« 強い主張をし過ぎて、人間関係がうまくいかない場合の、改善とは。 | トップページ | ・箱の中には、何が入っている?(6) »

2013年2月11日 (月)

もうひとつの、「人から、どう見られているか」。

一般に、「人から、どう見られているかを気にする」という言葉の解釈とは、「自分が、人から、つまり、他人や世間から、どのように見られているか、思われているかが、気になる」という意味ですよね。

人の目が気になるのは、誰にでもある気持ちだけれども、自分を計る基準が、自分以外の誰かの評価だけになってしまうと、自主性が薄くて定まらない生き方になってしまうので、とらわれすぎないように気を付けることは、大切です。

そのような気持ちを、乗り越えられると、かなり、自主性をもった生き方をしていくことができるようになるのですが、実はその先に、「もうひとつの、人から、どう見られているかを、気にする自分」という、課題が待っています。

「自分が、人からどう見られているか」にとらわれることを抜け出しても、「他人が、人からどう見られているか」が気になって、そこから抜け出せないことがあります。

他人が、人から、どう見られているか、というのは、たとえば、隣のA子さんが、周囲の人達から、どう評価されているかが、気になる、ということです。

つまり、他人がどのくらいに評価されているのかを知ることで、その人の評価と自分を比較して、安心したり、共感したりしたいのです。

自分が人からどう見られているかを気にすることも、適度であれば何の問題もないように、他人が人からどう見られているかを計って、自分と比較することも、適度であれば問題はありません。

けれど、過剰なまでに、他人がどう評価されているかを気にしてしまうのは、結局、人の目を気にしていることから抜けだせていないわけで、それは、「自分が人からどう見られているか、の、変形バージョン」なのですね。

このことの、何が問題かというと、多くの、「他人が、人からどう思われているかを気にする人」は、自分では、人の目を過剰に意識することから、抜け出せている、と、思い込んでいる、という点です。

なので、他人が人からどう評価されているかを気にしすぎて、うまくいかない問題が起こったとしても、不調和の原因が「そこ」にあることに、なかなか気づくことができません。自分の中では、もう、乗り越えたこと、に、なっているからです。

ここで足踏み状態となって、その先に進んでいけないことは、少なくないのです。

そこから、さらにもう一段階、乗り越えて先に進んでいくために必要なのは、「やはり、今でも、自分は、人の目が気になっている」という事実を、受けいれることです。受け入れて、認めてしまうこと、ですね。

他人が人から、どう見られているかを、気にする行為は、別に、改まらなくてもいいのです。その仕組みをしらないまま、自分を高みに置いて、他人を見ている状態と、乗り越えていない自分を認めた上で、他人を見ている状態は、同じではありません。元となる自分の意識が違えば、そこから学び取れるものが、変わっていきます。

これは、上級編?で、自分が人からどう見られているかを、意識し過ぎてしまう人が、乗り越えたと思った先に、かなりの高確率で、遭遇してしまう、「その次の段階の、学び」なのです。

なので、このことに当てはまる人は、おそらく、自覚してショックとかはなくて、「苦笑」という感じになるかもしれません(^^;)。ある程度は乗り越えているからこその、次の段階ですので、そのような俯瞰してみていける余裕も出てくるでしょう。

まず、気づくことが、次に繋がりますね。そんな自分も受け入れて、さらに先を見据えていきましょう!

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 強い主張をし過ぎて、人間関係がうまくいかない場合の、改善とは。 | トップページ | ・箱の中には、何が入っている?(6) »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

私はそのとおり・・人からの目をいつも気にしていることがあります。いいかんじでいけばほっとしたり、なんとなく嫌な感じと思えば気になって・・。次に会うときこそ・・とか思ったり。
でも、最近少し変わって・・気にはなるけど、それはそれでって、みんながみんな気が合うわけでも、いい風に思うわけもなく。私だって嫌な人もいるし。
今はリカコさんの言われる、知り合いが他の人からどう思われているか?・・、のほうが大きいかも。
ちょっと苦手な人が他の人も苦手だとほっとしたり。
ここからまた私自身の学びが始まりそうです。まだまだですね。

投稿: 雅子 | 2013年2月11日 (月) 16時50分

*雅子さま

人の目を意識することから、完全に抜け出すことはできないし、抜け出すのが良いというわけでもないですよね。まったく他人を意識しない自己中な人も、別の意味で、困りますから(^^;)。

なので

>気にはなるけど、それはそれで

という割り切りをつけていける状態になれば、OK、ではないでしょうか。

そしてさらに、学びが進んでいけば、「誰かが、人から、どう思われているか」を気にしてしまう状態も、「気にはなるけど、それはそれで・・・」と、同じように、割り切れるようになっていくと思います。

投稿: リカコ | 2013年2月11日 (月) 17時03分

リカコさんいつも楽しく読ませていただいてます!
なんと、、、人ごととして読み進めていたら
私のことでしたよ!!

人の評価を気にして悩んでいる人にあれやこれやアドバイスして、、、全く同じことの繰り返しの相手にまたもや
もう手放しなよとかアドバイスして、、、、。

すべて自分だったとこの世の中の仕組みを思い出し、、、
例外はないと気づかされました。
ありがとうございます。

人の評価を気にしている自分と今一度向き合ってみます。

投稿: りんご | 2013年2月12日 (火) 14時18分

*りんごさま

人の評価を気にする事が、悪いわけではないですが、それが過剰になると、自主性が損なわれますので、適度が大事ですね、それが難しいのですけれど・・・(^^;)。

投稿: リカコ | 2013年2月12日 (火) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 強い主張をし過ぎて、人間関係がうまくいかない場合の、改善とは。 | トップページ | ・箱の中には、何が入っている?(6) »