« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の3件の記事

2013年4月23日 (火)

オーラの層の見え方。

オーラとは、体の周りを取り巻いているように放たれているエネルギーで、その人自身の性質や個性などが表れています。

オーラの大きさや構成は、「どこまでの範囲を、その人のオーラと捉えるか」により、表現は変わってくると思われます。

一般に、人のオーラは、(体の近いところから外に向かって)7つの層になっている、といわれています。その7層を「その人のオーラ」と捉えた場合、(オーラに関する書籍等のイラストなどにあるように)、だいたい、体の際から外へ向かって、数十センチのところに、7層目の際がある、と考えてよいと思います。

しかし、オーラは、7層のすべてが、どれも同じような構造になっているわけではないので、その全てを詳細に把握できるとなったら、相当に優れた透視力を持った人であり、一般的には、内側の層になるほど把握しやすく、外に向かうほど把握しにくくなります。

オーラ透視が出来る人であっても、誰もが、「光の手」の著者である、バーバラ・ブレナンさんのように、バッチリ見えるわけではありません。そうでないが大多数だと思います(例えば私とか(^^;)・・・)。

3層目くらいまでの内側の層が、勢いが強く放たれていて分かりやすいので、人によっては、オーラの大きさを、(一般に言われている7層よりも)もっと内側にあるとして、とらえる人もいるかもしれません。

どちらも、(または、それ以外でも)間違いではないですね、どこをとらえているかによる違いがある、というだけです。

内側の層になるほど、肉体の沿っていて、外に向かうほどに、円状に近くなっていきます。つまりそれは、「内側の層ほど、肉体との関連が深い」ことをしめしています。(外に向かうほどに、肉体の形に沿っていない、ということは、外に向かうほどに肉体と関連しない要素が増えていくことを示している、とも言えるでしょう)。

よく聞かれる質問として、「少し離れた場所にいる人を見ている時に、ときどき、人の形をした、残像のような光が視界に入ることがあるけれど、あれはオーラを見ているのか?」というものがあります。

ケースバイケースですので、絶対とは言えませんが、おそらくそれは、「3層くらいまでの、オーラ」を見ている可能性はありますね。

残像、という可能性もありますけれども、「残像的なとらえ方で、オーラの一部を見ている」ことも、あると思います。

至近距離よりも、少し離れたところにいる人のほうが、オーラに焦点を合わせやすいので、ときどき見える、ということが起こるのでしょう。

そして、視覚にとらえやすい3層までを見ているので、「人の形」としてとらえているのだと思います。

このような経験は、皆さんにも、あるのではないでしょうか。 私も、今にして思えば、小学校の頃などに、よく見えていたような気がします。

一般には、内側の3層のほうが、(肉体という現実に近い要素を反映しているので)見えやすい傾向がありますが、しかし、人により、共鳴しやすい要素は違うので、逆に外側のほうのオーラのほうがよく見える、という人も、いるかもしれません。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (2)

2013年4月18日 (木)

自分が変われば、オーラも変わる。

「緑のオーラになるにはどうしたらいいか」とか、「紫のオーラになる方法はありますか」というように、特定のオーラの色になりたい、という思いからの、ご質問をいただくことがあります。

その色になりたい、というのは、おそらく、「そのオーラの色と関連している性質が、欲しいから」だと思います。たとえば、優しい人でありたいので、緑のオーラになりたい、崇高なものを理解する感性が欲しいので、紫のオーラだったらいいな、というように。

そのお気持ちは、分からないではないですが・・・、しかし、このようなご質問をしてくる方は、オーラとは何か、という仕組みそのものに、少々の誤解があるように思いますsweat02

オーラとは、自分自身の反映です。「その人の性質、性格といったものが、オーラに表れている」のであって、つまり、「平和を愛する優しい人だから、オーラが緑になっている」のであり、「オーラの緑色が、その人を優しくしている」という解釈は、順番が違います。

後者の解釈が、間違っている、とも言い切れませんが・・・、外からの刺激や、後天的な要素も、オーラに反映して、自分に取り込んで影響させていくこともできるので、全面的に間違っているわけではないですが・・・、

