« 私の、シンボリックな透視が構築されるまで(いまだ模索中ですが:)。 | トップページ | 家族は、感謝の対象。 »

2013年5月31日 (金)

豊富な知識が、思考を助ける。

ある事柄について、思考をして答えを出す、ということは、「自分の知っている知識や経験に、その出来事を結びつけて、自分なりの答えを出していく」という、流れになっていくと思います。

思考というのは、ほとんどが、そのような「結びつけ」「関連づけ」によって行われます。

たとえば、「アメリカの主食は、日本と違って、米ではない」という「知識」を持っていれば、「アメリカ人の友人が、米を主食にしている」という話を聞いた場合に、「へえ、それはめずらしいことだね」という、思考による判断ができます。

アメリカの主食がパンだと知らなければ、同じ話題を聞いても、「ああ、そうなのね」としか反応できません。「めずらしいね」と思うことができるのは、知識があるから、です。

たくさんの知識や経験があれば、それに基づく判断ができます。結びつける項目がたくさんあるので、その中から、最もふさわしいものを選ぶという、幅広い解釈ができることになります。

思考が得意な人、会話が上手な人は、知識が豊富であるのと、知識と出来事を「結びつけて解釈する力」が発達しているので、その状況に適した判断をしたり、話題や受け答えを選んだりできます。

少ない知識しかないと、思考の際に、結びつけられる項目が少ないので、「考えても、分からない」「考えても、答えが出せない」という状況になりがちです。それでも無理に少ない知識を結びつければ、極論や飛躍のような、「無理なこじつけ」になることもあるでしょう。

思考をしてふさわしい答えを出すためには、「結びつける力が発達していること」が必要ですが、その力を発揮するための、必要項目となる「知識」も大事です。どちらが十分でなくても、適切な答えを出しにくくなります。

思考が苦手、どのように考えたらいいのか分からない、考えても答えが出せない、という人は、「自分には、結びつける力がない=思考力がない」というふうに解釈して、悩んでいることが多いけれど、必ずしもそうとは限らず、単純に、知識が少ないために、思考の力を発揮できないだけ、というパターンもあります。

知識や経験は、思考の力を底上げしてくれます。

思考が苦手という感覚は、もしかしたら、知識や経験を増やしていくことで、解消できる要素かもしれませんので、是非、分析をしてみてください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 私の、シンボリックな透視が構築されるまで(いまだ模索中ですが:)。 | トップページ | 家族は、感謝の対象。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の、シンボリックな透視が構築されるまで(いまだ模索中ですが:)。 | トップページ | 家族は、感謝の対象。 »