« 平均よりも、少し遅れて「自己表現」や「成長」の時期を迎えた人の注意点。 | トップページ | 自分を満たしてくれるのは、「自分」であり、「他人」である。 »

2013年6月13日 (木)

自分の才能や長所を分析するのが苦手な人へ、とり組み方の一例。

誰の中にも、まだ十分に成長してない、種のままになっている、たくさんの可能性があります。使われていない、才能や長所がたくさんあります。自分の中にあるそれを、見つけるための、工夫の仕方について書いてみます。

そのためにどうすればいいか、おそらくほとんどの人が、自分を見つめて分析をしてみることが有効だ、と、思い浮かべるのではないでしょうか。そのとおり、自分を見つめ、どんな才能や可能性があるかを把握していくことが大事です。

けれど、それが簡単に出来るなら、悩みも迷いもしないわけで、実際に取り組んでみても、うまくいかない、分からない、という人が多いのではないかと思います。

自分で自分の才能や長所が見えにくいのは、距離がないから、です。見る人と、見られる人が同一ですから、客観視をするための距離がなく、自分の顔は自分の目で見えないのと同じです。

それを解消するための練習として、距離があって見えやすい、他人を見ていきます。

他人を観察して、その人の言動、振る舞い、活躍ぶり、好きなこと、得意なことなどについて、「他人を分析」して、「他人の才能や長所、可能性の種について、自分なりに探す」ことに取り組みます。

分析した答えが、正しいかどうかは別です。そこは、とりあえずは重要視しません。とにかく、他人を分析をして答えを出すことが、自分で自分を見るより簡単である、というのがポイントです。

そうして、「才能や長所について、観察して、探しだし、答えを見つける」という行動を積み重ねることで、自分の中に、そのような見方のパターンを作っていくのです。

その取り組みをいくつかやってみてから、「同じような視点の向け方で」自分に対する分析をしてみましょう。

他人を分析して、他人のことに答えを出す、という練習をしていき、その経験を、自分に当てはめていくという工程を加えていくだけで、とっても分析がしやすくなっていきます。

それで上手くいく場合は、「自分の才能や長所がわからない」という状況になったのは、その考え方に慣れていなかっただけ、コツがつかめていなかっただけ、であることがわかります。

他人のことを題材にしてもなお、他人の才能や長所を見つけることができない、自分も他人も同じように難しい、という場合は、また別の原因があり、おそらく、才能、とか、長所、という、定義をつけていく力が発達していないのかもしれないですね。

その場合は、また別の取り組みが必要になると思いますが、どちらにしても、まずは、練習をしてみると、そこから一歩進んでいくことは出来ると思いますので、自分の才能を見つける力をつけるために、他人の才能を見つけるための観察を、行ってみてください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 平均よりも、少し遅れて「自己表現」や「成長」の時期を迎えた人の注意点。 | トップページ | 自分を満たしてくれるのは、「自分」であり、「他人」である。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平均よりも、少し遅れて「自己表現」や「成長」の時期を迎えた人の注意点。 | トップページ | 自分を満たしてくれるのは、「自分」であり、「他人」である。 »