« 親は、いつまでも若くはない。 | トップページ | 「私って、運が悪い?」と、考えてしまうとき。 »

2012年7月30日 (月)

「とりあえずの結論を出して、思考を終える」という習慣をつける。

考えても決まらない、考えても方法が思い浮かばない、と、考える時間や機会を十分に取っているわりには、決断に至らず、悩みが長期化してしまうことがあると思います。

たまに、そういうことがある、というくらいなら、誰にでもありうる頻度だと思いますが、いつもそうして、決断ができないままの悩みを、何かしら抱え続けてしまうのは、「その都度、結論を出す考え方をしていない」ために、引き起こされている問題、かもしれません。

あれこれと思い浮かべて、頭の中を忙しくしている状態を、考えている時間、だと認識している方は多いと思います。

しかし、それでは、「ただ思い浮かべた」とか「頭の中で、その事柄を文章化してなぞった」だけで、分析等を行っていないケースも出てきます。

または、分析をしても、「分析だけで終わってしまう」こともあると思います。

思考をしたら、その時点なりの答えや結論を出してみる、という習慣を心がけるとよいでしょう。思い浮かべるだけで終わらせず、暫定の答えを出したところで、思考が完了、という習慣を、自分の中に作り上げるのですね。

暫定の答え、ですから、最終決定ではなくてもいいのです。とりあえず、今日のところは、このような答えとしておこう、続きは明日考えよう、でもいいのです。

または、今日の段階では、Aの選択肢がよいだろうと思う、しかし、明日以降、また考えは変わるかもしれないが、という、不確定でもいいので、とりあえずの、その時点での答えを出したところで、思考を締めくくる、という習慣です。

また別のケースとして、はっきりとした「答え」ではなくてもいいと思います。たとえば、簡単には解決できない問題に対して、「この件は、そう簡単には解決しない難問だ」と、認識するだけでもいいでしょう。

それでも、ただ漠然と、「どうしよう・・・」「どうすれば・・・?」と、答えに向かわずに、考え続けている状態よりは、ずっと建設的だと思います。

実際に、世の中には、気持ちの持ちようだけでは解決しにくい事柄も多いですから、問題の(解決の)難しさを、自分が再確認することが、最初の一歩として有効となることもあるのです。

ただ考え続けて、時間がたって、思考に費やす時間切れとなり・・・、そのまま、別の作業や家事などにうつっていき、思考のスタートから、終了までの間に、思考が右にいったり左にいったりして、どうしよう、どうしよう、となっているだけで、どこにも進んでいない、という状態であいまいに思考を終えると、「なかなか決まらない思考の仕方が、習慣づいてしまう」ことになると思うのです。  

考えても決まらない、考えても答えがでない、という人は、「決まるための考え方を知らない」「答えを出しやすい考え方をしていない」人が、多いように感じます。

逆の言い方をすると、決まらない考え方、答えがでにくい考え方で、時間を費やして、迷路に入り込んでいるケースが多いのです。

「そのつど、最終確定ではなくていいので、暫定の、その時点でのまとめをしたところで思考を終える」という習慣を付けることは、意外に効果があるので、ためしてみてください。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 親は、いつまでも若くはない。 | トップページ | 「私って、運が悪い?」と、考えてしまうとき。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

43才(女)です。人生についてまよってます。
35才くらいからまよいっぱなしで出口が見えない感じです。たまたまネットから拝見しまして、考え方が素敵で思わずメール致しました。

投稿: mokomoko | 2012年8月 3日 (金) 13時26分

*mokomokoさま

この記事の考え方が、お役に立てたのでしょうか(^^)、輝く人生をお過ごしになられますことを、お祈りしております。

投稿: リカコ | 2012年8月 3日 (金) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親は、いつまでも若くはない。 | トップページ | 「私って、運が悪い?」と、考えてしまうとき。 »