« 人間関係とは、完全ではない、個性の違う人同士の関係。 | トップページ | 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 »

2013年6月21日 (金)

この時期の暑さを、事前に「分かっていた」話。

霊的な感覚により、何かの情報をキャッチすることができる、というと、多くの人は、その様子が透視的に見えるとか、霊がそのことを告げてくる声が聞こえるとか、そういうケースをイメージするのではないでしょうか。

けれど、それらは、霊的な作用の、ごくごく狭い範囲の一部にすぎず、他の伝わり方もたくさんあります。

様子が透視されたのでもなく、霊のお告げが聞こえたのでもない、まったく違う方法でキャッチすることがある、という、一例を、私の最近の経験から書いていみたいと思います。

先日は、関東が20度前半の気温だというのに、北海道の一部では、30度を超えたりして、こちらもかなりの暑さになっています。といっても、こちらは梅雨がなくて湿度が低いため、体感温度は、本州とはまったく違うとは思いますが。

私は、今年の札幌が猛暑になることを、事前に、把握していました。

しかし、それは、猛暑になることが視覚的に「見えて」いたわけでもないし、霊界から、今年は暑くなるとよと、「告げられた」のでも、ありません。

では、どうやって、私はそのことを把握したのかそのことを書いてみます。

今年の札幌は、4月~5月はものすごく寒かったです。例年、5/1くらいに桜が咲きますが、今年のその時期はまだ気配すらなく、連休をすぎても同じ、結局、桜はいつ咲いたのか、よくわからないままシーズンが終わっていきました。

「今年は、桜はもう咲いたのでしょうかねぇ?」、「さあ、どうなんでしょうね」という会話が、あちらこちらでかわされました。例年の開花時期になっても咲かない、というニュースはたくさん流れたのですが、咲いたことはそれほどニュースにならなかったのかもしれません。

本当に寒くて、夏のイメージが出来ないくらい、まったく気温があがらない春でした。

道内各地で、イベント会場の花が咲かなくて困っている、今年は大雪で雪解けも遅かったので、土が乾かずに農作業のスタートが遅れて困っている、そんな話題が多かったです。

外に出れば風が冷たく、「とても5月の気温には思えないね」と、誰もが思っていた時期に、私は、今年の札幌の暑い夏になることを、ある方法でキャッチしていました。

5月の下旬に、「さっぽろライラック祭り」という行事があります。・・・が、書く前からおわかりのとおり(笑)、今年は、祭りの時期にライラックが咲いていないという状況になりました。

そんなある日、私は、いつものようにジムにいき、更衣室で着替えをしていたときに、周囲の人の会話からこんなひと言が聞こえてきました。

「今年の夏は、暑くなるかもしれない」、と。

えっ、この寒い時期になぜその話題?と、不思議に思うくらい、その時点での気温からは、想像がつかないことでした。

その方の話によると、なんでも過去の統計で、ライラック祭りの時期にライラックが咲いていなかったことが、過去に4回あって、今年で5回目だそうです。

そして、過去の4回がすべて猛暑だったそうで、統計からいくと今年も猛暑になるのでは?とか、そんなことをテレビだか新聞だかで見たとのことでした。

統計というのは、過去がそうだったということであって、未来もそうなるとは限らない、あくまで「一定の傾向が見て取れる」というものですよね。なので、過去の4回がそうだといっても、5回目の今年もなるとは、実際には結果が出てみるまでわからないわけです。

そして、そんな話が現実になるとはとても思えないような、寒い5月の時点の話です。

しかし、私は、その話を聞きながら、「それは、事実となって、今年は暑くなるだろう」というのが、「分かった」のです。ある意味、直感的にというか、「なる」ということが分かりました。

以降も寒さは続いたのですが、6月の半ばになると、まるで7月のような気候になって、「やっぱりね」と思いました。あのとき、更衣室での女性達が話していたことは、そのとおりになった、と。

他人の会話は会話でしかなく、統計は統計でしかなく、それらは日常のどこにでもそしていくらでも普通に存在する出来事です。が、そのときは、「それが、当たる」ことが、「分かった」のです。

つまり、私は、霊的に見えたのでもなく、霊的に聞こえたのでもなく、直感的に把握をしたのですが、その直感的な把握も、私の心にダイレクトに届いたのではなくて、周囲の人達の会話を通して、それが事実になるだろうと思った、という形で受けとめたものでした。

それのどこに霊的な作用が関連しているかというと、タイミングよくその話を耳にすることになったという点と、それを聞いたときに、この話のとおりになるだろうと分かった、という点です。

私が直接、透視をしたり霊のお告げを聞いたりしたわけではありませんが、私にそれを受けとめる霊感がなければ、そのままやり過ごして特には気に留めなかったと思いますので、ダイレクトなキャッチではないけれども、広い意味でいえば、これらも霊的な感性を働かせて分かったことになると思います。

きっと、皆さんも、これらと似たような形で、いろんなヒントなりメッセージなりを受け取ることはあると思うし、出来ると思います。

このようなケースもあり得る、という知識がつくと、それ以降、気付きやすくなっていきますので、興味がある方はちょっと意識してみるといいかしれません。

私にとって、このような出来事はまったく珍しくなく、たくさん起こるので、そのほとんどが特別な印象には残らずに過ぎ去っていきます。なのに、この件はなぜか印象深く覚えていて、ひと月近く経った今でも覚えていました。

それは、きっと、このことをブログに書くために、経験させられた出来事だったという側面もあるのではないかと思っています。ということは、書くことで誰かの役にたつこともあるのだろうと、2時間近く掛けて、長文で書いてみました(^^;)。 ・・・長かったです;。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 人間関係とは、完全ではない、個性の違う人同士の関係。 | トップページ | 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

リカコ様のような強い霊感はありませんが、私も時々似たような感覚(直感)を感じることがあります。

最近でいうと、無料メッセージ企画をお願いした時です。
直感なのか感覚なのかわかりませんが、「リカコ様が私をみにきている!!」とわかったことがありました。
まるで リカコ様の視線を感じたかのような感覚。

ほかにも、普段視界に入ってもなにも感じないものが妙に気になった時、後になって必要なものだったり紛失したり・・・。

以外とこういうことを文章にするのって難しいですねsweat01
でも、リカコ様の言いたいこと、すごくわかります!

文章が雑ですみませんm(__)m

投稿: ぽとす | 2013年6月21日 (金) 22時13分

★ぽとす 様

>直感なのか感覚なのかわかりませんが、「リカコ様が私をみにきている!!」とわかったことがありました。

これは、結構、分かる方は多いようですね。ちょうどその時間か、またはそれより早い時間に、「何かの気配」を感じる方がいるようで、私が作業に取り掛かる前に、すでに霊界のほうでは動いているということなのかな、というふうに解釈しています(^^)。

>以外とこういうことを文章にするのって難しいですね

そうですね、形のないものを文章にするのは本当に難しいと思います。

投稿: リカコ | 2013年6月22日 (土) 09時29分

文章に二時間近く掛けたそうですね!
久し振りにブログを拝見させて頂きました。ありがとうcatheart01

投稿: ハナ | 2013年7月 5日 (金) 15時01分

★ハナ様

何かのお役にたちましたら幸いです(^^)。

投稿: リカコ | 2013年7月 5日 (金) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間関係とは、完全ではない、個性の違う人同士の関係。 | トップページ | 思いも行動も、放ったものが返ってくる(カルマの法則)。 »