« 子どもは、親の苦労を見ている。 | トップページ | 依存的で、わがままで、自己主張が強い人の、価値基準。 »

2012年11月29日 (木)

直感から、完全に「思考」「知識」を排除することはできないし、その必要もない。

直感や閃きというのは、「やってくるもの」「降りてくるもの」という、受け身的に「キャッチ」する要素、といえます。自分から意図的に、直感や閃きを、欲しいタイミングで「つかみ取ろう」とするのは、難しいものです。

この事柄について直感が働いてほしい、とか、望む要素について閃きたい、というような、コントロールは、実際、なかなかできません。

しかし、そうかといって、直感や閃きのすべてが受け身、とは言い切れません。なぜなら、閃いた要素を、解釈するのは、自分自身が能動的に行うものであって、解釈の仕方までをも与えられるわけではないからです。

つまり、直感や閃きがやってくること自体は、自分の好きなようにコントロールはできませんが、解釈は、自分が好きなように「できてしまう」ものです。つまり、どのように工夫しても、ある程度は、「自分」が入った解釈になってしまうことを前提として、受けとめていくほうが、実情に合っているといえるでしょう。

その際の解釈とは、想像力と同じように作用します。知らないものは想像しにくく、知っているものは想像しやすいように、閃きを解釈する際も、自分の知っている知識や要素の範囲内で、だいたい近いと思われるものを当てはめて解釈していきます。

たとえば、「赤い花を買う」と閃いたとします。赤い花といえば、チューリップだ、と思っている人は、チューリップを買おうと思うでしょう。しかし、赤い花には、チューリップもあればバラもある、と知っている人は、どちらにしようか迷うでしょう。

「赤い花を思い浮かべてください」という、想像する場合でも同じです。その人にとっての、代表的な赤い花をそれぞれ思い浮かべるでしょうから、人の数だけ差があります。

「直感や閃きを得たい」と思っている人は、おそらく、閃きを活用していきたいのだと思いますが、活用していくという、能動的な思考をする時点で、完全な受け身ではいられず、意図的な部分は加わってしまいます。それが当然なのです。

直感を得たい、と強く思っている、決して少なくない人達が、そのためには、自発的・能動的な要素、意図的な感覚を「無くして」いけばいいのだと、大きな誤解をしているように思います。

意図的な感覚を抑えていくことで、直感をキャッチしやすい、という受け止め方を、間違っているとは言いません(しかし、そのまま、ズバリ当てはまる、とも思いませんが)。

しかし、キャッチしたものを解釈するのは、自分自身の感性であり、備えている感性の範囲内でしか、解釈が広がっていきません。それぞれ感性の領域での、近似値を当てはめて、イメージがつくられたり、言語での説明が思い浮かんだりしていくものだからです。

つまり、「直感」という受け身的なものを、「得たい」と意図的になる時点で、それは少々の矛盾がある」ともいえますし、

直感をキャッチするためには、能動的な要素を無くしていくのがある意味において有効であることも間違っていませんが、キャッチしたものを解釈する時点では、自分の知識や感性という要素が必ず関わってきますので、

受動と能動、無意識と意図的、のような、相反する要素を「包括」してとらえていくことが大切であって、どこか一部分「だけ」を抜き出してとらえても、誤解や曲解に繋がるだけではないかと思います。

思考を消して無意識状態になるほうが受けとめやすい、とか、自分の解釈を加えてはいけない、というような、一部分を全部のようにとらえた受け止め方は、上記の例えでいうならば、「赤い花といえば、それは、チューリップのことである」と、思い込んでいるのと同じになります。しっかりした定義をつけようとして、逆に世界を狭くしているのと同じなのです。

豊かに広がる解釈の材料となる、知識を増やしていくことはとても大切です。それなくして、受けとめたものを「活用」することはできません。

受けとめることができる「器」がしっかりとつくられていけば、それに比例して、自然に直感や閃きは、ふえていくものです。

器に入らないものは受けとめられませんし、器の外側をスルーしたものは、自覚できないわけで、その仕組みを逆に考えれば、入る器の大きさにより、受けとめられるものはきまってくる、とも言えますし、小さい器の外側にあるものも、器が大きくなれば、内側として自覚できるようになるとも言えます。

一部を全部のようにとらえることは正しくありませんので、私が言いたいことも、知識だけを増やせば良い、とか、知識が全て、ということではありません。

しかし「伸ばしたい」「高めたい」という、意図的なものは、「意図した行動がしやすい要素」のほうが、格段に取り組みやすいです。

完全に、自分の思考や知識を排除することは難しく、むしろ、解釈の際にはそれらを活用していく必要があるのですから、ならば、それらの要素を最初から含んで、包括した解釈で、直感や閃きという、そのものを、受けとめていくほうが、ずっとスムーズであり、ずっと取り組みやすく、直感を高めることも達成しやすい、といえるでしょう。

巷でよく言われる、「直感を受けとめるためには、思考や自我を静めていきましょう」的な表現は、わかりやすさのために端折った説明であって、何もいりません、思考をゼロにするほうが素晴らしいのです、ということを言っているのではない、と思います。

結局、それを解釈する人が、自分の狭い範囲の感性で、「何もしないほうがいい、思考はすべきではない」かのように、曲解して受けとめているのではないでしょうか。

そのような浅い考え方こそが、感性の器が小さい、ということです。

直感が高い人は、わざわざ、そこに意図的な思考を挟まず、自然にいろんなことを受けとめ、毎日の生活で、活用しているものです。

そういう人たちは、直感が日常に自然に馴染んでいるので、「高めよう」とも、「使おう」とも、意識していないことが多いです。そこまでの段階になれば、思考も知識も、(十分に備わっているから)意識しなくていい、ということです。意識しなくても、使われているからです。

そこにたどり着く前の段階で、思考や知識を排除したら、器は大きくならず、解釈の幅も広がらず、望むことから逆行することになりかねません。

直感や閃きを得て、どうしたいのか、といえば、それは、この人生を創造的で豊かにするため、よりたくさんの学びをして成長していこう、という、意欲があるため、ではないでしょうか。

(直感という要素を抜きにして、一般的に)人生を創造的に豊かにするためにも、たくさんの学びをして成長するためにも、思考や知識は必要ですよね。

本来の目的をしっかりとらえていれば、何にも惑わされることはありません。本当に大切なものと、そうでないものを、混乱させないように、よく考えることが大切だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 子どもは、親の苦労を見ている。 | トップページ | 依存的で、わがままで、自己主張が強い人の、価値基準。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもは、親の苦労を見ている。 | トップページ | 依存的で、わがままで、自己主張が強い人の、価値基準。 »