« また、おかしな怪我?をして、考えてみたこと(いろいろ変更します)。 | トップページ | 素敵な絵本を読みました。タイトルは忘れました(^^;)。 »

2012年9月27日 (木)

「発散系」の行動が、ストレス解消に繋がる方もいれば、そうではない方もいる。

大勢で集まってワイワイ騒ぐとか、大声を出す(絶叫系マシーン等のアトラクション、スポーツ観戦&応援)などの行動をとって、内にたまっているものを発散すると、気分がすっきりすることがあります。

一般に、「ストレス解消」という言葉からイメージされるのは、そういう行動だと思われます。

しかし、中には、発散系の行動をとると、逆にストレスに繋がる方もいます。もともとクールで、孤独を好み、特定の物事に熱くならないタイプの方は、自分の向上につながることなら楽しみを得られやすいのですが、時間と労力を消費して、これといって何も残らず、成長にもつながらない行動をしても、楽しく感じられないのです。

発散することが「緩み」に繋がらず、むしろ苦痛になります;。

それなら、多少の苦労があってもいいから、習い事をするとか、勉強をすることで、「日常から意識を切り離す」方向で取り組むか、または、マッサージやエステなど、他人の手にかかるというか、手入れをしてもらうことでリラックスしていく方が向いていると思われます。

こちらのタイプの方は、「発散」するより、「満たす」方が、ストレス解消につながりやすいです。

あくまで、おおよその傾向に過ぎませんが、「発散系」のストレス解消法で、スッキリするのは、赤系オーラの方が多いです。外に向かう行動や思考を好むので、「外に出せない」ことがストレスになります。たまったものを、発散すると、楽しくてスッキリすると感じます。

そして、青系オーラの方は、「外に出せない」ことよりも、「満たされない」ストレスのほうが大きいタイプなので、知識を得るとか、勉強するとか、人の手に掛かって、自分を整えてもらいエネルギーを充填するとか、何らかの「満たす」要素のあることが、安心できるので、緩みに繋がり、すっきりするのです。

上記は、とても単純に2つに分けた場合のたとえであって、(単色のオーラの人はいませんし)どちらか一方だけにズバリ当てはまる人は、まずいません。ほとんどの方は、両方が当てはまる混合タイプで、その時々の比率の問題で、発散系に傾いたり、充填系に傾いたりするのだと思います。

どんなことにもいえますが、特定の問題を解決するためには、「その問題にふさわしいアプローチ」が必要です。

一口にストレス解消といっても、発散したいのか、満たされたいのかで、解決方法も違ってきます。

まず、自分が、(おそらく、どちらの場合もあるでしょうけれど、どちらかといえば)発散することでストレス解消になるタイプか否かを、分析して、ふさわしい改善法、対処法を見つけておくと、いざというときに、切り換えがしやすくなりますね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« また、おかしな怪我?をして、考えてみたこと(いろいろ変更します)。 | トップページ | 素敵な絵本を読みました。タイトルは忘れました(^^;)。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事