« さまざまな出来事を、スピリチュアルな視点で解釈するための要点。 | トップページ | 聖地にも、当然ながら、いろんな霊がいる。 »

2012年10月 1日 (月)

人嫌い改善のための、スタート地点。

人と一緒にいるのが嫌だ、人づきあいはしたくない、と、自分だけの世界に閉じこもってしまうのは、改善した方が望ましい、学びの要素である、といえるでしょう。

なぜなら、この世の学びというのは、おおよそ、人を通して与えられるものであり、人を通して気づき、人を通して得られる、という形になっていて、人づきあいを避けていては、生活自体も、たましいの学びも、なかなか、うまくいかないように「なっている」からです。

なぜ、人づきあいを避けてしまうのか、その答えはとてもシンプルです。

そういう人は、「苦しみというのは、人が、自分に与えている」と思っています。

「なぜなら、その苦しみは、人と一緒にいるときだけ起こることであり、自分ひとりのときには起こらない」ので、つまり「苦しみが発生するのは、自分に原因があるのではなく、相手が自分に与えていること」と、認識してしまっているからです。

自分に原因があるなら、自分をなんとかする必要がありますが、相手が悪いのならば、相手を避ければいい、そもそも関わらなければいい、という考え方の結果なのでしょう。

しかし、その認識の仕方は、正しくありません。

苦しみは、自分の学びとして、自分が持っているものであり、それを、人との関わりを通して気づく仕組みになっているために、誰かと接する時に発生するようになっているだけであって、その相手が、もたらしているものではありません。

人づきあいがうまくできない、コミュニケーションが計れない、という要素は、自分の中に存在するのであり、そこを改善して、よりよい状態をつくっていくことが、自分の学びにもなり、生活の質を向上させていくことにも繋がります。

自分が避けたいとか、苦手だと思っているさまざまな要素は、相手が苦しみを自分にあたえているのではなく、自分のたましいが自分に与えた課題であり、相手はそれに気づかせる役割をしてくれているだけ、なのです。

この世は、お互いに、その役割を担い、学び合うという仕組みがあります。

相手は、自分が学ばなければならないこと、苦手としていることを、あぶり出して教えてくれる存在であって、その苦手による苦痛を、相手が作りだしているのではありません。

人づきあいを避けてしまうことを、改善するための、意識のスタートとして、「苦しみとは自分の中にあるもので、自分が取り組んで除くなり、乗り越えていくなりする学びであり、相手との付き合いを避けても、それは改善されない」ことを、認識することが大切です。

そこにまず気づくことが、取り組みのスタートです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« さまざまな出来事を、スピリチュアルな視点で解釈するための要点。 | トップページ | 聖地にも、当然ながら、いろんな霊がいる。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

ほんとうに、りかこさんのおっしゃる通りのことを今まさに実感しています(;_;)
そしてそれは自身にとってすごく直視するのがつらいことでした。
今日の記事で、また別の角度から言い当てていただいて
さらに強く行動を後押しされました。
私自身、逃げて逃げて逃げまくってきて、でも、結果得たものというと、逃げても何も成長していないということ。

取り組みのスタートのことば、メモしてしまいました(*^-^*)
地に足をつけて現実を生きていくヒントにさせていただきます。

投稿: | 2012年10月 1日 (月) 11時43分

>私自身、逃げて逃げて逃げまくってきて、でも、
>結果得たものというと、逃げても何も成長していないということ。

そこに気づいたのであれば、きっと、成長しているのだと思いますよ(^^)。

投稿: リカコ | 2012年10月 1日 (月) 17時41分

最近このブログを知りました。
毎回自分のことを書かれているようですcoldsweats02

改善したほうがいいのは頭ではわかっているのですが心と感情が拒否してしまいますweep

頭と心と感情が一致したとしても結果(現実)にまた苦しむことになったり・・・
厳しいですねbearing

投稿: J | 2012年10月 1日 (月) 22時58分

*Jさま

>改善したほうがいいのは頭ではわかっているのですが心と感情が拒否してしまいます

おそらくそれは、改善の「方法」「手法」だけを進めていこうとしていて、なぜ、改善するのか、なぜ改善したほうがいいのか、という「動機」の部分の分析が十分ではなく、そのため納得もしていないから、ではないでしょうか。動機を先に分析することをお勧めします。

投稿: リカコ | 2012年10月 1日 (月) 23時38分

いつも更新ありがとうございます。今回の内容は目から鱗の内容でした。今までの漠然とした人間関係への恐れや不安がどういうものなのか、やっと理解できました。理解できたことで、とても楽になりました。その苦しみが自分の課題なのならば、なんとか努力をしようという気持ちになります。ありがとうございました。

投稿: ato | 2012年10月 7日 (日) 23時28分

*atoさま

認識する、自覚する、理解する、というだけでも、解放される気持ちになりますよね(^^)。行動だけでなく、思考による解釈、分析という行為も、とても大切なのですよね。

投稿: リカコ | 2012年10月 7日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さまざまな出来事を、スピリチュアルな視点で解釈するための要点。 | トップページ | 聖地にも、当然ながら、いろんな霊がいる。 »