« 「使命」を意識する時期。 | トップページ | 望ましい人間関係が、どんどん広がっていく時期。 »

2013年5月29日 (水)

謝らない人は、頑固で自己中・・・とは、限らない。

どんな失敗をしても、責任の所在は明らかにその人にある場合でも、決して謝らないタイプの人が、いるものです。

そういう人は、とても頑固で自分の非を認めたくないのだ、とか、自分に自信がありすぎて非を認められないのだとか、そういう解釈をされることが多いです。確かに、そういう場合もありますが、中には、「謝り方が、分からない」というケースもあります。

頑固なのでもなく、自信持ちすぎなのでもなく、単に、そういう場合に、謝るものだ、ということが分からない、謝る必要性は理解していても、謝り方が分からないので、行動に移せない人が、結構いるのです。

強く自分を主張して意見を曲げないとかではなくて、どこが誤りポイントなのかが分からない、うまくいっていないことは理解していても、具体的にどこが悪いのかが分からないので、謝れない状態を、周囲の人達が誤解して、勝手に「あの人は自信過剰だから」とか「自分の間違いを認めない狡さがある」などと定義をつけていき、そうすると、他人にそれを尋ねるきっかけもなくして、謝れなくなってしまう、ということも、あるんですよね。

このようなケースは、その人の持って生まれた性質が関係していることもありますが、比率としては、後天的な、育ち方に起因していることが少なくないように思います。

親がなんでも認めて甘やかしてしまったとか、逆に、親が過干渉になって手を掛けすぎてしまったケースは、自発的に謝るとか、求められて謝る、という機会を経験していないため、そういう場合に一般的にどのような対応を求められるか、というのが、分からないことがあるのです。

「理解しようとしない」人に、理解を望むは、実際のところとても難しいですが・・・、「経験が少ないから、分からない」だけならば、手本を見せて、言葉を尽くして説明していくことで、時間を掛けて少しずつでも分かっていくこともあるかもしれません。

どんなことにも言えますが、そうなるに至る理由はひとつではないので、人の数だけ、独自の理由がありますから、簡単にひとつの定義で人を決めつけたり裁いたりせずに、「いろんなケースがありうる」という理解が大事だと思います。

その人が謝らない人だとして、頑固で自己中だからそうなるのか、それとも謝り方が分からないからそうなってしまうのか、自分が被害を受けたとか迷惑を掛けられているとかの感情は抜きで、冷静になってその人を理解しようと気持ちを寄せていけば、おおよその判断をつけることは、できると思います。

いろんな人がいますから、多様性を理解していくことは大事だと思います。その一例として、結構よくいる「謝らない人」について書いてみました。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 「使命」を意識する時期。 | トップページ | 望ましい人間関係が、どんどん広がっていく時期。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「使命」を意識する時期。 | トップページ | 望ましい人間関係が、どんどん広がっていく時期。 »