« 夢を通して伝えられる、メッセージ。 | トップページ | 頭で考え過ぎ、雑念が多すぎな状態を改善するための、一例。 »

2013年4月 5日 (金)

言葉や会話の「含み」が、伝わりにくいときには。

会話の内容において、表面の言葉のとおりに素直に受け取り、それ以上の含みを想像できない、深く把握することが苦手なタイプの人は、わりとたくさんいるものです。

そして、そういう人と接する側が、「話が通じない」「どうすれば、スムーズなコミュニケーションになるのか」と、困惑してしまうケースも、少なくありません。

上記のような差異は、一方が「含みを理解できにくい人」で、もう一方が「含みを理解できる人」という組み合わせで、起こりますよね。

そのような認識の度合いの差がありながらも、会話をして、仕事なり活動なりをしていく必要があるのならば、理解出来る人のほうが、出来にくい人に寄り添って、合わせていくことが求められると思います。

なぜ、自分だけが苦労をしなければいけないのか、原因は自分ではなく相手なのに、と考える人が多いですが、しかし、認識の度合いに差がある以上、どちらかが寄り添っていかないと、すりあわせは難しいわけで、相手にそれが期待できないならば、自分がそうする以外に、現実的な改善が見込めません。

自分に負担が掛かるのがイヤだから、相手とのコミュニケーションを諦めて関係を断つ選択がとれるなら、それも自由ですが、しかし、多くの場合、そうはできない事情があるから、困ってしまうのでしょうし、ならば、何とかするという前提にたって、自分のほうから、歩み寄っていくことが大事です。

相手の許容量や、理解力が、自分よりも小さいとか、平均よりも小さい、という状況が仮にあったとして、そのこと自体を責めても、(責めたことが効果をなして)変わるわけではないでしょうし、相手にとっても、責められることも、責めたことで変われ、と期待されるのも、酷なことだと思います。

相手が変わる(成長する)ためには、時間が掛かり、それまでの間は、理解が出来る人が、なるべく寄り添う姿勢になることが、必要なのではないでしょうか。

含みが受け取れない、言葉のとおりに受け取ってしまう、という特徴を分かっているのならば、その特徴に合わせた言い方を心掛けることです。

そうとわかっているのに、含みが必要な表現や、比喩や遠回しの表現を使うのは、わざわざ通じにくさを作り出すことになりかねません。

たとえば、相手が理解しないときに、「なぜ、そんなことも分からないの!」と言うとします。その台詞は、言い換えれば、「そのくらい、わかってよ!」という主張ですよね、しかし、言葉のとおりにしか理解できない人は、「なぜ」と聞かれたら、わからない理由を尋ねられたと思うかもしれず、そこでまた、混乱が生じたりします。

「もっと、ちゃんとやってよ!」という、「ちゃんと」とは、具体的にどういうことなのか、「普通は、その場面で、その行動はしない」というなら、正しくはどういう行動をとるのがいいのか、含みや遠回しを使わない表現の仕方を、工夫してみるのも、ひとつのよい方法です。

そうして工夫をしていくことは、自分の会話力の向上にも繋がっていきます。相手のために、自分が割りを食って、苦労している、と思うかもしれませんが、間接的に、自分のためにもなっているのですね。

自分には原因がない、自分は悪くない、相手にすべての原因がある、という、自己中な考え方をしているときに、そういうタイプの人と出会って、自分の会話力やコミュニケーション力を見つめ直すことを促される場合があります。

必ず、自分にも学びはあります。より、伝わりやすいシンプルな表現を、今一度、基本に返って学ばされた機会ととらえて、出来る工夫をとっていくと、きっと、少しずつでも、何らかの変化は見られていくのではないでしょうか。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 

  

|

« 夢を通して伝えられる、メッセージ。 | トップページ | 頭で考え過ぎ、雑念が多すぎな状態を改善するための、一例。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

突き刺さります((+_+))
そうですよね。
今まで相手に求めてばかりでした。思った事を伝える事は、相手の性質を理解しながら伝えないと、こじれますよね。
「なぜ」と聞かれたら、わからない理由を尋ねられたと思うかもしれず・・・という箇所に対してはそこまでか・・・とも思いましたが、そういった言い回しを考えていると、会話する上で、あぁ、今はきっと自分の事を考えてくれて優しく言ってくれた言葉なんだろうなぁ・・・とか段々理解できるようになった気がします。気のせいかもしれませんが(-.-)、というか単なるプラス思考かもですが、そんな気がします。

投稿: はすみ | 2013年4月 6日 (土) 19時33分

★はすみさま

自分の発言の仕方に気を配ると、相手が自分に対して気を配っているところに、気付いていくようになったりして、自分が成長することに繋がっていくようですね(^^)。

投稿: リカコ | 2013年4月 7日 (日) 10時13分

男の人の方が、言葉そのものを受け取りやすいような気がします
先日も私は、ある知人の男性と会話している時に誤解をされて、微妙な繊細な内容について、相手を傷つけないように、気を使いながら自分の意志を述べたところ、結局、あまり伝わらなかったようでした
たぶん性格的にもその方は粘着質で、一方的な傾向があるのかもしれませんが

投稿: joe | 2013年4月 8日 (月) 10時52分

★joeさま

個人差はあると思いますが、どちらかと言えば、男性のほうが、比較的、そのような傾向は見られるかもしれませんね。

投稿: リカコ | 2013年4月 8日 (月) 11時16分

リカコ様、はじめてコメントいたします^^

数年来、仕事や人間関係で行き詰った時、ブログを参考にさせていただいていました^^。

最近、「含みを理解できにくい人」と仕事をしています。
リカコさんのブログに良い対処の仕方がありそう、と思って探してみたら
やっぱりありました。以前、拝見した記憶が残っていたのかもしれません。
「表現の仕方を工夫する」、「自分の学びの機会ととらえる」等、こころがけていきたいと思います。

投稿: ゆか | 2015年10月21日 (水) 00時17分

ゆか様

自分が、より向上するための見つめ直しの機会ととらえて、がんばってみてくださいませ!

投稿: リカコ | 2015年10月21日 (水) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢を通して伝えられる、メッセージ。 | トップページ | 頭で考え過ぎ、雑念が多すぎな状態を改善するための、一例。 »