« 複数の価値観の中で、もっとも「重い」ものは、自分の内側にあるべき。 | トップページ | 転換期の捉え方と付き合い方。 »

2012年7月24日 (火)

他人を言い負かすと、具合が悪くなってしまう?

怒りでいっぱいになったり、ひとつの出来事に思い強くすると、消耗し過ぎて疲れてしまうことがあります。

しかし、そういう意味での消耗とはまた別の感覚で、他人を言い負かしたり、他人のミスを指摘することで自分の正当性を主張した後に、なぜか、体調が悪くなってしまう経験をしたことはないでしょうか。

この仕組みというのは、強い感情でいっぱいになることで、消耗して、自分のコンディションが下がってしまうことや、対立したときに、相手を尊重することなく、自分の主張だけを(自分が正しいとしても)強く行ったことにより、理性がなくなって、感情にとらわれてしまう、という、やはり、コンディションが下がったことも、少なからず影響しているのですが、それ以外にも、エネルギーレベルでの別の作用もあるためです。

言い合いになったり、対立になったりするときに、通常は、どちらが一方「だけ」が悪いということはなく、どちらにも、それなりの原因があったり、または立場上の見方の違いからの認識の差が影響してのことで、どちらにも、その人なりの言い分はあって、100対ゼロ、ということはまずありません。

けれど、そうかといって、すべてが、50対50にもなることは少なく、相手が一方的にすべて悪いとはいわないが、もちろん相手にもそうする理由があるとはいえ、しかし、一般的・客観的に見ると、どう解釈しても、相手の言動のほうに、大部分の原因があり、どちらかといえば、自分は巻き込まれている、というケースもありますよね。

そういうケースにおいて、「相手を言い負かした形にになった(どちらかといえば、自分が勝ったような形になった)後に、自分の体調が悪くなる」という状態を招くことが、少なくないのです。

相手がだらしないとか、きちんとしないとか、約束を守らないとかの事情がある場合、主張する自分のほうが、立場が強気になれます。自分の言っていることが、世間一般で考えたところの常識に叶っていて、相手がそこから外れているから、自分の主張は不当ではない、という思いがあるからです。

そのため、どうしても、強い態度で、相手に向かうことになりますし、相手のほうもまた、その人なりの言い分はあるとしても、やるべきことをきちんとやってない、という負い目があるから強気には出にくく、自分のほうが優勢になりますよね。

そういう対立というのは、優勢になった自分(相手を言い負かして、勝ったほう)が、相手のエネルギーをうばうような形になり、相手のほうは、エネルギーをとられるような、主従、上下、のような力関係になります。それは、例えではなく、実際に、そのように、エネルギーが動く(移動する)のです。

うばったエネルギーはどうなるか、というと、自分の中に取り込むことになります。そのため、相手は、エネルギーを奪われるので、活力がなくなって弱気になり、エネルギーをうばったほうは、エネルギーが増えたので、満たされて、活力がみなぎったかのような状態になります。

言い負かした後に、「してやったり」のような、満足した思いなるのは、そうして、自分のエネルギーが増えていて、底上げが起こっているため、でもあるのです。

相手を言い負かしてやろう、としているとき、最初はそのつもりがなくても、だんだん、そういう気持ちが出てきたときには、自分自身も感情に駆られて、理性をなくし、少しずつ波長が下がってしまうものです。

ただでさえその状態なところに、さらに、プラスアルファーの原因がからんできます。それが、相手から、奪った形になった、エネルギーの作用です。

なぜなら、そもそも、対立の発端となっているのは、きちんとしていない、とか、約束を守らないとか、責任を果たさないとか、そういう理由があってのこと、ですよね。つまり「そういう相手」の、きちんとしていない状態でのエネルギーを、うばいとって、そして自分に取り込んでいるわけですから、・・・それは、調子が悪くなることもあり得る、とわかると思います(^^;)。

でも、相手が、自分にエネルギーを勝手によこしてきたわけではありません。言い負かして、強気で感情的なまでに主張をする、という、自発的名行為によって、なされた結果であり、それは、自分のせい、ですよね。

どんな場合でも、自分が正しいと思っても(そして、それは客観的に正しいと思われるものであっても)、何でも主張すればいいわけでもない、正しいからといって、感情的に攻撃する行為が正当化されるか、といえばそれはまた別の問題で・・・、仮に相手に全面的に非があろうとも、言い方や態度には、心掛けていかなければならない部分がある、ということを、その仕組みが、教えてくれているのではないでしょうか。

最初は、相手の言動をたしなめよう、という動機でスタートしたやりとりのはずが、だんだん感情的になってくうちに、相手に向かって、(対立している理由とは別の)自分のストレスを発散するという、歪んだ「楽しみ」を見出して、エスカレートすることもあると思います。

そういう部分は、相手には関係のない、自分自身の問題なので、やはり、自分がしたことが自分に返る、というカルマの法則で、言い負かして、相手をへこませて、勝った・・・はずが、自分が体調が悪くなる、という形で、学ばされてしまうことになるのだと思います。

狭い範囲での「正しさ」は、ときに、広い視野をとざし、バランスを悪くしてしまうこともありますので、常に自分を省みて、改善するところは改善していく、という素直な姿勢で、その上で、主張すべきことは、その場や相手と自分の関係性にふさわしい形で伝えていく、という、使い分けが大事なのだと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 複数の価値観の中で、もっとも「重い」ものは、自分の内側にあるべき。 | トップページ | 転換期の捉え方と付き合い方。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 複数の価値観の中で、もっとも「重い」ものは、自分の内側にあるべき。 | トップページ | 転換期の捉え方と付き合い方。 »