基本は、オーラありき、ではなく、自分がまず先にありき、と考えていくほうが、分かりやすいですし、「特定のオーラに、変えていくことも、しやすい」です。

上記のような質問をする方は、「オーラの色が変われば、自分が変わることができる」と思ってのことなのでしょうけれど、「自分が変われば、自分の反映であるオーラも、比例して、変わっていく」のです。

ですから、望むオーラの色と関連する性質が欲しいなら、そうなるように、自分を変えていけばいい、のです。

オーラの色を変えなければ・・・と、難しく考えるから方法が分からないのであって(^^;)、「自分を変えよう」という目的ならば、そのための方法は、何かしら、思い浮かぶのではないでしょうか。

自分自身の成長や変化を伴わずして、オーラだけを、望み通りに変えることはできません。その考え方が、基本です。

ただし、オーラは、さまざまなものをキャッチする、受信器のような役割もありますので、外側からの影響も、うけていきます。(オーラと限定せず、自分自身も、そのときの周囲の状況等に影響をうけることがあるのと同じです)。

その性質を利用して、外からの刺激を取り入れて、オーラに反映させていくことも、出来なくはありませんが・・・、その効果は、自分が能動的に変化していくことと比較すれば、かなり小さいことは、理解しておきましょう。その上で、プラスアルファとして工夫をするという前提で、以下は簡単な方法の提示です。

一つは、人を通して、影響をうけることです。自分が望む性質を持つ人と、何らかの関わりをもっていくなどして(会うとか、会話するとか)、交流が作られれば、お互いのオーラも影響しあうことになります。

もう一つは、洋服などの、身につける色を工夫することです。身につけている色が、幾分、オーラの色に反映していくことは、あり得ます。色もエネルギーですので、その色を身につけている、ということは、その色のエネルギーとしての影響をうけている、とも言えます。  

この2つだけに限りませんが、自分を変えていくことが基本という前提であれば、いろんな工夫をして、効果に繋げることは可能だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓ 

  

| | コメント (2)

2013年4月 4日 (木)

夢を通して伝えられる、メッセージ。

睡眠中の「夢」をとおして、必要なメッセージが伝えられることがあります。眠るという行為、夢を見る、という現象は、とてもスピリチュアルな要素なのです。

私たちは、寝ている間に、肉体を抜けて、たましいが、あちらの世界に里帰りをする、といわれています。そして、守護霊と、今後についての、作戦会議?を、しているのだそうです。

しかし、あちらの世界に戻っているときは、意識が、日常とは違う層にあり、霊的な層へとチャンネルがあっているので、起きたときには、その際の記憶が、意識の表面に出ることがありません。

それでも、たましいの深いところでは、作戦会議をした内容が刻まれていて、無意識のうちに、それらが自然に活用されていきます。

ときに、その様子の一部を、夢として、私たちは、記憶していることがあります。

夢のすべてが該当するわけではありませんが、中には、不思議で辻褄のあわない夢は、あちらの世界へ戻ったときの、記憶の断片、という場合も、あるようです。

あなたの受け取る力、理解する力が研ぎ澄まされていて、かつ、霊界が、あなたに伝えたいことがあるとき、意図的に、夢の中に、そのメッセージを含む形で、あなたにそれを「見せる」ことがあります。

何か、心に残るような、いつもと違うような、印象的な夢をみたときには、そこに、霊界からのメッセージが含まれている可能性があります。

夢にかぎりませんが、通常、あちらの世界から、伝えたいことがある場合は、「そうと、分かるように」伝えられてきます。

伝えることが目的であり、迷わせることが目的ではないので、その意味は、紐解けるようになっています。意味が分からないものは、そのまま受け流していくくらいが丁度良いと思います。こだわり過ぎも、よくありません。

印象的な夢、メッセージ性があるような夢をみたときには、心を静かにして、想像力で解釈をしてみましょう。何か、役立つメッセージを、その中に、見出すことができるかもしれません。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 

  

| | コメント (2)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »