« 自分を信じる気持ちを、見出すための思考。 | トップページ | ある青年の、前世。 »

2013年5月19日 (日)

霊の憑依は、小さいものなら、日常よくある現象です。

「霊の憑依」という言葉は、怖いものに思えてしまうかもしれませんが、実は、プチなものも含めれば、「日常、誰にでも、普通に起こっている現象」であり、それほど気にすることでもありません。

すべての現象は、「波長の法則」という、自分と同じ要素のあるもの同士がで引きあう仕組みで、霊的現象も例外ではありません。

自分の波長が高まれば、高いエネルギーに共鳴し、波長が下がってしまえば、低いエネルギーに影響されますので、自分の状態が低いときに、霊の憑依のような現象が起こることがある、という、とても単純な仕組みです。

誰でも、日々、状態は変化します。とても明るくて元気な人も、つかれて体力が落ちてしまうこともあれば、悩みごとだって発生することもあるでしょう。ずっと同じ状態ではいられない以上、誰もが「憑依現象に合う可能性は持っている」と言えます。

けれど、波長は変化しますから、低い状態から脱して、元の状態に戻っていければ、ひきあう部分がなくなるので、憑依現象も自然に解消されていきます。

霊に憑依されたとしても、特別な「除霊のための技法」をしなければ、除かれない、というわけではありません。そこまでしなければならないとなったら、本当に深刻な憑依現象であり、そんなケースばかりではないのです。

日常のプチなものなんて、誰でも普通にされていて、ついたり離れたりしているのだから、気にしすぎると、逆におかしなことになります。心配や不安の気持ちが、ますます自分の波長下げて、余計に深刻な状態を作り上げてしまうこともあります。

自分の波長を高く保っていれば、そう簡単には憑依などされませんし、仮にされたとしても、長期に至ることはありません。

霊感が強い人は、平均的な人に比べて、あらゆる意味で霊的なものと引き合いやすいとは言えますが、しかしそれでも、気にし過ぎないことも大切です。霊感が強い、というだけでは、深刻な状態にはなりません。そのときの波長、コンディションの影響が掛け合わせだからです。

自分が高い波長を保っていれば、それらの現象とは無縁でいられます。

仮に、一時的に状態が下がって、憑依現象があったとしても、自分が低いコンディションから抜け出していけば、それで自然に、低い現象からも切り離されて、元に戻っていけます。

結局すべて、自分の問題、なのです。

自分に何も原因がないところで、自分の状態と連動していない憑依が発生することはないので、「霊に憑依されて、悪影響を受けているのではないか」と、心配なときは、「自分の今の状態は、波長が高いといえるか」と、考えてみてください。

そして、必要があるなら、自分を高める努力や工夫をしていけば、仮に憑依がそのときあったとしても、状態が整ったり向上したりすることに比例して、そのうち自然に切り離されて解消されていくでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 自分を信じる気持ちを、見出すための思考。 | トップページ | ある青年の、前世。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

以前から気になっている事があるのですが、ピントがずれていましたら申し訳ありません。
いても不思議じゃないなぁと思う場所を通りかかった際に、
何度か、腰にざわざわとした違和感が生じたり(ちなみに腰痛持ちです)、
或いは、肩から背中、腰にかけて、急にふっと軽くなったと同時に、
週の半ばで体力面では疲れているはずなのに、
気分がウキウキと楽しくなり、なんならスキップしたい位という事が時折あるのですが、
これも憑依に関する一種なのでしょうか?

投稿: はな | 2013年5月31日 (金) 12時07分

★はなさま

コメント欄でのご質問は、広く「一般的なこと」に限らせていただいています。個人的な事柄に関するご質問は、コメント欄では回答できません。

どうぞご了承ください。

投稿: リカコ | 2013年5月31日 (金) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分を信じる気持ちを、見出すための思考。 | トップページ | ある青年の、前世。 »