感といわれるものにも、高いものから低いものまでさまざまなので、霊感であれば正しい、霊的であればよい、とは一概には言えないので、だからこそそこに理性を意図的に働かせていく意味があると思います(^^)。

投稿: リカコ | 2013年6月25日 (火) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 | トップページ | 「自分という実感が薄い人」の、自分探し。 »