« 何をやっても空回り、何ひとつ上手くいかなくなりがちなパターンとは。 | トップページ | 「どうしたらいいのか?」と、考えるときは、理性を活用する。 »

2012年9月19日 (水)

芳香(ほうこう)現象。

スピリチュアルなエネルギー、霊的エネルギーの作用によって引き起こされる現象のひとに、芳香現象shineとよばれる、物理的な原因がその場に存在しないのに、香りがただよってくる、匂いが感じられる、というものがあります。

霊的エネルギーで音がなる、ラップ音という現象がありますが、その「香りバージョン」のようなもの、でしょうか。

その場にいる誰もがとらえられるくらいに、はっきりとした香りになることもあれば、霊的な感覚が鋭い人だけに感じられる、微細な香りの場合もあります。いずれにしても、霊的な感覚が開かれている人ほど、感じやすい傾向があることは確かだと思います。

その現象は、霊的なエネルギーの作用によりますので、霊がそばにいたり、または、霊界から何かを伝えたいとか、力を与えているとかのサインとして、起こることもあります。

未浄化霊が居るときには、とてもその場に違和感のある、表現が難しいですが、あまり心地よくない匂いがしてくることもあります。

私は、今は、対面セッションを休止していますが、以前行っていたころは、その人に憑依している霊が出てきたときなど、はっきりそうとわかるような、鼻を押さえたくなるような匂いがすることもありました。

そういうときは、その相談者さんも、平均よりもずっと霊感が強い場合が多かったですね。ラップ音と同じで、その場にないものを作り出すには、その場にいる人のエネルギーを使うことになるため、霊感の強い人が集まっている状態のほうが、起こりやすいのかもしれないです。

逆に、波長の高い霊がいるときや、そのことを(居ることを)伝えたいときに、お香のような、格調の高い香りが、ふっと漂ってくることなどもあります。これは、話に聞いたり、実際に体験したことがある方も、少なくないでしょう。

お香に限らず、よい香りがするものは、波長の高い何かのエネルギーが作用していると思われますが、「お香のようなかおり」のケースがあるのは、ここが日本という土地であり、私たちが日本人であり、文化的に、それらに馴染みや親しみがあるためではないでしょうか。

そういう、文化や習慣を利用して、私たちに、分かりやすく伝えてきているのではないかと、私はそう思っています。

なぜなら、外国の著者の文献などでは、「百合の香り」がしてくる、という芳香現象を書いたものが、少なくないように思うのです。

百合は聖母マリアの象徴といわれているそうで、キリスト教が一般的である地域では、きっと、百合の芳香現象が起こることが多く、東アジア的なお香のような香りでは、あまり起こらないのではないかな、と、個人的に、そう解釈しています(^^)。

こんなケースもありました。ご相談者さまが、私のサロンに向かっていて、建物のある位置のかなり手前から、アロマのような香りがしてきて、「きっと、今日は、この香りをお部屋でつかっているな~」と分かって、そして、室内に入ってきたら、思ったとおり、同じ香りがしていた、と。

芳香現象、 とても不思議ですけれど・・・、なんか、勇気づけられるような、見守られているような、そんな気持ちが、香りとともに、心に満ちてくる現象だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 何をやっても空回り、何ひとつ上手くいかなくなりがちなパターンとは。 | トップページ | 「どうしたらいいのか?」と、考えるときは、理性を活用する。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
芳香現象、あるんですね。
個人的な話しになりますが、
昨年夫が亡くなってしばらく、(最近は時々)
同じ匂いがする、といったことがありました。

生前の思い出に由来する匂い(タバコや香水など)
といったものではなく、
良い香りや嫌なニオイとかに
分けられるものでもありませんでした。
私には霊感もありませんが、
確かに、見守って貰っているような
気持ちになります。

何だか嬉しくなってついコメントしてしまいました。
長くなってすみません。


投稿: Luna | 2012年9月19日 (水) 21時42分

*Lunaさま

同じ香りで、存在を伝えたかったのかもしれませんね~。素敵なお話ですね、きっと、見守っていらっしゃるのでしょうね(^^)

投稿: リカコ | 2012年9月19日 (水) 22時12分

関東では、そろそろ金木犀の季節です。
「あ、金木犀のにおいがする~♪」と思うと、ちょうど10月に入った頃だったりします。

そんな感じで、外を歩いている時に、ふと花の甘い香りやお香のような香りがして、探してしまうことがあります。
そのうちの何度かは、もしかしたらこの芳香現象だったのかもしれないな、と楽しい気分になりました。

投稿: ema | 2012年9月20日 (木) 22時18分

*emaさま

金木犀は、相当によく香るお花なのでしょうね、時期になると、「外を歩くと金木犀が・・・」という表現をよく耳にします。

北海道は、多分、金木犀はないですね、そういう話題にならないですし、ニュースなどを見ていても「金木犀」という単語が出てくることもないので(^^;)。

まだまだ暑いですが、外の雰囲気は、すでに秋になりかけているのは、きっと、北海道も関東も同じでしょうかmaple。花の香りで、季節の移り変わりを実感するのは、とても素敵ですね。

投稿: リカコ | 2012年9月20日 (木) 23時09分

芳香現象についての記事を拝読出来ましたこと嬉しく思っております。
昔から、故人や親しい人物、霊的な気配を香りで強く感じました。
その人自身の個性的な香りや、特定の香水などです。
人の思いがその人の言葉で頭をよぎることもあります。

自分一人で承知してることで、どこにもハッキリと記述してるものがなかったので、芳香現象の記事に感謝しています☆

投稿: snow | 2012年11月11日 (日) 22時25分

*snow さま

「芳香現象」という単語が分かるなら、検索すればおそらく何かの記述を見つけることもできるのでしょうけれど、その表現を普通は、ご存じないですよね、日常会話で使われる単語ではないので・・・。

記事の内容がお役に立ちましたら幸いです。

投稿: リカコ | 2012年11月11日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何をやっても空回り、何ひとつ上手くいかなくなりがちなパターンとは。 | トップページ | 「どうしたらいいのか?」と、考えるときは、理性を活用する。 »