« 人嫌い改善のための、スタート地点。 | トップページ | 男性は、お酒に逃げている「フリ」をすることがある。 »

2012年10月 5日 (金)

「楽しんでは、いけない」という、思い込み。

自分は、楽しんではいけない、幸せになってはいけない、自分は苦労すべき、という、強い思いに縛られている人が少なくありません。楽な道と、苦しい道があったら、迷わず、後者を選び、いつも人生が苦難と混乱に満ちていて、気持ちが休まらずに、疲弊しているようなケースです。

このような思いを抱いている方は、その人の価値基準として、「苦労すること」と、「自分の向上」が、セットになっているんですね。苦労を伴うこと、忍耐することこそが学びであり、苦労するほど成長できるはず、という前提が存在しています。

なので、そこに気楽さや手軽さの要素が入ってくると、それは甘えであり、怠けであり、学びにならず、向上に繋がるはずはない、という気持ちになって、常に、厳しいほう、苦しいほうの道を、選んでしまうわけです。

つまりは、そういうタイプの方は、基本的に、強い向上心を持っています。

そして、そのことと、「苦労こそが学び」という価値基準とが結びついて、喜びや楽しみを遠ざけて、そんな自分の状態に、ある種の手応えや満足を覚えてしまいます。

自分の向上のためには、多くの場合、苦しみや忍耐が伴うことは事実です。苦しい状況から学べることはたくさんありますが、そうかといって、楽しみを得てはいけない、ということはありませんし、苦しみだけが、向上に繋がるわけでもありません。

さまざまなケースがあり、苦しみの中に学びがあることも、楽しみのなかに学びがあることも、どちらもあり得るのであり、苦しいことに立ち向かえば素晴らしいものが得られる、かのような、交換条件をつけた解釈は、「狭い捉え方」と言えるのではないでしょうか。

自分に負荷を掛けることだけが、向上に繋がる唯一の道ではないので、そのあたりを理解して、柔軟な捉え方をしていくことも大切です。

楽しんでもいい、楽しみと向上は両立できる、という解釈を意識的に行っていき、少し肩の力を抜いてみましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 人嫌い改善のための、スタート地点。 | トップページ | 男性は、お酒に逃げている「フリ」をすることがある。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

今さっき、幸せになるために精進すべきこと、をリストアップしてノートに書き出したばかりでした。

相変わらずのタイムリーさに、一人でニヤニヤしてしまいました(笑)

投稿: えいこ。 | 2012年10月 5日 (金) 11時20分

*えいこ。さま

リストアップすると、自分の思いを自覚しやすくて、良い方法ですね。

投稿: リカコ | 2012年10月 5日 (金) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人嫌い改善のための、スタート地点。 | トップページ | 男性は、お酒に逃げている「フリ」をすることがある。 »