« プラス思考になるために。 | トップページ | たましいのご縁がある関係、「ソウルメイト」について。 »

2013年5月27日 (月)

たくさんの「物」を集めたくなるのは。

現代人の多くが、「たくさんのもの」を、抱えすぎになっています。

しかし、それでも、さらに必要なもの、欲しいものは出てきて・・・と、物が思考や生活の中心に、なってしまっていないか、見つめ直してみましょう。

自分が、物を所有して、それをうまく使っていくならよいですが、逆に、増えすぎたものに、自分が所有され、自分が使われてしまうことがあります。

たとえば、物があるから、それを活かさなければ、と、わざわざ行動をしなければならない、というのは、自分が物に「使われて」います。物が多いから引っ越しをする必要がある、というなら、自分と物に、「動かされて」いますよね。主従が逆になっています。

物が増えて、影響されてしまうと、そのようなことを不思議に思わず、「自分」というものが曖昧になり、物こそが自分の価値のように、境目がわからなくなってしまうこともあります。そこは気を付けていく必要があります。

人は皆、「失うことへの、恐れ」を根本的に持っているので、その不安を払拭しようと、物を集めたくなってしまうものです。

人は、この世という物質の場所では、自分を「不安定」だと、認識してしまうところがあります。人は、肉体という物質だけの存在ではなく、たましいの存在でもあるので、この世においては、なんだかはっきりしなくて、とても不安定で・・・、物質的な「物」が、安定している、と感じてしまうため、それらを集めて自分をガードしようとするのです。

しかし、その解釈は、物質界特有の幻想で・・・、この世の物質こそが、永遠のものではない、壊れたり、消耗したり、失ったりする、不安定なものであり、たましいこそが、消えてなくなることがない、永遠のものです。

物質こそが安定していると思って、あれもこれもと集めるほどに、どんどん、(本当は、たましいのほうが永遠で、物質のほうが永遠ではない、という)実際のところと、かけ離れていくので、そして、物に囲まれている、ということは、そういう不安定なエネルギーに囲まれている、ことでもあるので、ますます不安になって、さらに物を集めたくなるループになります。

物の価値とは、この物質の世界を生きる経験をする、限られた期間のみ必要となる、一時のものです。

一時期を有意義に生きるために、必要で、そして便利なものであるとしても、たくさんあればよい、たくさんあるほど、自分が感じている不安感が除かれるはず、という思い正しいとは言えません。

事実、どこまで集めても、欲しい思いに区切りがつかないことが、それを示しているのではないでしょうか。

この仕組みをしっかり理解していけば、つまり、スピリチュアルな考え方で、永遠のたましいを考えていえば、物をたくさん得たい、そうして安心したい、という思いは、薄れていきます。

物がなくても、自分というたましいの存在を、安定させることは、自分次第で可能だと思っていければ、意識の向くところが変わっていくので、物への欲求は「適度」なところで、落ち着くでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« プラス思考になるために。 | トップページ | たましいのご縁がある関係、「ソウルメイト」について。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラス思考になるために。 | トップページ | たましいのご縁がある関係、「ソウルメイト」について。 »