« 加害者になる恐れからくる、行き過ぎの完璧主義。 | トップページ | 不倫の関係、既婚者の恋愛。 »

2012年7月15日 (日)

すべてを悲観的に捉えてしまう状態を改善するには。

私たちの精神の状態は、その時により、上がったり下がったりしています。

悩み事や不安を抱えていたり、疲労が蓄積していたり、自信喪失状態のときなどは、波長が低下しているので、物事を、何でも悪いほうに受け止めてしまう、明るい希望が持ちにくい状態になりがちです。

なぜなら、波長が下がっているときは、「くすんで透明感のないフィルター」を通して、さまざまな物事を感知している状態になりますから、本来、それほど悲観的に受け止めなくてもいいことまでも、不安要素が付け加えられた解釈になりやすいのです。

ほんの少し相手からの連絡が遅れただけで、「私の提案は、迷惑だったに違いない」、

ノーの返事がきたら、「もう駄目だ、相手を怒らせた」、

というように、自分の勝手な(事実ではないかもしれない)想像で、物事を決めつけては、悲観的になったりします。

実際には、相手が迷惑かなんて、分からないですし、相手にも都合があって連絡が遅れることもあるでしょうし、その案件の返事がノーだったとしても、すべてを否定されたわけではありません。

そのことを、理屈の上では分かっていても、波長が下がりきっているときには、考え方が悲観的な方へと傾いてしまい、ポジティブな考え方が出来なくなります。

そういうときには、「今の自分の状態という、移り変わりのある要素」から視点を変えて、「移り変わりのない真理である、スピリチュアリズムによる解釈」に、立ちかえってみることが有効です。

個人的な感情や、状況・立場などの現実的要素を深く絡めずに、できるだけ客観性をもって、スピリチュアリズムの解釈を当てはめていき、 波長が下がった状態のフィルター(である、今の自分自身)から、意識を離していくようにすると、物事への見方が変わっていくこともあるでしょう。

「自分の価値基準」というのは、本来のあるべき状態での(高い波長で)、自分の考え方や捉え方を当てはめていくことであり、低い波長の状態になっている自分の感情的解釈に固執することではありません。

状態が下がっているときに、自分は、自分は、と、自意識を強くし過ぎるのも、あまりよくないのです。・・・というより、波長が下がっているからこそ、柔軟性がなくなり、過剰なまでに自分にこだわってしまう、とも言えるので、それは、裏表で、同じこと、でもあります。

「波長が下がっているときには、すべてが、悲観的に思えてしまうことがある」、

「そして、そんな自分自身を正当化して、こだわってしまうので、ますます抜け出しにくくなる」

という仕組みを、頭で理解しておくことは有効です。

自分に降りかかる出来事はすべて、何らかの意味がある必然で、すべては学びのため、という、スピリチュアルな視点を忘れないようにすると、低い感情や思いに、とらわれてしまうことは(無くなる、とはいいませんが)軽減することもできるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 加害者になる恐れからくる、行き過ぎの完璧主義。 | トップページ | 不倫の関係、既婚者の恋愛。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

リカコさんが帰ってくると、ホッとします(^-^)

フィルターが曇ってしまわない様、気をつけます。

投稿: 目黒のスズメ | 2012年7月15日 (日) 16時27分

*目黒のスズメ さま

人間だから、ときに、曇ることも、あっていい、と思うのです。大事なのは、「曇っていることに、気がつけるか」という点だと思います。ここを、自覚できるか、否かが、大きな分かれ目になりそうに思います。いつも晴れやかなのが、一番よのですけれどねsun

投稿: リカコ | 2012年7月15日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加害者になる恐れからくる、行き過ぎの完璧主義。 | トップページ | 不倫の関係、既婚者の恋愛。 »