« 重厚感のあるオーラ。 | トップページ | 波長の法則をもとに、人間関係を分析するために必要なこと。 »

2013年3月11日 (月)

新しいものと、引き合うタイミング。

自然に、新しい情報が、目につくようになる、耳に入ってくるようになる、手元に巡ってくるようになる、そのような機会が重なる時期というものがあります。

すべての出来事は、自分と同じレベルのものが引き合う、という、「波長の法則」によって作られていますので、それらの機会も、自分自身と何らかの関連はあるといえるでしょう。

その情報そのものが、自分に必要だから、引き寄せられてくる場合があります。たとえば、ヨガ教室のパンフレットが入ってきた、知人がヨガを始めたらしいと聞いた、雑誌をみたら、ヨガの特集が載っていた、という場合に、その人にとって、体を動かすことが必要だから、起こっている、というケースです。

しかし、別のケースもあります。新しい情報があれこれと、もたらされるのは、その情報の、個別の中身(上記の例なら、ヨガについて)そのものが必要な要素ではなく、特に対象を限定しない、「新しい要素や情報」と引き合っている場合があります。

引き合っているのは、特定の要素ではなく、その情報が含んでいる、その人にとっての「新しさ」が大事、というケースもあるのです。

視野を広げていくことや、今までとは違う要素に目を向けていくことが必要な時期に、「新しさ、という要素がもたらされる」という引き合い方で、いろんな出来事が起こっていき、ヒントを与えられることは、わりとよくあるようです。

そういう時期にあることに気づいて、何か工夫をしてみる、という受け止め方をしていくとよいと思います。そういう心掛けが、今、自分に向かってやってきている波を、うまくつかんでいくことに、繋がっていきますね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 重厚感のあるオーラ。 | トップページ | 波長の法則をもとに、人間関係を分析するために必要なこと。 »

06.波長の法則」カテゴリの記事

コメント

記事の“ヨガ”のように同じものが巡ってくれば気づくかもしれませんが、“対象を限定しない場合”は気付くものなのでしょうか?

私は鈍感なのでsweat01そういう時期とかヒントに気付かないのですが。

投稿: J | 2013年3月11日 (月) 22時02分

*Jさま

気づくかどうかは、その人の感性によると思います。そういう「知らせ」のようなものが存在する、という意味ではなくて、自分と同じものが引き合うという、波長の法則から、逆算して、「意味を見出す」ことができるか、という点だと思うので、そこは、出来事の受けとめた次第だと思いますし、それがあるから素晴らしい、ないからダメ、ということでもないと思います。

そういうことが気づかなければ、違うところで、別の形で、必要なことに気づいて、自分を高めていけるならば、それはそれで、素晴らしいことのように思います(^^)。

投稿: リカコ | 2013年3月11日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 重厚感のあるオーラ。 | トップページ | 波長の法則をもとに、人間関係を分析するために必要なこと。 »