« 自分が変われば、オーラも変わる。 | トップページ | 古くからの「習わし、しきたり」に効力はあるのか。 »

2013年4月23日 (火)

オーラの層の見え方。

オーラとは、体の周りを取り巻いているように放たれているエネルギーで、その人自身の性質や個性などが表れています。

オーラの大きさや構成は、「どこまでの範囲を、その人のオーラと捉えるか」により、表現は変わってくると思われます。

一般に、人のオーラは、(体の近いところから外に向かって)7つの層になっている、といわれています。その7層を「その人のオーラ」と捉えた場合、(オーラに関する書籍等のイラストなどにあるように)、だいたい、体の際から外へ向かって、数十センチのところに、7層目の際がある、と考えてよいと思います。

しかし、オーラは、7層のすべてが、どれも同じような構造になっているわけではないので、その全てを詳細に把握できるとなったら、相当に優れた透視力を持った人であり、一般的には、内側の層になるほど把握しやすく、外に向かうほど把握しにくくなります。

オーラ透視が出来る人であっても、誰もが、「光の手」の著者である、バーバラ・ブレナンさんのように、バッチリ見えるわけではありません。そうでないが大多数だと思います(例えば私とか(^^;)・・・)。

3層目くらいまでの内側の層が、勢いが強く放たれていて分かりやすいので、人によっては、オーラの大きさを、(一般に言われている7層よりも)もっと内側にあるとして、とらえる人もいるかもしれません。

どちらも、(または、それ以外でも)間違いではないですね、どこをとらえているかによる違いがある、というだけです。

内側の層になるほど、肉体の沿っていて、外に向かうほどに、円状に近くなっていきます。つまりそれは、「内側の層ほど、肉体との関連が深い」ことをしめしています。(外に向かうほどに、肉体の形に沿っていない、ということは、外に向かうほどに肉体と関連しない要素が増えていくことを示している、とも言えるでしょう)。

よく聞かれる質問として、「少し離れた場所にいる人を見ている時に、ときどき、人の形をした、残像のような光が視界に入ることがあるけれど、あれはオーラを見ているのか?」というものがあります。

ケースバイケースですので、絶対とは言えませんが、おそらくそれは、「3層くらいまでの、オーラ」を見ている可能性はありますね。

残像、という可能性もありますけれども、「残像的なとらえ方で、オーラの一部を見ている」ことも、あると思います。

至近距離よりも、少し離れたところにいる人のほうが、オーラに焦点を合わせやすいので、ときどき見える、ということが起こるのでしょう。

そして、視覚にとらえやすい3層までを見ているので、「人の形」としてとらえているのだと思います。

このような経験は、皆さんにも、あるのではないでしょうか。 私も、今にして思えば、小学校の頃などに、よく見えていたような気がします。

一般には、内側の3層のほうが、(肉体という現実に近い要素を反映しているので)見えやすい傾向がありますが、しかし、人により、共鳴しやすい要素は違うので、逆に外側のほうのオーラのほうがよく見える、という人も、いるかもしれません。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

|

« 自分が変われば、オーラも変わる。 | トップページ | 古くからの「習わし、しきたり」に効力はあるのか。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

人の形をした残像を見ることがあります。やはり、少し離れたところに相手がいるときです。
見えやすい相手は、自分からみて優れた人格者で霊性が高いと感じる方です。
自分が贔屓目で見ていて相手に集中するからオーラが見えるのか、または輝いている人はオーラも輝いて見えやすくなっているのか…
いろいろと考えています。

今日の内容も面白かったです(*^^*)

投稿: | 2013年4月24日 (水) 01時42分

人の形に近い、内側の「一部」は、見える人は結構いますね、ほとんど無意識、無自覚でしょうけれど・・・、私もそうでした(^^;)。残像的に見える場合は、ほとんどが、白っぽい黄色か薄い黄緑などのように見えるのではないでしょうか。それは、個人差が表れているオーラを見分けているのではなく、皆に共通な「オーラの構造」を一部、視界に捉えている、といえますね。

コツをつかんでいくのと、知識を増やしていけば、さらに見えるようになるかもしれません。

投稿: リカコ | 2013年4月24日 (水) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分が変われば、オーラも変わる。 | トップページ | 古くからの「習わし、しきたり」に効力はあるのか。 »