« 自分がつくる、人生の指南書。 | トップページ | すぐに結果がでることで得られる、達成感。 »

2013年3月24日 (日)

浅い眠りの状態が、霊を感じやすい?

先日、寝ているときに、久しぶりに、ありありと、霊の気配?を感じて、飛び起きてしまいました。気配のリアルさに反応して、起きてしまいましたが・・・、でも、別に霊がいたからどう、ということでもないので、ふつーに、スルーして(^^;)、すぐに寝てしまいます。

浅い眠りのとき、寝入りばな、起き掛けに、霊的な雰囲気や気配を感じるとか、不思議な体験をした経験を持つ人は多いものです。

深い眠りのときには、そういう現象が起こっていることを、自覚しませんよね、何しろぐっすり寝ていますから。先日の私の経験も、気配を感じて飛び起きている、というのは、眠りが浅いからこそ、だと思います。

一般的に、霊が出るのは夜、というイメージを持つことは多いと思いますが、霊は、いつでも、どこにでも居ますので、霊的な現象が起こるのは、夜に限った話ではありません。

しかし、私たち人間の感覚からすると、「夜のほうが、感じ取りやすい」傾向がある、とは言えるでしょう。実際に、寝ているときに、気配を感じたとか、声がしたような気がした、などの経験を持つ人はたくさんいます。

睡眠中、私たちの意識は、肉体という物質を抜けて、あちらの世界に里帰りをしている、といわれています。このときは、24時間の中で、もっとも、私たちの意識が、「霊的な方向へ開いている」状態です。

そのときこそ、一番、霊を感じやすいように思えますが、実際には、深い眠りで、霊的な方向に意識が開いているときには、霊に関する体感や知覚は、それほど敏感になりません。

なぜなら、そのときの状態とは、「最も霊(的なもの)に、馴染んでいる状態」だからです。馴染んでいるものは、その状態における普通ですので、インパクトを伴った体感や知覚に繋がらず、記憶にも残りにくいのです。

逆に、起きているときは、物質的な世界のほうに意識が広がっている状態なので、霊的なものとは、落差がありすぎて、違う意味で、体感や知覚に繋がりにくい、といえます。

つまり、どちらにしても、深い眠りのときも、起きているときも、体感や知覚はしにくい状態です。差がないことも、差がありすぎることも、「違い」を把握することが難しいからです。

そして、そのどちらでもない、寝入りばな、起き掛け、眠りの浅いときには、上記の条件が、微妙に重なり合って、馴染みきってもいなくて、落差もつきすぎていないという、「感じ取りやすい状態」が作られます。

先日、私が飛び起きてしまったのも、落差がついていることの、インパクトに、びっくりして起きてしまった、のだと思います。それが怖いとかではなく、違和感の印象が強くて、思わず何かが反応してしまった、というか。

なので、気配を感じ取ったとして、その時にちょうど、霊が近くにきたから、とは限らず(もちろん、中には、そういうケースもあるでしょうけれども)、霊はいつでもどこにでもいて、自分の感覚が、感じやすい状態が作られているから感じた、というケースもあるのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 自分がつくる、人生の指南書。 | トップページ | すぐに結果がでることで得られる、達成感。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分がつくる、人生の指南書。 | トップページ | すぐに結果がでることで得られる、達成感。 »