« 付き合いが浅い相手から、誤解を受けやすい、青緑のオーラ。 | トップページ | 「相手から、自分がどう見られているか」を、気にしないほうがいいのか? »

2012年5月14日 (月)

「自分には、霊感があるか?」、という質問の前に、まず理解しておいてほしいこと。

自分には、霊感があるだろうか?という、ご質問をしばしばいただきます。

霊感という、「感性」は、体重や身長を測るように、明確な数値で定義できないものなので、平均的な程度と比較して、どのくらいか、という答え方をしています。

その理解のために、まずは、「平均的」とは、どういうことなのかを知識として分かっておくことが必要となります。

私たち人間は、肉体を備えている霊的存在です。私たちは、実は、霊でもあるので、誰もが、霊感を持っています。ただし、肉体という限定された器にはいっている間は、備えている霊感も、やはり、限定されてしまうので、霊感が100%全開になることはありません。

霊などが見える、聞こえるというだけが霊感ではありません。霊が見えなくても、霊感が強い人はたくさんいます。いろんな表れ方をするので・・・、視覚では見えなくても、予知的感覚が強いという形で表れる場合もありますし、芸術センスとして表れる場合などもあります。

ですから、霊感があるか、という質問に対する答えとしては、広い意味でいえば、全員に対して「ある」と、答えることになります。

私たち人間も、霊である以上、まったく少しの霊感もない人は、いないものだからです。 ただし、誰にでもある霊感といはいえ、備わり方が大きい人、小さい人、という、個人差はあります。そして、備わっているものが、どのくらい発揮されているか、という活性度も違いがあります。

私たちは、霊でもあるので、誰にでも霊感があり、まったくのゼロの人はいませんが、同時に、限定された肉体を備えている以上、霊感が100%全開になることもなく、ゼロでも100でもない、その中間に、それぞれの個性としての発揮のされ方が存在することになります。

以上を前提とした上で、だいたいの平均的なところ(といっても、その定義の取り方もはっきりとはしていない、あいまいなものではありますが(^^;))、と、比較して、その人個人の備わり方や、発揮のされ方を、「便宜上の、答え」として、差し上げています。

大手小町>

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 付き合いが浅い相手から、誤解を受けやすい、青緑のオーラ。 | トップページ | 「相手から、自分がどう見られているか」を、気にしないほうがいいのか? »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 付き合いが浅い相手から、誤解を受けやすい、青緑のオーラ。 | トップページ | 「相手から、自分がどう見られているか」を、気にしないほうがいいのか? »