« 「影響を受けやすいタイプ」の、影響を受ける「仕組み」。 | トップページ | 自分だけが苦労していて、他人が楽をしているように思えるときには。 »

2012年6月17日 (日)

この不思議な出来事は、守護霊の働きかけかも?

私たちには、それぞれ、成長を見守り導いてくださる役割の、守護霊と呼ばれる存在がいます。

その方達は、基本、私たち人間の自主性を尊重して、成長を望んでいらっしゃいますので、何でもかんでも、私たちの願望を叶えたり、満たしたりするような手助けはしませんし、私たちに向けて、自分(守護霊)の存在を、ことさらにアピールするようなことも、通常はしないものです。

アピールをするとしたら、それは、「そうする必要性が高いとき」です。それはつまり、守護霊が働きかけをしていることを、自覚してもらうほうが、その人のこれからの成長に有意義になるケースです。

たとえば、危機を回避したときに、たまたま助かった、と思うよりも、これは不思議な巡り合わせで助かったとしか思えない、という認識のほうが、その人が、今後、さまざまなものに感謝して過ごしていけるようになることがあります。そういう場合には、意図的に、守護霊が、何らかの不思議な力が作用した、としか思えない、という状況を作り出すことで、存在をアピールしてくることもあります。

先日、ご相談者さまから、このようなお話をお聞きしました。

過去に、あるメール企画のオマケ?として、過去にペルーに生きていた、という霊からのメッセージを、全員共通のものとして差し上げたことがあります。

この方は、その内容がとても気に入って下さって、「とても役に立ったので、ペルーさんにも、リカコさんのほうから、お礼を伝えてくださいheart04」というメールをいただだきました。

それに対して私は、「あなたがご自分で、心の中でお礼をいえば、それはきっと伝わると思いますので、ご自分で、お伝えになってみてください」と、そのようなお返事を出したと思います。

実際に、あちらの世界は物理的な距離は関係がないので、心のエネルギーの伝達で伝わっていくものだからです。

それで、その当日に、寝ながら、心の中で、思いを伝える、という行動をとってみたそうです。

そしたら、そのお礼を言い終わった1~2分後に、寝室に、ビョイ~~ンnote と、ギターの音が鳴り響いたのだそうです\(◎o◎)/。

ベッドのそばには、ご主人のギターが、弦にピックをさしたままで、飾ってあったそうです。

ご主人も、その音で目を覚まし、電気を付けて確認したら、ピックが下に落ちていた、と。

「でも、ピックが下に落ちるという動作で、あんなに綺麗に音が鳴り響くものだろうか?」と、二人で、何度も、ピックを弦に挟んだままの状態から落としてみても、結果は、先ほど耳にしたような音とはほど遠いものだったそうです。

そのときは、意識していなかったのだけれども、後で考えてみると、それは、ペルーの方が、「ちゃんと、届いたよ~shine」と、合図をしてくれたのではないかと思った、と。

ペルーにも、ギターのような弦楽器で有名なものがあるらしいので、そのアピールをしてくれたのではないかと思った、と、ご連絡をくださいました(^^)。

きっと、ペルーの霊か、または、その方の守護霊かのどちらかが、「あなたの真摯な思いは伝わったよ」、という合図bellを、してくださったのだと、私もそう思います。

守護霊の方達は、必要のあるときには、そうとわかるようなアピールをしてくださることもあります。しかし、通常は、私たち人間の自主性を尊重してくださっていますので、過剰な働きかけをしてこないことが普通ですし、それが逆に、愛の深さを現しています。

上記のような出来事は、いつでもは起こりません。守護霊やスピリチュアルに依存せず、自立心をもった上で、自分のやるべきことをきちんとやっている、そういうときに、もたらされる、後押しの合図だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 「影響を受けやすいタイプ」の、影響を受ける「仕組み」。 | トップページ | 自分だけが苦労していて、他人が楽をしているように思えるときには。 »

07.前世・守護霊」カテゴリの記事

コメント

そんな守護霊がいるのに、なぜ人は悪いことをするのでしょう?なぜ人を殺めたりするのでしょう?

投稿: | 2012年6月17日 (日) 23時39分

*コメント主さま(コメント投稿の際には、お名前を何か記入してくださいますようお願いいたします)

人は、その人の価値観に従った行動をとるのであり、守護霊が、人を操っているわけではないからです。

人の成熟度はさまざまですから、悪いことをする人もいるでしょうし、そういうことをしないように心掛ける人もいるでしょうし・・・、

成熟している人もいれば、未熟な人もいるので、ときに、道を外れる行動をとることもあるのでしょう。

守護霊がいれば、災難もなく、苦難もない、間違った行動もしない、などという解釈は正しくありませんね(^^;)。守護霊について詳しく知りたい場合は、過去記事をご覧いただければ、いろいろ書いてありますので、参考になりましたら幸いです。

投稿: リカコ | 2012年6月18日 (月) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「影響を受けやすいタイプ」の、影響を受ける「仕組み」。 | トップページ | 自分だけが苦労していて、他人が楽をしているように思えるときには。 »