« 不思議な夢を、不思議に感じない、夢の中の自分。 | トップページ | お手軽に生野菜を摂取できる、グリーンスムージー。 »

2012年2月15日 (水)

霊的な感性は、終わりなく向上し続ける。

私たち人間は、肉体を持った霊なので、誰にでも霊感と呼ばれる、霊的な感性があります。

誰にでも必ず備わっていますが、その備わり方や大小には、個人差がありますので、霊感が強い人もいれば、それほど強くない人もいます。

そして、人間の霊感は、100%全開になることはありません。私たちの本質は霊である、とはいえ、この限定された肉体を伴っている以上、発揮できる要素は限定されます。

個性の差として、備わっているものの大小、という差もありますし、その時点で、本人的に、どのくらい発揮されているか、活性化されて、使えるようになっているか、という違いもあります。

この表現では、イメージしにくいと思いますので、別の例に置き換えます。

備わっている個性としての大小を「器のサイズ」、本人的に発揮されている度合いは、「器にどのくらい水がはいっているか」、として考えると分かりやすいでしょう。

大きな器であっても、中身の水が少しの場合は、「備わっている資質は大きいけれども、使われているのはごく一部で、眠っている部分が多い」ことになりますし、 小さい器でも、中身の水がたくさん入っていれば、「備わっているものを、存分に発揮できている」ことになります。

人により、器のサイズと、そして、器の中身がどのくらい使われているか、活性化しているか、という度合いが違っていて、それぞれの霊的な感性の、個性がつくられています。

大きな器から小さな器まで、個人差がありますが、いずれにしても、その器の中身が、100%満タンになることはなく、必ず、「伸びしろ」が残されているようになっています。

小さい器を、努力により中身がたくさんになれば、その分、器自体のサイズが広がっていきます。器のサイズという分母は、必ずしも固定されておらず、努力しだいで、中身が増えていけばいくほど、器も少しずつですが、広がっていく仕組みになっています。

どの時点でも、必ず、さらなる伸びしろ、成長の余地は、その人なりに残されていて、頭打ちになることはありません。

私たちは人間は、どこまでも成長し続けることができる存在で、学びに終わりはありませんから、それは霊的な感性においても、仕組みは同じなのです。

備わっていながら使われていない、活性化する余地のある潜在的な力を、日々の心がけや生き方という学びを通して、光を注ぎ、目覚めさせ、そして、自分の波長を維持してくことにより、高めて続けていくことはできるのです。

広い意味での、霊的な感性、豊かな心のエネルギーは、さまざまな形で活用することができ、私たちの人生の学びを深めてくれますし、彩りを添えてくれます。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★12月5日に、雪道で転倒し骨折、救急車で運ばれ、手術をしました。現在は退院しましたが、リハビリ通院中のため、通常のリーディングの受付は休止中です。

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 不思議な夢を、不思議に感じない、夢の中の自分。 | トップページ | お手軽に生野菜を摂取できる、グリーンスムージー。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議な夢を、不思議に感じない、夢の中の自分。 | トップページ | お手軽に生野菜を摂取できる、グリーンスムージー。 »