« 考えても答えが出ないことを、なぜ、考え続けてしまうのか。 | トップページ | 真面目な人が、「他人を見る目が、厳しくなりがち」なのは何故? »

2012年3月13日 (火)

揺らぎやすい人は、過剰なまでの「自分探し」をしてしまうことがある。

自分は何者であるのか、と、自分を探求したい欲求は、少なからず誰もが持っていて、人生の一時期、その思いが強くなり、「自分が生きる道は、これだ!」といえるものを見つけたくなることがあります。

とくに、思春期から青年期のあたりでは、その思いが強くなり、過剰なまでの自分探しをしてしまい、ときに揶揄の対象になってしまうこともあるでしょう。

それほどまでに強い気持ちで、自分探しをするのは、思慮深い熱心さと向上心を持っている人・・・に思えるかもしれませんが、(中には、そういう人もいますが)、とても影響されやすくて、揺らぎやすい、自分という軸がしっかりしていない人が、「打ち込める何か」を求めた行動が、過剰な自分探しになっているケースも少なくありません。

とにかく、何でもいいので自分が熱中出来る対象がほしい、力を注ぎ込める何かを見つけたい、という思いが、自分探しになるのです。

なぜなら、影響されやすく揺らぎやすい人は、「自分を基準とした考え方」がとても苦手です。 誰でも、苦手なことは避けたいので、自分を基準とした深い考え方を避けることができる、それらをすべて覆ってくれるような、派手で分かりやすい熱中できる何かを、求めてしまうのです。

そういう対象を見つけて、そちらに自分を合わせていけば、自分の基準を構築しなくてもすむ(と、本人は思う)からです。

もちろん、本人は、一生懸命に何とかしたいという気持ちがあってのことで、苦手なことを避けたいゆえの行動だとは、通常、自覚はできないでしょう。 しかし、心の深い部分を見ていくと、自分の揺らぎやすさをふくめたさまざまな不安定なものすべてを、覆ってくれるような、派手でインパクトの強いものを得たい気持ちあるわけです。

けれど、実際には、それほどのインパクトがあって、情熱を注げるものって、そう簡単には見つかりませんので、いつまでも、見つからないものを探し続けてさまようことになります。

結局、そういう人は、自分の軸という、自分の内側に作り上げていくものを、自分の外に求めて探し回っているわけです。

どこかの時点で、そのことに気づく必要があります。気づいたところが、本当の、「自分の内に向かう、自分探し」のスタートになり、そこから先の思考や行動のすべてが、自分自身を、自分の内側から構築していくプロセスとなって、軸がつくられていくんですね 。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 考えても答えが出ないことを、なぜ、考え続けてしまうのか。 | トップページ | 真面目な人が、「他人を見る目が、厳しくなりがち」なのは何故? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

まさに今、自分探しをしすぎて立ちどまってしまっていたところでしたので
自分でもよく分からなかった自分の状況を
「ああ、自分の中でもそういえばこういうことになってる!!」
…と納得しながら読ませていただきました。

自分探しをして熱中できるものを見つければ
自分の軸もしっかりしてくるのかと思っていましたが
順序が逆だったのですね(^-^;)

自分を基準とした深い考え、となると誰のせいにもできなくて
、それが怖かったのかなとも思います。
でも、傷つくことを恐れてばかりいては
自分の軸なんていつまでたってもつくることができませんよね(;-;)
自分の意見を持つことでどんな反応が返ってきたとしても
「その基準でいいのだ!」と思えるくらいに
これから内側を少しずつ構築していくことに意識を向けていこうと思えました。

素敵な気付き、ありがとうございます。

投稿: すみれ | 2012年3月13日 (火) 13時49分

*すみれさま

傷つく、傷つかない、楽しい、熱中出来る、苦しい、などの気分や感情というのは、都度移り変わって行く「状態」にすぎません。変化していくものを基準にすると、揺らぎます。

どんな状況になろうと、どんな感情があろうと、移り変わらない自分の本質が、自分の軸というものではないでしょうか。一時的に、どんな感情を持とうと、あなたという存在自体は(感情により)変化するわけではない、そこが、自分の本質、だと思うのです。

投稿: リカコ | 2012年3月13日 (火) 14時13分

私もちょうど自分探しで、「あれ?これでいいのかな?」と立ち止まってたところで、この記事を見て、そうかー!と思いました。
私も自分の外に、何か熱中できるものがあるはず、と思って探していました。それで一つ、これは熱中できるかもと思った分野をチャレンジしてみましたが、なかなか熱中できず、また立ち往生しているところでした。
でも、ようやく気づきました。自分自身を見つめるべきだと。今まで生きて来て、どんな人間だったか、どんなことで周りに貢献してきたのか、どんなことをいつも気にしていたか、など再度見つめてみようと思います。
いつも気づきの多い内容を書いて下さってありがとうございます。
もし私の理解でおかしいところがあればごめんなさい><笑

投稿: ももこ | 2012年3月14日 (水) 15時14分

*ももこさま

そうですね、まず、自分の分析をしていくことが大事だと思います。

自分があってこそ、掛け合わせで、「自分」×「特定の要素」=「なんらかの成果や結果」、となっていけるのだと思います。

「自分」がはっきりしなくて、ゼロのままだと、特定の要素だけを見つけても、掛け算の答えがゼロになってしまうので、何をやっても、何かが違って感じられて、目指すものが見つからないこともあります。

自分を今よりも少しでもつかめた状態であれば、同じことにチャレンジしても、得られる手応えも、また違ったものになることもあるとおもいます(^^)。

投稿: リカコ | 2012年3月14日 (水) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考えても答えが出ないことを、なぜ、考え続けてしまうのか。 | トップページ | 真面目な人が、「他人を見る目が、厳しくなりがち」なのは何故? »