« 「思う」という行為も、自分がしたことは自分に返ってくる。 | トップページ | ジムに通っています(1)。 »

2012年4月27日 (金)

現実と、スピリチュアルは、分けられない。

私たち人間は、この世という現実社会、物質社会において、さまざまな経験を通して、霊性の向上に取り組んでいます。この世という場所は、スピリチュアルな観点からみれば、学ぶための場所です。

私たちは、「肉体を伴っている、霊的存在」です。いわゆる、幽霊などとよばれる霊と、私たちの差といえば、肉体を伴っているかどうか、という点で、霊であることは共通です。

そうと意識する機会は少ないかもしれないけれど、私たちは、実は、霊である、という前提で捉えていくことが、スピリチュアリズムのより深い理解に繋がっていきます。

「スピリチュアルが好き」という方に、たまにお会いすることがあるのですが・・・、私たちは、霊的(=スピリチュアル)な存在ですから、自分とかけ離れたところに、独立したスピリチュアル、というものが在るわけではありません。

例えば、呼吸や瞬きは、意識せずとも自然になされていくように、私たちは、霊的存在として、霊性を学んでいますから、好きとか嫌いとか興味のあるなしとは無関係に、誰もが、スピリチュアルな存在であり、スピリチュアルを学んでいるのが、この世という場所における、人間という存在です。

目の前にある現実から逃げていて、(それこそが、本当の、たましいの学びのはずなのですが)、目に見えない事柄「だけ」に夢中になったり、不思議体験にとらわれてしまうことは、本来の目指すべきところである、たましいの学び、霊性の向上から、どんどんかけ離れていくことになります。

そのような、好奇心いっぱいの興味の持ち方をするほどに、実は、私たちがこの世で体現していかなければならない、霊性という意味での「スピリチュアル」からは、どんどんかけ離れていくことになります。

そもそも、「現実」と「スピリチュアル」というものは、きっちり分けられるものではありません。それらが重なり合っている存在が、私たち人間であり、それらを重ねて解釈や理解ができることが、霊的な感性、です。

このふたつは、対極に存在するものではありません。両方が重なり合っている、同時に理解しうるものが、この世という場所において、肉体という現実の物質を伴った私たち人間に可能となる、スピリチュアルな解釈、なのです。

そのことを理解せずに、現実とスピリチュアルがまったく別物で、対極にあると、捉えてしまえば、・・・きっと、スピリチュアルに興味をもつほど、現実を遠ざけていきたくなるでしょう。現実から離れば離れるほどに、自分はスピリチュアルに「なれる」はず、というような、大きな誤解に繋がってしまうのではないでしょうか。

私たち人間は、物質の世界を、霊として(肉体をともなって)生きている存在です。そこに存在している、というだけで、すでに、それは神秘であり、スピリチュアル、なのです。そのことを分かっていくこと、「知らなくても、すでに、そうである」ことを、分かっていき、理解を深めていくことが、スピリチュアルな学び、といえるでしょう。

なので、それらは、好きとか嫌いとかの、移り変わりのある「感情」で判断されるようなものではないですし、スピリチュアルと、現実、というように、線を引いて考えられるようなものでも、ないわけです。

たとえば、味噌と水を混ぜて、一度、「味噌汁」となったものを、いまさら、水と味噌に分けて考えるのって、不自然ですよね。それと同じで、肉体を伴う霊的存在として「人間」となっている私たちは、現実とスピリチュアルを、二分化してとらえていくほうが、むしろ難しい理解ではないでしょうか。

同様に、現実とスピリチュアルを、統合しなればいけない、統合させるべき、という考え方も、ちょっとポイントがずれていると思います。これから「そうする」ものではなく、「すでに、そうなっている(統合はされている)」ものだからです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 「思う」という行為も、自分がしたことは自分に返ってくる。 | トップページ | ジムに通っています(1)。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「思う」という行為も、自分がしたことは自分に返ってくる。 | トップページ | ジムに通っています(1)。 »